読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダムZZ 第23話 『燃える地球』ジュドーが大気圏突入でプルを助ける話

人物相関図 機動戦士ガンダムZZ

ジュドーのナレーション)「静止衛星軌道上に展開するアクシズの旗艦サダラーン、俺はそれに迎えられちゃった。ハマーンのやつが、あっ、違った、ハマーンさんが俺の品定めをしたかったんだよね。上等なニュータイプだと思ったんでしょ!へへへっ、けど、こっちはリィナだけが問題だってのに、あの女、俺を騙したってわけだ!」

前回、ジュドーハマーンに惹かれたのでしょうか、「ハマーンのやつ」という呼び方が、「ハマーンさん」と、わざわざ言い直しています。

グレミー「エルピー・プル、聞こえるか?エルピー・プル
プル「うっ、うぅ」
グレミー「エルピー・プル、お前の敵はガンダムだ!」
プル「ガンダム?」
グレミー「そうだ!ガンダムこそ、お前の倒すべき敵だ!そして、ガンダムパイロットは、ジュドー・アーシタ!」
プル「ジュドー・アーシタ
プル「ジュドーは私のお兄ちゃん!」
グレミー「違う!ジュドーは敵だ!」
プル「うぅ、うっ、うぁぁ!ジュドーは敵、憎むべき相手!あぁっ」
グレミー「目を覚ませ!エルピー・プル!」
プル「うぅ、はぁはぁはぁ」
(マークツーがバルカンを撃ってくる映像が流れる)
プル「はっ!」
プル「うぅ」
Zガンダムビームサーベルで切りつけ、ビームライフルを撃ってくる映像が流れる)
プル「うぅ」
(ZZガンダムが手のひら広げてくる映像が流れる)
プル「あぁー!」
(ZZガンダムがハイメガキャノンを撃ってくる映像が流れる)
プル「あぁぁぁぁぁぁぁー!」
(リィナがグレミーたちがいる部屋の扉の外で、聞き耳を立てる)
グレミー「戦えるメドがつくのならば、ここで中止させてもかまわん!どうなのだ?」
マガニー「すり込みの作業は完了しています!後は実践テストだけです!」
グレミー「わかった、ここまでにしよう」
マガニー「医務室で休ませます」
グレミー「いや、ハマーン様の所へ連れて行く!すぐに意識を回復させろ!」
マガニー「危険です!心身共に疲れきっているのですよ?」
グレミー「お前は医者だろう、それぐらいの処置はできるはずだ」
マガニー「あぁ、はい」
グレミー「地球はすぐそこだ、時間がない!」
(グレミーが部屋の外へ出ようとするとリィナにぶつかる)
リィナ「あぁっ!」
グレミー「リィナ!」
リィナ「えへへへ、道に迷っちゃった!」
グレミー「今度は何のレッスンを抜けだして来たんですか?」
リィナ「違いますよー!」
グレミー「地球に降りたら、君も社交界にデビューすることになるんだ」
リィナ「はーい」
(マガニーがプルを担いで部屋から出て行く)
リィナ「どこか悪いの?あの子」
グレミー「貧血を起こしたらしい、さっ!レッスンを!」

プルの扱い方がひどすぎる、同じ年頃のリィナとえらい違いです。

ビーチャ「みなさん、がんばってらっしゃいますねー」
モンド「ほんと、よくやる」
ビーチャ「何のために戦うのか、わかってんのかなー?」
クム「ビーチャ!モンド!さぼっちゃダメ!」
ビーチャ「俺たちだって、真面目に考えることがあるんだよ!」
ブライト「ほぉー」
モンド「あっ、艦長」
ブライト「君たちの真面目な意見を聞かせてほしい」
モンド「出撃するのが嫌だってわけじゃないんですけどね、戦う理由を見いだせないんですよ、僕たち」
クム「生意気ー!」
ビーチャ「黙ってろ!」
ブライト「地球を守るというのは理由にならんか?」
モンド「僕たちはスペースノイドですからね!」
ブライト「私だってそうだ、しかし、我々を生み育んでくれたのは地球だろう?ならば宇宙にも出ないで地球を汚している連中を追い出すのも義務というものだ」
モンド「ジュドーだって、あんなにがんばってるのは妹を助けたいからでしょー?俺たちにはそういうものないものな!」
ブライト「乱暴なようだが、生き延びたいのなら戦え!後戻りはできない!」
ビーチャ「地球に行ったらアーガマを降りるかもしれませんよ?」
ブライト「引き止めはしない!」
ビーチャ、モンド「うん?」
 
(ブライトがジュドーの元へ行く)
ブライト「いいかな?」
ジュドー「悪いけど忙しいんだ!話があんのなら・・・」
(ブライトがジュドーの腕を掴む)
ジュドー「ちょっと!」
ブライト「ジュドー
ジュドー「えっ?」
ジュドー「熱でもあんの?」
ブライト「真面目な話をしている!」
ジュドー「ごめん」
ブライト「お前を戦いに引きずり込んだせいで、リィナは」
ジュドー「だから、助け出そうとがんばってるんでしょ?」
ブライト「助け出したら二人で船を降りるのか?」
ジュドー「そんな先のこと考えてません!」
ジュドーがブライトを振り切る)
ブライト「ジュドー!」
ジュドー「ZZにバリュートつけなくちゃなんないんでしょ?」
(ルーがブライトの元へやってくる)
ルー「心配症ですね、艦長」
ブライト「そうかな」
ルー「ジュドーはリィナを助けても、アーガマを降りませんよ!」
ブライト「なぜだ?」
ルー「あの子はすぐに色々なものを引きずっちゃう子ですからね、真面目なんですよ!」
ブライト「しかし、パイロットになりきれるのか?」
ルー「ならざるをえないとわかってくれますよ」
エル「そうよ、艦長!お調子もんだけど、ジュドーは鈍感じゃないわ!とことんやらなければ気が済まないのよ!」
ルー「そうねー!リィナを助けたら返って落ち着くかも?!」
エル「おじさま的心配はやめなさい!」
ブライト「ルー、君は志願兵だったな」
ルー「はい!エゥーゴに正義があると信じています!」
ブライト「私もだ!そうでなければ我々は戦うことなどできはしない」

ブライトは、ビーチャとモンドは引き止めはしない、ジュドーは引き止める!

グレミー「これはハマーン様!このような場所にわざわざ」
ハマーン「ご苦労だったな、グレミー・トト
グレミー「はっ!」
グレミー「この子であります!キュベレイマークツーのパイロットです!」
ハマーンエルピー・プルか、ニュータイプという」
グレミー「必ずやハマーン様のお力になりましょう」
ハマーン「うむ、期待している」
ハマーン「私はグレミーの船は来ないのではないかと思っていたのだが」
グレミー「どうしてそのようなことを?」
ハマーン「私が地球に下りれば、その分アクシズの守りが手薄になる」
グレミー「その隙に私がアクシズの守りに回るというのなら、お考え過ぎです、アクシズは心配ですが、作り直せます!が、ハマーン様はお一人です」
ハマーン「私も1人とは限らんぞ?」
グレミー「ご冗談を」
ハマーン「敵は多いのだ!用心に越したことはない」
グレミー「私がおそばにおります!」
ハマーン「地球に降りたら私の側近として、連邦政府の俗物どもに紹介しよう」
グレミー「はっ!光栄です!」
 
(フェルテンがハマーンに近づく)
ハマーン「グレミーの身辺警護はぬかるなよ?」

私も1人とは限らない。ニュータイプ部隊がプル1人ではないことを承知の上で、ハマーンが返した言葉なのでしょうか。 ハマーンは、グレミーが力をつけているのをとても警戒してますね。

ブライト「やはり、敵の目標はダカールか?」
トーレス「直接連邦議会に乗り込んで、制圧する手筈ですね」
ブライト「連邦政府もなめられたものだ」
トーレス「艦長!カラバから入電です!」
トーレス「解読します!ダカールアクシズ工作員多数の模様、連邦議会総会は議事の進行がはかどらず、会期の延長を決議し、ん?!ダカールは事実上アクシズが制圧!?」
ブライト「何!?」
トーレス「艦長!」
ブライト「やはりな、ハマーン!お膳立ては揃っていたというわけだ、うっ」
ジュドーがブリッジ入ってくる)
ジュドー「はーい!みなさんお食事の・・・」
ジュドー「どうしたの?みなさん」
ジュドーがブライトに食事のパンを渡す)
ジュドー「はいっ」
ブライト「ガンダムの整備はどうした?」
ジュドー「後は出撃を待つだけ!」
(二人がブリッジのモニターを見る)
ブライト「サダラーンだ!」
ジュドー「さすが艦長!のがしませんね!」
トーレス「が、3隻のうちどれがサダラーンかわからん」
ジュドー「でもー、サダラーンの近くにリィナもー」
トーレス「いや!やっぱり前の1隻がサダラーンに間違いありません!」
ブライト「よし!警報を出せ!第一戦闘配備に移行する!全周囲索敵!どこに敵が隠れているかわからんぞ!」

前回エゥーゴダカールの議会を制圧したように、今度はアクシズが制圧したようです。
連邦軍は制圧された教訓から何も学んでいないのでしょうか。

イーノ「ジュドー、どうやってリィナを見つけるつもり?」
ジュドー「敵の船を地球に下ろさないのようにして探すさ!」
イーノ「どうすんのー?」
ジュドー「敵の船に付いているバリュートを壊せば、大気圏の前で立ち往生だ!」
イーノ「地球に下りた方がチャンスがあるんじゃないの?」
ジュドー「そんなこと言ってたら、いつまでたっても助けられないだろ?」
イーノ「そうだね、僕も応援する!」
ジュドー「頼む!」
ジュドー「(護衛の2隻のどっちかにリィナがいるはずだ!)」
ジュドーの前に突然ハロが現れる)
ハロ「ジュドー元気か?ジュドー元気か?」
ジュドーZガンダムが一番身軽だなー」
ジュドー「ルー!」
ルー「なーに?」
ジュドー「壊さずに返すからそれまではZZを使ってくれ!」
ルー「自分勝手過ぎるわ!」
イーノ「ルーさんお願いします!今度だけはジュドーのしたいようにさせてください!」
ルー「あなたねー!」
イーノ「お願いです!」
ルー「私がZZで出ればいいんでしょ?ったくー!」
イーノ「すいません」
ジュドージュドー・アーシタZガンダム、行きます!」

なんでハロは出てきたんだろ?いつもはシンタとクムと一緒にいるのに。

ジュドーのしたいようにさせてって、いつもしたいようにしてますよね。

今回ジュドーがZを選択したのは、単独大気圏突入飛行が可能なことを知ってのことだったのでしょうか。

サンドラ兵「グレミー様!アーガマが戦闘空域に入りました!」
グレミー「アーガマが動き出したか!」
(プルがブリッジを出ようとする)
グレミー「どこへ行く?!エルピー・プル!」
プル「敵が来ている、だから戦う」
グレミー「やれるのか?」
プル「それが私の役目ならば」
グレミー「ジュドー・アーシタはお前の何だ?」
プル「うっ、ジュドーは・・・」
グレミー「答えろ!エルピー・プル!」
プル「ジュドー・アーシタは私の敵です!」
グレミー「よしっ!行け!」
プル「はっ!」
グレミー「こうも催眠療法がうまくいくとはな、あとはサイコミュとの連動が問題だが」
グレミー「ズサ隊!全機発進!その後サンドラは180度ターンし、アーガマを迎え撃つ!」
サンドラ兵「はっ!」
グレミー「私もバウで出る!後の指揮は任せる!場合によってはそのまま大気圏に突入してもかまわん!」
 
(サンドラからズサが発進する)
リィナ「何なの?この揺れ方」
ピアノの先生「さっ、また最初からやりましょう!」
リィナ「はい」

本当にプルの催眠療法はうまくいっているのでしょうか。

グレミー「さすがにハマーンは私のことを疑い始めたようだ」
グレミー「この辺りで私の実力を示しておかないと、今の地位が危なくなる」
グレミー「いいか!敵のモビルスーツは私が食い止める!ズサ隊はアーガマ撃破だけを考えろ!」
プル「(感じる・・・、すぐそばまで来ている!ジュドー・アーシタ!)」
ジュドー「来たな―!アクシズモビルスーツ隊!うわっ!なに?」
ジュドーキュベレイエルピー・プルか!」
ジュドー「まだパイロットをやっているのか!?おぉっ」
Zガンダムキュベレイマークツーのファンネル攻撃を受ける)
ジュドー「うわっ!」
グレミー「大丈夫なようだな!後はどこまでやるかだが」

このグレミーの発言っておかしいです、いつもならZガンダムにはルーが乗っていると思ってキュベレイには攻撃させないようにするでしょうし、ジュドーが乗っているのは知らないと思うのですが。

トラジャ「出撃できない?!」
ビーチャ「ビビってるわけじゃない!納得できないだけなんだー!」
エル「どうしたの?」
トラジャ「今頃出撃したくないなんて言われても困るんだ!」
エル「どういうことなの?!」
ビーチャ「大人たちが勝手に始めた戦争に、なんで子どもの俺たちが戦って、尻ぬぐいしなきゃなんないんだよー!」
エル「リィナを助けるために戦うっていうんじゃ、理由にならないの?!」
エル「リィナもジュドーも私たちの仲間でしょー!?」
ルー「早くスタンバイしなさーい!」
ビーチャ「よそ者が!何を言って!」
エル「嫌なやつだね!ビーチャー!」
ビーチャ「エル!」
エル「いつまでたっても頑固なだけでさ!自分勝手でさー!」
トラジャ「お前は気に入らないけど、悔しいがお前の言う通りさ!」
ビーチャ「えっ!?」
トラジャ「女、子供を戦場にかりだすなんて、俺たちは最低な大人だよ!」
ビーチャ「どうすんの?!」
トラジャ「百式は俺が乗る!俺だってモビルスーツがどうすりゃ動くかぐらい知ってる!」
ビーチャ「トラジャさん、そりゃダメだ!」
ビーチャ「百式はー」
トラジャ「ビーチャ?」
ビーチャ「俺のですからね!パイロットが悪くちゃ、モビルスーツが良くても意味ないでしょ?」
トラジャ「素直じゃないな、お前」
 
ルー「ZZ!ルー・ルカ!出ます!」
エル「エル・ビアンノガンダムマークツー!出ます!」
キースロン「敵モビルスーツ接近中!機種はズサです!」
ブライト「ガンダムチームの発進はどうした?!」
トーレス「ZZ、マークツー、出ました!百式出ます!」
ビーチャ「ビーチャ・オーレグ百式!出るぞ!」
ビーチャ「エルー!何とろとろ飛んでんだよー! エル「ビーチャ!来たの!」
ビーチャ「アーガマにいて落とされるのを待つよりマシだからな!」

ビーチャは最初から出ればいいのに、他に百式パイロットはいないのか。

ジュドー「プル!やめろ!俺がわからないのか!?」
ジュドー「うっ!前から?」
グレミー「Zガンダム!?プルはZZを追ってきたんじゃないのか!?」
グレミー「Zガンダムパイロットはルー・ルカか?」
ジュドー「残念だな!ジュドー・アーシタだ!」
グレミー「ジュドー・アーシタ!?」
ジュドー「貴様がプルを操ってるのか!?」
グレミー「何ー!」
グレミー「逃がすな!追え!エルピー・プル!」
ジュドー「あれを振りきって、リィナを助け出せるのか?!」
ジュドー「あそこか!」

やはり、グレミーはZガンダムパイロットを確認しましたね。
ジュドーも素直に応えなければいいのに。

サダラーン兵「大気圏突入まで1分!各ブロック収納!」
サダラーン兵「敵モビルスーツ!いやっ、モビルアーマー!来ます!」
ハマーン「何!?」
サダラーン兵「来ます!」
サダラーン兵「うわっ!」
ハマーン「サンドラ!何をしている!?大気圏突入急げ!」
ジュドー「どっちだ?リィナ教えてくれ!」
リィナ「(お兄ちゃーん!)」
ジュドー「リィナ!」
ジュドー「リィナ!あれか?!」
 
キュベレイマークツーが攻撃してくる)
ジュドー「なんだと!?」
ジュドー「お前か!今俺を呼んだのは?!」
プル「落ちろ!ジュドー!」
キュベレイマークツーがファンネルでZガンダムを攻撃してくる)
ジュドー「まっ、またか!」

リィナがいるのはどっちの戦艦だと、ジュドーが悩んでますが、片方の赤い戦艦は前回乗り込んでリィナがいなかったサダラーンなのに何を悩んでいるのか。
結局どちらでもない、サンドラにいることを感じたんですけどね。

サダラーン兵「各ブロック収納完了!」
サダラーン兵「アーガマの追撃、ありません!サンドラがよくおさえています!」
サダラーン兵「大気圏突入まで、あと5秒!」
ハマーン「ふふっ、グレミーめ、なかなかやる!」
サダラーン兵「3、2、1、バリュート開きます!」
 
キースロン「敵艦2隻大気圏に突入したもようです!」
ブライト「主砲は?!」
トーレス「もう間に合いません!」
ブライト「ええぃ!」
アーガマが被弾する)
ブリッジクルーたち「うわぁー!」
ブライト「砲撃手は何をしている!?」

ジュドーはサダラーン近くまで接近していたので、リィナを探していなければ落とせていたかもしれませんね。

ルー「エル!ビーチャ!残りはZZでなんとかなる!ジュドーの援護に回って!」
ビーチャ「大丈夫なのか?!ルー!」
エル「じゃ、アーガマはお願い!」
ルー「任せなさい!」
エル「ビーチャ!行こう!」
ビーチャ「よし!」
ルー「ZZのパワーの違い!見せてあげるわ!」
(ZZガンダムが次々とズサを撃墜していく)
ルー「さぁー!どこからでもかかってらっしゃい!」

ZZに乗ったルーがすごいですね。
たった1機でアーガマを守っています。

ジュドー「ええい!こうなったらイチかバチかだ!」
Zガンダムキュベレイマークツーに取り付く)
プル「うわー!離せ!」
ジュドー「プル!チョコパフェを食べたくないのか?!」
プル「えっ?チョコパフェ?」
ジュドー「あの、甘くてとろっとした味、思い出したくないのかい?プル!」
プル「こっ、こいつ!何をふざけたことを!うわぁっ!」
ジュドー「1人で食べるより、みんなで食べる方が美味しいと思わないか?プル!」
プル「お兄ちゃん?」
キュベレイマークツーのハッチが開く)
ジュドーエルピー・プル!よく開いてくれた!」
(プルが銃を構える)
プル「ジュドー・アーシタは、ジュドー・アーシタなら私の・・・うっ、うっ」
ジュドー「(かなり強力なすり込みをされたな)」
プル「お前は敵だ!」
ジュドー「そんな物はしまってお兄ちゃんと一緒に行こう!パフェを食べにさ!」
プル「お兄ちゃん?」
グレミーの通信「何をしている?!エルピー・プル!」
(プルがジュドーを銃で撃つ)

イチかバチかでプルを食べ物で釣るジュドー

グレミー「エルピー・プル!引力に引っ張られるぞ!」
ジュドー「お前か!プルをこんな風にしたのは!」
グレミー「落ちろ!Z!」
(グレミーのバウが誤ってキュベレイマークツーを撃ってしまい地球へ落下する)
プル「うわー!」
グレミー「プル!」
百式ガンダムマークツーが到着する)
グレミー「なんだ?!」
ビーチャ「ジュドー!」
エル「生きてる?」
グレミー「アーガマの援軍だと!?」
プル「あー!止まらないよ!誰か止めてー!」
グレミー「エルピー・プル!運があったら生き延びろ!」
プル「あー!こわいよー!助けてジュドー!」
ジュドー「プル!俺がわかるのか?!」
プル「助けて!止めてよー!」
ジュドー「ようし!待ってろよー!」
プル「あー、なんなの?!燃えてる!お兄ちゃーん!こわいよー!燃えちゃうよー!」
ジュドー「そのままの姿勢を維持しろ、できるな?プル!」
プル「うぅ、お兄ちゃん!」
ジュドー「こちらの背中に乗るんだ!いいな!よーく見て!」
プル「うっ、うん!」
キュベレイマークツーがウェーブライダーに乗る)
ジュドー「うっ!安定させるのは無理か!」
ジュドー「うん?なんで羽が焼け落ちない?!」
ジュドー「プル!羽を切り落とせ!このままじゃ二人とも助からない!」
プル「無理だよ!そんな便利にできてないよ!」
ジュドー「怖いまま死にたいか?」
プル「うぅぅ、嫌だよー!」
キュベレイマークツーがファンネルを使って自身の羽部分を撃ち落とす)
ジュドー、プル「うわー!」
ジュドー「安定した」
ジュドー「しかし、リィナが」
 
サンドラ兵アナウンス「大気圏突入10秒前、各員対G用意!」
リィナ「お兄ちゃん・・・」
 
ビーチャ「おっ、おい!これが本物の引力だよ!俺たち落ちてるんだぜ?なんてバカでっかい水玉なんだ!地球って」
エル「バリュート開いて!限界だよ!?」
ビーチャ「おう!」
 
トーレス「大気圏突入角度固定!摩擦熱臨界です!」
ブライト「バリュート開け!」
トーレス「はっ!」
 
(ZZガンダムバリュートを開いている)
ルー「うぅ!」
 
ジュドー「地球が・・・」

いきなり初めての大気圏突入をモビルスーツで成功させるなんて、シャングリラ育ちの子供たちはすごいですね、

キュベレイの羽もズサのミサイルポッドのように、着脱式にしていればよかったですね。

Zガンダムには大気圏突入機能は付いていないんですね。さすがにあの大きさでは無理なのでしょうか。 Gフォートレス形態では安定しないのかもしれません。

初代ガンダムは、変な冷却フィルターみたいなもので大気圏突入していましたが、
あれはアムロの操縦のおかげだったのでしょうか。

(次回予告)
いかにも素直そうな人の裏にも、アクシズの動きがあった! タマンとアヌの兄妹だって、戦争の犠牲者かもしれない。 しかし、最後は自分の責任で決着をつけないといけないこともある。 俺にできるのか?タマンのように。
次回、ガンダムZZ 「南海に咲く兄妹愛」。 えへへへへ。