読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダムZZ 第19話 『プルとアクシズと』プルがファンネルを使って、アクシズの街中を破壊する話

人物相関図 機動戦士ガンダムZZ

トーレス「イーノ機、ミリィ機、アクシズより帰還します!」
ブライト「2機だけか?」
トーレス「はい」
ブライト「ZZはどうした?ジュドーはなぜ帰ってこん?!こっちにはこっちの作戦というものがあるんだぞ!」
シーサー「着艦します!」

なぜ帰ってこないかというと、リィナが助けられなかったからですね。

サダラーン兵「なんだってこんなにダミーを出したんだ?視界が悪くてしょうがないじゃないかー」
ハマーンが来たことに気づくサダラーン兵)
サダラーン兵「じっくりと慎重に行こうぜ!いいなっ!」
 
アクシズ兵「どこのバカが、こんなにダミーを流したんだ!」
アクシズ兵「こんなんじゃどれが敵のダミーかわからんじゃないか!」
アクシズ兵「こんなんでジオン軍の再建なんてできんのかよ!?」

ダミーは便利なものですが、多すぎるとそれはそれでやっかいみたいですね。

ジュドー「なんか船が移動したみたいだな」

ジュドーが、今度は、ZZごとダミー隕石の中に隠れています。 かなり大きいサイズですね。

グレミー「ハマーン様の船は出撃できたな?ZZは必ず近くにいるはずだ!草の根分けても探しだせ!」
サンドラ兵「はっ!」
グレミー「ビーチャ君!モンド君!」
グレミー「ルー・ルカをどう思っているかを聞きたい!」
ビーチャ「ふん!」
グレミー「どう思っているんだね?」
モンド「関係ないね!あの子ジュドーに気があったみたいだから」
グレミー「なんだと!?」
ビーチャ「その話、本当かよ?!」
モンド「俺はそうにらんだけど?」
ビーチャ「ジュドーが夢中になるなら分かるけどー」
グレミー「その、ジュドーというのは何者なんだね?」
モンド「リィナの兄貴さ!」
グレミー「なっ、何ー?で、ルーとジュドーというのは本当のところ、どうなのだ?」
モンド「今どうなってるのかわかんないけど、ジュドーもあれでなかなかもてるからねー」
ビーチャ「ジュドーさん!」
モンド「ルー!」
グレミー「やめんか!」
グレミー「ルーさんは・・・、ルーさんはそんな!・・・」

グレミーがルーのことを好きなのが、ビーチャとモンドにバレてしまいました。

ジュドーがZZで乗り込んできて、ネオ・ジオンに投降するフリをする)
グレミー「なんだ?」
サンドラ兵たち「うわーっ!」
サンドラ兵たち「我々は完全に包囲した!これ以上抵抗すると、こちらにも考えがある!」
サンドラ兵たち「考えがあるって言ってんだろー!」
ジュドー「へへへー、なーに強がってー!ハッチも壊さずにやって来てやったんだよ?ほれっ!」
アクシズ兵「おっ?!」
ジュドー「ここを攻撃するんなら、違う仕方をすると思わない?」
アクシズ兵「そういえばー」
ジュドー「こいつはほんのお土産代わりだ!」
アクシズ兵「ほっ、本物か?!」
グレミー「おぉ、我が軍に寝返ろうというのか?アーガマの待遇はよほど悪いと見えるな」
ジュドー「そうなんだよー!メシはまずいし!艦長は口うるさいし!危険をおかして戦ってもボーナスもくれないんだ!名前を聞かせてもらおうか?」
グレミー「名前を聞かせてもらおうか?」
ジュドージュドー・アーシタ!よろしく!妹がやっかいになってるようでー」
グレミー「了解した!ジュドーくん!」
(グレミーがアクシズ兵に銃を構えさせる)
ジュドー「えっ?!おい!俺ZZを持って・・・」
グレミー「あらゆる意味で、我が軍にとって危険分子である!」
ジュドー「どうしてさ?」
グレミー「自分の胸に聞け!」
ジュドー「自分の胸って、えー?!」
プル「ジュドー!」
プル「やっぱり!ジュドーだ!」
グレミー「プル!」
プル「私に会いに来てくれたの?!あははは」
ジュドー「またお前か!?」
プル「グレミー!とっても優しいお兄ちゃんだよ?」
グレミー「女だったら誰にでも優しいようだな!ジュドーくん!」
ジュドー「えー!ち、ち、ち、違う!誤解だよ!」
グレミー「許さん!」
(手足を縛られて、牢屋に入れられるジュドー
ジュドー「うわーっ!」
グレミー「ルー・ルカは本当にZガンダムパイロットをしているんだな?」
ジュドー「それが、どうしたっていうんだ?!」
グレミー「確認しただけだ、気にするな」
ジュドー「手錠くらいはずせ―!」
プル「ねぇー、ジュドーを出してー!あたしのお友達なのよー!」
グレミー「ダメです!キュベレイサイコミュシステムがうまく作動しなかったのもこの少年のせいだ!」
グレミー「ちゃんと調べるまでは近づくんじゃない!」
プル「グレミーのバカっ!べーっだ!」
グレミー「なんと下品な・・・やはり、パイロットに品性を求めてはいけないのか?」
グレミー「ならば、ルー・ルカパイロットをやっていてはいけない!いけないのだ!ルー・ルカ!」
 
ルー「えっ!?エルなんか言った?」
エル「なんにも言わないわよ?」
ルー「今、誰か私を呼んだような・・・」
エル「うふー、もう空耳が聞こえる歳?」
ルー「なんですって!?あたしは・・・」
エル「ダミー隕石ん中で暴れないで!」

モンドたちがグレミーに、余計な情報を与えてしまったがために、火に油を注いだ状態になってしまいました。
そんな中、グレミーのところへ、一番最悪なタイミングで現れたジュドー
ネオ・ジオンへ寝返るどころか、すぐに捕虜になって監禁されてしまいます。
モテる男はつらいですね。

ビーチャ「あのー、モビルスーツの塗装するように言われて来たんですがー」
アクシズの整備士「あっ、あー、あいつだ」
ビーチャ「えっ!ありゃー!」
モンド「ZZ!」
アクシズの整備士「なんでも、パイロットが寝返ったそうだ!ネオ・ジオンカラーに塗り直す」
モンド「へぇー」
ビーチャ「ジュドーがー」
モンド「ねぇ」
アクシズの整備士「じゃっ!ここは頼んだぞ!」
ビーチャ、モンド「はっ、はい!」
モンド「どうする?」
ビーチャ「ふふふふふふ」
モンド「どうした?」
ビーチャ「アーガマにいいお土産ができたよ?」
モンド「あっ、そうか!」
ビーチャ「そうとなれば、仕事にかかるか?」

ZZのネオ・ジオンカラーって何色だろう?赤色?もしくは緑色かな?

ビーチャとモンドはZZを盗み出すことしか考えておらず、全く成長していません。

ジュドー「こんなことなら、船を沈めるって脅かしてやればよかった!」
(リィナがピアノを弾いている音が聞こえてくる)
ジュドー「えっ?うん?ピアノの音?そうだよな、リィナにもピアノぐらい習わせてやんなきゃー」
ジュドー「あっ!?」
プル「えへへっ!ジュドー!遊ぼっ!」
ジュドー「よしよし!いっぱい遊んでやる!」
ジュドーの拘束をプルに解いてもらって、逆にジュドーがプルを拘束して口にガムテープをする)
プル「んー!んー!」
ジュドー「悪いな!縁があったらまた会おうよね!平和な時にさ!」
ジュドーパイロットなんてもうやめろよ?えぃ!」
プル「せっかく妹と会わせてやろうと思ったのに!もう知らないから!」

ジュドーがひどすぎる。何も助けてくれたプルを拘束しなくてもいいのに。

ブライト「ハイメガ砲を撃ちこむポイントはエンジン部です!」
ブライト「トーレス!射程距離までどのくらいだ?」
トーレス「20分です!」
ブライト「20分か、ルーとエルはジュドーを連れ帰れるか?」
シーサー「敵艦1隻接近中です!」
ブライト「あっ、早いな・・・」
ブライト「総員!第一戦闘配備!メカマンも砲座につけ!」
ブライト「頼むぞ!Z、マークツー・・・」

ブライトは、エルとルーに期待しすぎな気もします。

サンドラ兵「大変だ!ジュドーってやつが逃げた!」
ジュドー「ちっ」
アクシズ兵「どっち?」
アクシズ兵「わからんから探すんだよ!」
(リーナがピアノを弾いていた部屋に、ジュドーがたどり着く)
ジュドー「さっきの音はこの部屋から聞こえたのか?」
ジュドー「ん?」
 
リィナ「やめてよ!放して!」
プル「ダメ!あなたはジュドーを釣る大事なエサなんだからー!」
リィナ「えー、お兄ちゃーん!」

ジュドーがプルを怒らせてしまいました。
ジュドーがやってることが全部裏目にでて、リィナに会うのが遠ざかっているように思える。

ルー「これ以上近づくのはちょっと難しいわね」
エル「じゃ、そろそろ作戦開始と行きますか?」
ルー「オーケー!いいわね?メガライダーのランチャーは4回しか撃てないのよ?」
エル「わかってるわよー」
ルー「行くわよ!」
(ZがバズーカでガザC2機を撃墜する)
ルー「エル!メガランチャーを!」
エル「了解!」
(メガランチャーでアクシズの隔壁を破壊する)
エル「やったー!」
ルー「あたしがモビルスーツを引き付ける!あなたはジュドーを探して!」
エル「わかってるわ!」
ルー「じゃっ!」
ルー「来たっ!」

珍しく、犬猿の仲のエルとルーの連携がうまくとれています。

ジュドー「えい!あった!ZZだ!」
ジュドー「うわっ!ZZ!ここの連中に使われるのか?!」
ビーチャ「ジュドーには悪いけど、今度こそ!逃げ出すぞー!」
グレミー「ジュドーめ!ZZに戻って・・・」
ジュドー「待て!ZZ!うわっ!」
ジュドーがグレミーの乗ったバウの頭部にひっかかる)
グレミー「うん?正面にゴミ?ZZのジュドー!」
ジュドー「うわー!」
グレミー「妹を捨てて1人で逃げるとは見損なったぞ!?」
ビーチャ「うわー!追っかけてくる!」
グレミー「こらっ!待て!待たんか!ジュドー・アーシタ!」
ジュドー「うわーっ!」
ビーチャ「俺はジュドーじゃないよー!」
ジュドー「えぇい、ジュドーはここだー!」
グレミー「待たんか!ジュドー!」
ジュドー「うわっ!」
ビーチャ「バーニアが出ない!」
モンゴ「あぁー!来る!来た!」
(バウがZZを捕まえる)
ジュドー「うわっ!」
ジュドーがZZの頭部にぶつかる)
グレミー「ふん!捕まえたぞ!ジュドー・アーシタ!」
グレミー「うん?ジュドー!いつの間にそんな所に?!」
ジュドー「お前のせいだろ!」
グレミー「寝言を言うな!ZZごと串刺しにしてくれる!死ね!」
ジュドー「うわー!」
(マークツーがメガランチャーを撃ってジュドーたちの近くの隔壁に穴が空く)
グレミー「あぁー!」
ジュドー「うわー!空気が抜ける!あっ!」
(マークツーがメガランチャーに乗って入ってくる)

バウとZZがサンドラの中で追いかけっこをしています。
2機のモビルスーツが腕を振っているので、とてもコミカルタッチです。 サンドラの中を随分長く移動していましたが、そんなに戦艦がの中は広いのでしょうか。

エル「今のZZじゃない?」
ビーチャ「エルー!」
エル「誰?ジュドーじゃないの?」
ジュドー「誰が操縦してんだ?!」
ビーチャ「うわー!」
モンド「ジュドー!」
エル「ビーチャがZZに乗ってんの?うっ!」
グレミー「サンドラはなんで撃たん?!」
サンドラ兵「港の中です!」
グレミー「撃てんのか?!」
(エルがガザCを撃墜する)
エル「なんという腕の冴え!うぐぐ!」
ジュドー「やっぱり!お前たちか!」
ビーチャ「俺たちがここまで運んで来てやったんだろー?」
エル「ジュドー!早く、ZZに!」
ジュドー「ビーチャとモンドをそっちに乗せてくれ!」
エル「えーっ!」

やっぱりって、ジュドーはZZを動かしている犯人がビーチャたちと気付いていたようです。

(バウがZZにとどめを刺そうとした時、キュベレイが止めに入る)
グレミー「プルか!?邪魔をするな!」
プル「ジュドーはあたしと遊ぶんだ!」
リィナ「あー、お兄ちゃん!」
ジュドー「リィナ!」
グレミー「どういうつもりだ!?」
プル「べー!渡さないよーだ!欲しかったら取りにおいで!」
ジュドー「あっ!リィナ!」
グレミー「おい!まだ決着が・・・うん?」
エル「動くんじゃない!メガランチャーのライフルも最大出力にセットしてある!」
エル「この港ぐらい失くしてみせるよ!?」
グレミー「そうかな?このバウとて使いようがある!」
エル「えっ!?」

バウのバックパックを上に飛ばして、それをエルの目に追いかけさせ、その隙にバウ本体がマークツーに蹴りを入れるという戦法でした。

グレミー「ふん!ライフルなど使わなくても、このバウの機動性があればマークツーなど敵ではない!」
グレミー「恐れるな!パイロットをとらえろ!」
サンドラ兵「グレミー様!」
グレミー「何をやっていた?!」
サンドラ兵「はっ」
グレミー「侵入者のモビルスーツは始末しろ!」
サンドラ兵「はい!」
グレミー「サンドラは予定通り出港だ!私はプルとリィナを連れて戻る!」
サンドラ兵「了解!」
エル「性能が違うとこれかー!」
ビーチャ「腕の違いじゃない?」
モンド「あー!来るぞー!」
(マークツーがガザCに追いかけられる)
エル「あぁ!肝心のジュドーとどんどん離れちゃうじゃない?」
ビーチャ「悪かったね!?」
モンド「肝心じゃなくて」

確かにマークツーではバウにかなわないかもしれない、あとはニュータイプのエルの腕の見せどころ。 ビーチャは文句を言うだけで、モンドはただ叫んでいるばかりですね。

ルー「エルはいつまであたし1人にさせとくの?」
(ガザD隊がルーのZガンダムに襲いかかる)
ルー「はっ!また来た!」
ZガンダムがガザDをビームサーベルで真っ二つに切る)
ZガンダムがガザDをグレネードランチャーで撃墜する)
ルー「もう一機後ろから!」
ZガンダムがガザDの首をシールドで切った後、殴って爆破させ撃墜させる)
ルー「新手なの?!」
ルー「何さ!」
ZガンダムがガルスJのモノアイ部分をビームサーベルで突き刺し撃墜させる)
ルー「やれた!すごい!こんなあたしを愛しちゃう!」

ZZ本編では何度か、Zガンダムのシールドの下の部分を使って、アッパーの体制からモビルスーツの頭を切るシーンがありますね。 ルーはZガンダム一機で、ガザD3機とガルスJ1機を撃破しました。ルーってすごかったんですね。

トーレスアクシズ!ハイメガ砲の射程距離内に入ります!」
ブライト「よしっ!発射スタンバイ!」
ブライト「(どうしたんだ?ジュドーアクシズから出てないのか?)」
 
(ZZとキュベレイアクシズの街中へ侵入する)
ジュドー「プル!リィナを人質にするなんて、一番いけないことなんだぞ!」
ジュドー「プル!うぉっ!」
(ZZが建物にひっかかる)
ジュドー「なろーっ!」
プル「きたきたきた!止まるぞ!」
ジュドー「うわっ!」
ジュドーがコンソールパネルで顔面を打つ)
リィナ「このっ!街中でモビルスーツで遊んでー!」
(リィナがプルを殴ろうとするが避けられる)
プル「黙れ!」
プル、リィナ「あぁっ!」
キュベレイとZZが落ちる)  
アクシズ民間人「うわぁー!」
アクシズ子供「あっ!砂がくずれちゃった!」
アクシズ子供「モビルスーツだぞ!」
 
ジュドー「プル!いい子だからリィナを返してくれ!」
リィナ「お兄ちゃん!」
プル「うるさいよ!」
ジュドー「頼むよ!プル!」
プル「嫌いだ!あたしが遊ぼうっていうのに、リィナリィナってー!」
リィナ「こいつー!」
プル「うるさいよ!」
(プルがリィナを殴る)
ジュドー「プル!これとあれとは違うんだよ!遊ぶよ!遊んでやるよ!」
プル「嘘だー!リィナを助けたいからって、遊んでくれるっていうんじゃ、やだぁー!」
ジュドー「言うこと聞けば、遊んでやるよ!あっ!」
プル「リィナを返したら行っちゃうんだ!」
 
アクシズ子供「本物だぞー!」
アクシズ子供「キュベレイだ!」
アクシズ子供「上のはなんだろー?」
 
ジュドー「プル!下に子供も来た!リィナを返して、ここから出よう!遊んでやるよ!」
プル「今のジュドーは嘘ついてる!」
ジュドー「嘘じゃないよ!ここでモビルスーツを動かすのは危険なんだ!」
プル「くるな!」
リィナ「動くな!」
リィナ「お兄ちゃん!」
ジュドー「リィナ、よく無事で」
プル「いや、いやよ、ジュドー
ジュドー「リィナ」
リィナ「おっ、お兄ちゃん!」
プル「いやー!」
ジュドー「うわー!」
ジュドー「うわー、いってー!」
ジュドーキュベレイから落ちる)
ジュドー「やめろ!プル!こんな街中で、人が死んじゃうんだぞ?!」
プル「いやよ!ジュドーは、ジュドーはリィナだけ、私のことなんか忘れちゃってる!」
ジュドー「プル!俺はプルだって好きなんだよ!」
ジュドー「えぃっ!」
プル「また、嘘言ってる!ZZに乗って、このキュベレイを壊そうって言うんだろ?」
プル「あたしを邪魔だと思ってんだー!」
キュベレイがファンネルでZZを攻撃する)
ジュドー「やめろー!」
ジュドー「プル!よく見ろ!ここはお前の育った街だ!アクシズを破壊するつもりか?!」
プル「あたしが目の前にいるのに、リィナばっかりで、あたしをいじめる!いじわるー!」
ジュドー「人を傷つけてるんだぞ!?殺してるんだぞ!?プル!」
プル「お兄ちゃんがあたしにさせてんじゃないかー!」
リィナ「プル!そんなワガママで人殺しをすると、ほんとにお兄ちゃんあなたを憎むわよ?!」
プル「憎む?お兄ちゃんがあたしを憎むの?」
リィナ「そうは思わない?そうでしょ?」
プル「憎まれるって嫌いだってこと?」
ジュドー「動きが、止まった?」
プル「あっ!ファンネルが、ファンネルが落ちた!」
リィナ「いけないことをやってるって、わかったからよ!あなたはお兄ちゃんと戦えない人なのよ!」
プル「ダメだ!サイコミュが働かない!キュベレイが動かせない!」
ジュドー「リィナ!プルは動けないのか?!」
ジュドー「来た!」
(バウが飛んで来る)

小さい子供にモビルスーツを与えてはだめですね。
付近が、ファンネルでかなりやられてしまったので、 モビルスーツを珍しがって近くまで見に来ていた子供も、この時、生き残っているかどうか。

ジュドーがグレミーに監禁されたて、プルが助けに来た時に、拘束するような対応をしなければ事態は変わっていたかもしれません。

グレミー「プルめ!サイコミュをオーバーヒートさせたのか?!だからジュドーに近づくなと言ったのに!」
(バウがキュベレイを連れ去る)
ジュドー「あっ!まて!リィナを返せ!」

ジュドーは、リィナの目の前まで接近できたのに、結局助けることができませんでした。

エル「追っ手を振り払ったのはいいけど、ジュドーたちはどこへ行っちゃったの?!」
ビーチャ「だいぶ、あちこち走り回っちまったからなー」
モンド「モビルスーツが出払ってなかったら、こっちがとっくにやられてるぜー?」
ビーチャ「そりゃそうだ、ジュドージュドーで勝手に脱出するんじゃない?エルー、アーガマの攻撃の前に逃げようやー!」
モンド「賛成!」
モンド「あーっ!」
ビーチャ「えーっ!」
(エルのマークツーが、バウとキュベレイ、それを追うZZとすれ違う)
エル「待ってー!ジュドー!」

ビーチャとモンドは裏切ったことを全く反省していないですね、メガランチャーから降ろしてしまっていいと思う。

ジュドー「あぁっ!アーガマが・・・戦ってるのか?」
ジュドー「はっ!リィナ?リィナ・・・」
エル「ジュドー!タイムオーバーよ!アーガマが!」
ジュドー「ルーは何やってんの!?」
エル「戦ってるわよ!」
ジュドー「そっ、そうかー」
エル「あんたがモタモタしてたから!」
エル「アーガマジュドーアクシズを脱出!」
ビーチャ「逃げまわった結果でしょー」
エル「うるさいわね!」
エル「ついでにビーチャとモンドも回収!で、でもリィナは不明です」
トーレス「艦長!全員アクシズから・・・」
ブライト「全機撤退する!」
ルー「了解!」
ブライト「ハイメガ砲!発射用意!目標はアクシズのエンジン部!」
ジュドー「えっ!ハイメガ砲をアクシズに!?」
アクシズにいた子供たちの絵が浮かぶ)
ジュドー「ダメだ!撃っちゃー!」
エル「ジュドー!何やってんの?!」
ルー「どうしたの?!」
ジュドーブライト艦長!撃っちゃ、ダメだー!」
ジュドーアクシズにだって、大勢の市民がいる!子供だっている!」
ブライト「アクシズの市民のことは知っている!だが我々はもっと大勢の人を助けるために・・・」
ジュドー「だからって・・・、だからって、アクシズの市民まで巻き添えにしていいのかよ!それで正義が通るってのか!?」
ブライト「うっ・・・、ジュドー
ジュドー「答えられないのか!?だから、だから大人って!おわーっ!」
(ZZが、Zとマークツーに引っ張られる)
ジュドー「何するんだ!?俺は!」
ルー「あたしたち戦争やってんのよ!?」
ジュドー「何が戦争だ!」
トーレス「ハイメガ砲スタンバイ!射程内クリア!どうしますか?」
ブライト「よし、発射、撃て!」
ジュドー「あっ、ハイメガ砲が・・・」
ブライト、トーレス「あっ」
ジュドー「あっ」
ブライト「居住区の損害はないはずだ」
トーレス「はい」
ブライト「左回頭!全速離脱!」
トーレス「はい!」

リィナのことも大事だけど、アクシズの子供たちのことまでを考えるなんて、ジュドーは成長しましたね。
ハイメガ砲の射程内で身を体して、発射を防ごうとする行動に感動しました。

グレミー「サンドラ!サンドラ!応答せよ!」
グレミー「バウ!キュベレイ!今から帰還する!」
サンドラ兵「了解!」
グレミー「プル!大丈夫か?」
プル「うっうっー」
リィナ「お兄ちゃん・・・、あっ・・・」

プルとリィナはサンドラに収容されました。

ブライト「さぁ、入れ!」
(自習室に入れられる、ジュドー、ビーチャ、モンド)
ビーチャ「心外だねー、せっかく戻ってやったのに!」
モンド「そうだよー!」
ジュドー「なんだとー!?リィナを見捨てたくせに!」
ビーチャ「見捨てたんじゃない!助けようとしたんだ!」
ジュドー「嘘つけ!ZZ持って、別の船に逃げようとしてたんだろ!」
モンド「違うよー、アーガマにZZだけでも持ち帰えんなきゃなんないと思ったんだ」
ジュドー「信じられるか!」
ブライト「信じなくてもいい!お前たちは勝手なことをやったんだ!許しが出るまでここで反省していろ!」
ジュドー「そっとの方が勝手なくせに!」

ジュドーが勝手にアクシズへ行ったので、当然帰って来たら、自習室に入れられると思っていました。
ビーチャとモンドも同じ処遇ですが、この2人は軍事裁判にかけられてもいいんじゃないでしょうか?

この場面をよく見ると、自習室の隅の方に、じっとしているキャラがいます。
おとなしすぎて、見逃すところだった。

(次回予告)
アーガマグラナダに呼ばれたのは、大きな作戦があるからだ! しかし、まめなゴットンさんも侵入してきて、トーレスの知り合いのセシリアを担ぎだした。 ビーチャとモンドは名誉挽回を狙うし、俺はアーガマから追い出されそうになって、 ゴットンの隠れている港を叩くしかなくなった!
次回、ガンダムZZ 「泣き虫セシリア」。 一人でもやってみる!