読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダムZZ 第38話 『鉄壁,ジャムル・フィン』サトウ隊長が味方に撃たれる話

人物相関図 機動戦士ガンダムZZ

ジュドーのナレーション)
どうにかこうにか宇宙に戻ってきた俺たち。 でも、あのメッチャーさんたちが、俺たちみたいなのは、ネェル・アーガマに乗せないって言うんだ。 頭にきた俺たちは、ネェル・アーガマを乗っとったね!やったねー! でも、これから俺たちだけで戦えるのか?

なぜブライトは子どもたちに戦艦を任せたんだろう。トーレスの引率では荷が重そうだし。アストナージに任せるか。

エゥーゴ整備兵「ダミー隕石コンテナ、これで終了!」
ミリィ「ご苦労様!」
ミリィ「艦長代理!補給物資の搬入終わりました!」
ミリィ「エマリー艦長代理?」
 
エマリー「結ばれる、結ばれない、結ばれる、結ばれない、結ばれる!」
エマリー「あははは!あっ!ブライト艦長!」
ブライト「ごほん!これが例の親書だ」
エマリー「はい!」
ブライト「それから、これに私の伝言が入っている」
エマリー「どうしても、行かれるんですか?」
ブライト「ネェル・アーガマに物資を供給し続けるためには、私が動くしかないだろう」
エマリー「でも、アーガマに艦長がいらっしゃらないと」
ブライト「だから、君に行ってもらうんだ」
ミリィ「積み込み作業終わりました!艦長!急いでください!」
ブライト「シンタとクムは?」
ミリィ「乗せました!」
ミリィ「サイド3の勢力分布図も受け取っています!」
ブライト「では、エマリー!」
エマリー「艦長!」
ミリィ「艦長代理!ネェル・アーガマを追わないと!」
エマリー「あたしたちだけで?」
ミリィ「当たり前でしょ!でなけりゃグラナダに寄った意味ないでしょ!?艦長代理!」
エマリー「えっ?えぇ」
エマリー「わかりましたよ!やりますよ!あたし!」

この宇宙に出ているような時代に、「結ぶ結ばれない」の機械が使用されているというのがおもしろい。

キースロン「Eカメラ、映像入力!」
トーレス「Gカメラ、入力開始!」
ビーチャ「イーノ!そっちは?」
イーノ「今やってんでしょ!えーと、こうしてこうでー」
ビーチャ「のろま!」
キースロン「艦長は黙って座ってるもんだって言ったろ?」
ビーチャ「だってさー!」
トーレス「やらせとけ、やらせとけー」
イーノ「入力よし!」
ビーチャ「ご苦労!」
ビーチャ「トーレス!Gカメラ拡大!」
トーレス「あいよ!」
トーレス「データ照合、サイド3のコロニー群だ」
ジュドー「それだけ?」
トーレスジュドー
ビーチャ「敵なんかいないじゃないかー!もうサイド3へ向かおうぜー!」
ジュドー「ダメだ!絶対どこかに敵が隠れてる!」
ジュドー「それに、サイド3のネオ・ジオンの配置がわかってない!」
ビーチャ「じゃあ、このまま待ってれば、情報が入ってくるっていうのか?」
ジュドー「くるさ!ブライト艦長がどうにかしてくれる!」
ジュドー「このまま監視続行だよ、トーレス
ビーチャ「おい!艦長の判断ぐらい仰いだらどうなんだよ!」
ジュドー「時間を節約したんだよ!」
ビーチャ「なんだとー!?」
ジュドー「やるかー!?」
トーレス「やめんか!」
ジュドー「あぁ、今ケンカなんかしてたら、リィナに叱られちまう」
ビーチャ「えっ?リ、リィナだ?」
ジュドー「早く戦争終わらせて、リィナを迎えに行かなきゃな!」
トーレス「えっ?」
ビーチャ、トーレス「あっ!」
イーノ「ジュドー
トーレス「イーノ!索敵続けて!」
イーノ「あっ、はい!」
キースロン「ジュドーの奴、ちょっと休ませた方がいいんじゃないのか?」
イーノ「疲れてるだけですよ!ジュドーは」
キースロン「ならいいんだけどな」
トーレス「ビーチャ!索敵続けるぞ!?」
ビーチャ「やってくれよ!左舷のカメラ、ジャンクが邪魔だ!もう少し伸ばして!」
イーノ「了解!」

一度はネオ・ジオンに寝返ったビーチャが艦長の席についていることが不思議ですね。

ジュドーはリィナが生きていることを察知していた可能性はありますね。

エマリー「いる!いない!いる!いない!いる!」
ミリィ「コースの計算ならナビに任せて・・・艦長代理!」
ミリィ「こんなものでコースを占わないでください!」
エマリー「あの子たちがじっとしてると思って?」
ミリィ「アーガマにはトーレスだって、キースロンだっているんです!」
エマリー「でも、ブライト艦長がいないでしょ?」
ミリィ「ブライト艦長だって、この空域にいると考えてますよ!」
エマリー「あっ、そっかそっか、暗礁空域に入ればいいんだ!」
ミリィ「ダメだー」
エマリー「(でも、まだお嫁にも行ってないのに、もしものことがあったら・・・そうだ!)」
(エマリーが、席にある受話器をとり、ミリィに聞こえないように小さい声で話す)
エマリー「信号弾を用意してちょうだい!」

先ほどの「結ばれる結ばれない」の別パターン、今度は「いるいない」です。
エマリーの艦長としての能力は低いのでしょうか。

デル「この分だとエンドラへは、予定より10分は早く着くな」
デューン「ジャムル・フィンのスピード、予想以上だぜ」
ダニー「この新型と俺達がいれば、アーガマを倒すことなどわけないことだ」
デル「出世がまた早まるか」
デューン「言い寄る女も増えるってもんさ」
ダニー「暗礁空域に入る、エンドラ2に着く前に、腕鳴らしをしておくぞ」
デル、デューン「了解!」
ダニー「ナイスタイミングだ!」
デル「見ろ!ダニー!」
ダニー「うん?」
ダニー「あの光、アーガマか?行くぞ!」

暗礁空域をかなりのスピードで自在に飛び回れるだけでなく、三位一体で動きを合わせるというのはかなりの使い手たちです。

ミリィ「信号弾なんかうって、敵に見つかったりしたらどうするつもりです?!」
エマリー「敵は少なくともネェル・アーガマよりも遠くにいるわ!」
ミリィ「それにしても」
エマリー「この空域内にアーガマがいれば、連絡取れるわよ」
エゥーゴブリッジ兵「艦長代理!左舷より、飛行物体接近してきます!」
エマリー「ほうら」
エゥーゴブリッジ兵「データと照合しません!」
エマリー「そんな!」
ミリィ「艦長代理!戦闘準備急がせて!」
エマリー「えっ、あっ、そうか!」

信号弾をあげるというエマリーの行為はどうしようもないですが、ラビアンローズを囮にしたとするならば、いい判断だったのではないでしょうか。

ジュドー「メガライダー、まだなのか?」
ルー「こんな場所で、信号弾あげるなんて普通じゃないわ!敵に見つかったのよ!」
ジュドー「行くぞ!」

逆ですけどね。信号弾あげたから、見つかりました。

ダニー「うれしいねー!あんなにダミー隕石を出してくれて!」
デル「我々の力見せてやろうぜ!」
ダニー「おう!」
 
エゥーゴブリッジ兵「敵の接近スピード、衰えません!」
エマリー「こんなにダミー隕石があるのに!?」
エマリー「急いで弾幕を張って!」
エゥーゴブリッジ兵「無理です!こうダミー隕石が多くては!」

ダミー隕石も数を出せばいいというものでもないんですね。

ダニー「沈め!ドック艦!」
 
エマリー「あっ!ブライト艦長!」
 
エル「もうすぐ、信号弾のあがったポイントよ!敵が!」
ジュドー「ありゃー?あそこ!」
ジュドー「やっぱりだ!全くエマリーさんは!」
ルー「このままじゃ、間に合わないかも!?」
ジュドー「エル!」
エル「何?」
ジュドー「俺の言った方向に撃て!」
エル「ここからー!?」
ジュドーラビアンローズが燃えるのを見たくない!」
ジュドー「いいか・・・」
ジュドー「行ける!このまんまの射線軸!撃て!」
エル「知らないよ?」
(メガライダーのランチャーを撃つ)
 
ダニー、デル、デューン「うわっ!」
 
ジュドー「当たった?」
エル「まだ何に当たったかわかんないでしょ?」
ジュドー「あのねー、俺、ジュドーよ!?」

遠距離からターゲットを狙う、前作のZガンダムの時に、クワトロが百式のメガバズーカランチャーで、ドゴス・ギアを狙った時に似ていますね。
しかも、今回はかなりの速さで動くモビルアーマーが的なのに、かすめました。
「俺ジュドーよ」も伊達じゃないです!

デューン「大丈夫か?!ダニー!」
ダニー「ブースターをやられた!引くぞ!」
デューン「ここまで攻めてか?」
デル「俺たちの目的は、アーガマだろ!」
ダニー「今ならマシュマーとの約束に間に合う!行くぞ!」
デューン「雑魚は捨てるか、アーガマを倒してこそ、出世もできるというものだ」
 
ミリィ「やったー!逃げてくわー!助かりましたよ!艦長代理!」
エマリー「えー?!」
 
ジュドー「Zのデータにも入ってないやつか」
ルー「新型ね、サイド3の方へ向かったってことは・・・」
ジュドー「元ジオンの技術陣と一緒になったってことか、手強そうだな」

ラビアンローズだけでは危うく落とされてしまうところでした。
モビルスーツは積んでいなかったんですかね。

エマリー「みなさんに集まっていただいたのは、ブライト艦長から預かった親書をお渡しするためです」
ビーチャ「へっへっへっへっへ、こういうものは、艦長が受け取らないとな!」
ビーチャ「どれどれ、読むぞ!」
ビーチャ「えーっと、サイド3に入ったネオ・ジオンの存在は、エゥーゴにとって危険である!」
ビーチャ「諸君らにネオ・ジオン打倒の任務を命じる!」
ビーチャ「ニュータイプの諸君ならば、必ず全うできるはずである!」
ビーチャ「なお、この命令を実行に移さない場合、諸君らは反逆者としてエゥーゴ、地球連邦の両者からの追討を受ける!」
ビーチャ「なんだ?!これじゃぁ、脅迫じゃないかー!」
モンド「俺たちは軍人じゃないのに」
エル「そうよ!ねぇ、ジュドー!」
ジュドー「いいじゃないか!」
エル「えぇ?」
ジュドー「どうせ、サイド3へは行くつもりだったんだし、給料はくれるんだろ?エマリーさん!」
エマリー「も、もちろん!そりゃあ・・・」
モンド「お前、そんなに金が欲しいのか?」
ジュドー「そりゃあ、戦争が終わったら、何かと物入りだろ?リィナをいい学校にやらなきゃならないしね!」
ビーチャ「ジュ、ジュドー、お前・・・」
エル「ビーチャ!」
エル「そうよね!リィナを幸せにするにはお金いるもんね!この話、乗せられちゃいましょ!」
ルー「そうそう!」
エマリー「ブライト艦長からのメッセージもあります!映すわよ?」

ブライト「みんな!もう君たちは自分たちの力でやっていける!自分たちで判断して、自分たちで戦って、自分たちの主張をできるはずだと信じている、だから、もうこれ以上言うことはない!ジュドー、ビーチャ、イーノ、モンド、エル、ルー、キースロン、トーレス

ジュドー「ようし!やろうぜ!」
エル「うん!」
ルー「やろう!」
イーノ「やろう!」
ビーチャ「お、おい!待てよ!ジュドーは・・・」
エル「それ以上は言わない!」
エル「さっ、サイド3に出発しましょ!」
ルー「暗礁空域を出る時を敵が狙っている可能性が強いわ、わかってる?」
ビーチャ「そんなの・・・、ジュドーはおかしいぜ、絶対」

リィナが生きていることがわかっていない状態で、ジュドーの話を聞くと、酸素欠乏症にでもなったのかと疑いますよね。
プルが亡くなったタイミングでもありますし。

サトウ「我々はサイド3を守るために来ているのです、あなたの傘下に入るために来たんじゃない、それを忘れんでくれ」
イリア「サトウ隊長!」
マシュマー「よせよ!イリア!」
イリア「しかし、マシュマー様!」
マシュマー「サイド3の古狸を扱いかねているようでは、到底新しいアーガマは倒せない!」
ダニー「新しいからといって、どうということもあるまい?」
ダニー「ダニー、デル、デューン、只今到着した」
マシュマー「来たか、ジャムルの3D」
ダニー「ジャムル・フィンの3機、伊達に数を揃えて来てるわけじゃないぜ?」
マシュマー「わかってるよ!すぐにでも作戦に参加してもらう!待機していてくれ」
ダニー「了解だ!」
デル、デューン「了解!」
ダニー「暗礁空域で、敵のドック艦と接触した、おそらくアーガマも近くにいるはずだ」
マシュマー「あっ、さすがはしっこいな」
イリア「また扱いにくい連中が」
マシュマー「あの連中はプロだよ、自分の立場をわきまえている、問題はディアス隊の方だ」
マシュマー「イリア!策がある!」
イリア「はっ!」

ジャムルの3D、初代ガンダム黒い三連星みたいなものでしょうか。連携して戦うのも得意ですし。

サトウ「よく聞け!シュツルム・ディアス隊!」
サトウ「我々こそ、ジオン軍の伝統をネオ・ジオンに伝える者だ!」
サトウ「マシュマー如きに好きにさせるな!」

サトウ隊長率いるシュツルム・ディアス隊、リック・ディアスにそっくりです。
クワトロが乗っていたことを考えると、ジオンで後継機が開発されているのも頷けますね。

エンドラ2整備兵「ブースターの整備があります!もう少し・・・」
ダニー「待てるか!ディアス隊は先行してるんだ!この距離ならブースターなしで行く!」
ダニー「ジャムル1、ダニー!」
デル「ジャムル2、デル!」
デューン「ジャムル3、デューン!」
ダニー「ジャムル3D!出る!」
 
イリア「ふっふっふっふ、ハマーン様が近くにいると、みんなよくはしゃぐ」

「ジャムル3D」。銃やプリンタが詰まることを、ジャムると言いますが関係ないですかね。

トーレス「もうすぐ暗礁空域を抜けるぞー」
トーレス「ビーチャもモビルスーツに乗る支度をしておけ!」
ビーチャ「艦長はここにいなくちゃならないでしょ?」
トーレス「はいはい」
キースロン「うん?Eカメラの映像」
ビーチャ「照合、急げ!」
キースロン「了解!」
 
ラビアンローズブリッジ兵「ネェル・アーガマより入電!敵モビルスーツ確認!敵10機!当方をキャッチの模様!」
エマリー「そんなにー!?こっちのモビルスーツは少ないのよ?」
ミリィ「落ち着いてください、少しだけダミー隕石を出して、砲撃をしましょう!」
エマリー「よし!対空砲火用意!ダミー隕石出して!」

ミリィがラビアンローズの艦長をすればいい気がする。

キースロン「ほれっ、ビーチャも出ろよ!」
ビーチャ「俺は艦長やってんだぞ?百式はイーノに任せろ!」
トーレス「イーノにはメカニックを任せるんだよー」
 
ジュドー「ZZ、出ます!」
エル「メガライダー、出ます!」
ルー「Zガンダム、出ます!」
ルー「何?!後ろからビーム?!」
ジュドー「後ろから敵か?!」
エル「ラビアンローズが撃ってる!」
 
トーレス「こちらは出撃中だ!砲撃やめろ!」
 
エマリー「あっ、砲撃やめて!」
 
イリア「ほう、近いな、あの光」
イリア「ディアス隊、展開して敵を包囲しろ!」
サトウ「言われなくても、敵が浮き足立っているのはわかる!任せればいい!」
イリア「サトウ隊長!くっ!」
 
ビーチャ「撃てー!撃つんだよ!」
トーレス「やってるでしょ?お前も手伝え!」
ビーチャ「ラビアンローズは何やってんだ!」
 
ジュドー「抜かれた!敵は多いぞ!うっ!」
イーノ「モンド!行けるか?!」
モンド「任せとけー!」
モンド「モンド・アガケ、マークツー、出るぞ!」
モンド「はぁー!へへー、どんなもん・・・はぁー!来る!」
 
ビーチャ「うわぁー!来たぞー!」
 
サトウ「懐に飛び込んでしまえば・・・」
 
エマリー「ネェル・アーガマのブリッジを狙っているモビルスーツを!」
ラビアンローズブリッジ兵「ここからは死角です!」
エマリー「えっ!?」
 
ビーチャ「だっ、ダメだー!」
サトウ「もらったー!」
(イリアのリゲルグがサトウのシュツルム・ディアスビームライフルで撃墜する)
サトウ「うわぁー!」
ビーチャ「なんだ?ジュドーたちじゃなかったみたいだけど」
 
イリア「私たちに従おうとさえ、サトウ隊長がいけないんだよ」
イリア「聞け!ディアス隊!隊長機はアーガマにやられた!アーガマを落とせ!隊長の弔い合戦だ!」
ディアス隊員「隊長がやられた!?」
ディアス隊員「隊長が?」
ディアス隊員「隊長が?」

「弔い合戦」、この言葉を聞くと、前作Zガンダムで、シロッコがジャミトフを殺害した時を思い出します。全然規模は違いますが。  

デューン「見たか?今の・・・」
ダニー「言うな!アーガマが沈められなくて、かえって好都合だ!」
デル「ダニー!デューン!ZZだ!来たぞ!」
ダニー「あれを落とせば、我々の名は益々高まるな!行くぞ!」
ジュドー「新手!?新型一機か!?」
ジュドー「何!?」
ジュドー「一体、何機なんだ?!」
ジュドー「うわぁー!包囲されるなんて!」
ダニー「3Dの三位一体攻撃からは、何者も逃れることはできないんだよ!」
 
イーノ「エル!ルー!ジュドーが苦戦してる!援護して!」
 
ルー「こっちも忙しいの!」
 
エル「ビーチャはどうしたの?百式があるでしょ!」
 
トーレスジュドーが心配なんだろ?!行ってフォローしてやれ!」
ビーチャ「でもさ!俺の立場は!」
トーレス「言ってる時か!」
キーストン「右舷より敵!」
 
エマリー「こんな時に内輪もめなんて、ブライト艦長さえいてくれたら・・・」
ミリィ「こんな時に何言ってるんです!」
エマリー「そうだわ!ここでやられたら、ブライト艦長を裏切ることになってしまう!ネェル・アーガマに回線繋いで!」
 
トーレス「ビーチャ!早く行け!」
トーレス「艦長に命令するなー!」
エマリー「行きなさい!ビーチャ!そちらのブリッジも私が預かります!」
ビーチャ「アーガマの艦長は俺だよー!」
エマリー「自分の船を守ってこそ艦長でしょ?先頭に立って船を守って見せない限り、誰もあなたを艦長とは認めないわ!」
ビーチャ「言われなくても、わかってらー!戦況を見定めていただけだー!」
ビーチャ「俺がいなくてもちゃんとやれよー!」
トーレス「了解だ!」
トーレス「エマリーさん気合入ってる、ブライト艦長みたい!」
エマリー「そうよ、一心同体!前方!弾幕薄いぞ!」
ミリィ「もう、乗りやすいんだからー」

エマリーがアーガマのブリッジも預かるのはちょっと心配。

艦長を兼任しながらモビルスーツに乗るといえば、マシュマーもそうですね。

イリア「どうしたんだ?急に敵の足なみが揃い始めた」
イリア「それに比べてこちらは・・・」
 
ビーチャ「これ以上好きにさせるかい!」
 
ダニー「さすがZZ、噂だけのことはある」
デル「よくもったと褒めてやろう」
デューン「だが!」
ダニー「何?!」
ビーチャ「ジュドー!手こずり過ぎだぞー!」
ジュドー「この新型は一人じゃ無理だ!」
ビーチャ「お前がボケてんじゃねぇか?」
ジュドー「俺はまともだー!」
ダニー「1機だろうと、2機だろうと!」
ビーチャ「なっ、なんだ?!」
ジュドー「手間かかるわけでしょ!?」
ビーチャ「何やってんだ!?ジュドー!」
ジュドー「お前こそ!」
ビーチャ「こいつらー!俺一人だってー!あーあー!」
百式の足が撃たれる)
リィナの声「ダメよ!一人じゃ!」
ビーチャ「うっ、何!?」
リィナの声「お兄ちゃんならわかるはずよ!落ち着いて!」
ジュドー「わかっていたよリィナ!ビーチャのやつ!来てくれ!」
ビーチャ「お、おう!」
ジュドー「ビーチャ、目をつぶれ!俺が敵の動きを読む!」
ビーチャ「できんのか?そんなこと! 」
ジュドー「できなきゃ、やられるだけだー!」
ビーチャ「そ、そんなー!」
ダニー「はははははは、2機やられる決心がついたか!」
ジュドー「なめんなー!」
ジュドー「ビーチャー!」
ビーチャ「おう!」
デル「おわっ!」
デューン「デルー!えーい!まぐれだ!」
ジュドー「そこ!」
デューン「バカな!」

イリア「隊長の死が、これをほどディアス隊の士気を落とすとはな イリア「ここは出直すのが得策か  
ダニー「撤退命令?!」
ダニー「デル、デューン、退け!」
デル「しかし!」
デューン「強がるな!」
ダニー「やられたら、なんにもならん!」

3Dの引き際も鮮やか!

ジュドー「まずいな、あのモビルスーツ、いやアーマーか、怖いぞ!」
ビーチャ「あ、あぁ、でもよー、リィナらしい声聞いたけど、なんだあれ?」
ジュドー「ビーチャも聞いたのか、そうか、ふっ、そうなんだよな」
ジュドー「そうなんだよ、リィナの気配が俺にはわかる! ジュドー「あれは幽霊やお化けなんかじゃないリィナの生気なんだ!

生きて地球にいるリィナの声が宇宙にいるジュドーにまで届くなんて、ニュータイプ能力高すぎ。

イリア「私はサトウ隊長がアーガマのビームに貫かれるのをこの目で見ました!」
イリア「憎むべきはアーガマです!」
イリア「この次は必ず、サトウ隊長の仇を討ってみせます!」
マシュマー「よく言ってくれた!戦場では何が起こるかわからんのだ!」
マシュマー「いいな!私の指揮の元でアーガマを倒せば、諸君らの出世も早い!」
マシュマー「昔のジオン以上のよい思いもさせてやる!」
マシュマー「私はハマーン様に近い騎士だからな!」
マシュマー「ふっふっふっふ、はっはっはっは!はっはっはっは!」

サトウ隊長を戦闘のゴタゴタに紛れて討つというのがマシュマーの考えたシナリオだったんですね。軍隊って怖い。

(次回予告)
俺たち、サイド3に接近するはずが、民間の貨物船を助け、ムーンムーンの人が乗った船も助けてしまった。 忙しかったから、貨物船が隠していたモビルスーツをもろパス! でも、モンド偉い!パワーだよ!ラサラさんがいたんだもん!頑張らなくっちゃ!なっ!
次回、ガンダムZZ 「サラサ再臨」。 偶然が重なるのは怖い!