※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダムZZ 第12話 『リィナが消えた』Zザクが出撃する話

グレミー「マシュマー様!やめてくださいよ!出て行くなんて!」
マシュマー「えぇい!放せ!グレミー!あんな女に大きな顔をされて、おめおめとこの艦に入れれるか!」
グレミー「私だって!あの女の部下になるのは嫌です!」
マシュマー「グレミー・・・」
グレミー「私はマシュマー様の部下でしょう?あの女はモビルスーツコクピットに座ると、興奮しちゃうような安っぽい女なんですよ!」
マシュマー「しかし、軍規に違反するのは私一人で・・・」
キャラ「マシュマー・セロ、エンドラは私が預かる!安心して出ていきな!」
マシュマー「お前はただの伝令役ではなかったのか?ゴットン!何とか言ってやれ!」
ゴットン「お元気でー!マシュマー様!」
キャラ「行くよ?ゴットン」
ゴットン「はい!キャラ様!」
マシュマー「ごっ、ゴットン、私を見捨てるのか?!」
グレミー「マシュマー様!あっ!」
グレミー「マシュマー様ー!お戻りくださーい!」
キャラ「マシュマーが出て行ったとなると、ハンマ・ハンマが使えないのが痛いな」
ゴットン「R・ジャジャがあるではありませんか?」
キャラ「あたしはモビルスーツは乗りたくないの!」
ゴットン「しかし、ガンダムの新型が相手では、ガザCだけでアーガマとドック艦の接触を止めることはできません!」
キャラ「だから困ってんだろ!うーん・・・、そうだ!この船をドック艦にぶつけよう!そうすればアーガマを阻止した上にエンドラの補給もできる!どう?グッドアイデアだろう!?キャホ―!」

度重なる失敗で、失脚することになったマシュマー。上司が変わったゴットンの手のひらの返しようがすごいです。マシュマーには前回命を助けてもらったのに。

ジュドー「うわぁー、すごい!宝の山じゃないか!あれもこれも!おぉー!金目のものばっかり!」
エル「うぁっ!」
ビーチャ「ジュドー!」
エル「ぶつかるでしょ!」
ビーチャ「なんのつもりだよ!ジュドー!」
ジュドー「すごいもの見つけたんだ!ザクだよ!本物のMS06Fだ!ほとんど壊れてない!」
ビーチャ「MS06だってー!?」
エル「そいつは豪勢じゃない!」
ビーチャ「いけいけー!訓練飛行どころじゃないですよ!」
エル「了解ー!」

ザクを見つけてこんなにテンションが上がるなんて、一般市民にとってはけっこうなお金になるのかもしれないですね。

トーレス「迂回しましょう、浮遊物の中に機雷が仕掛けられていることも考えられます」
リィナ「ブライト艦長!どうぞ!」
ブライト「あぁ、すまんな!」
リィナ「トーレスさんも」
トーレス「がんばるね」
リィナ「うふふっ!」
ジュドー「こちらジュドー!予定を変更してアーガマに戻ります!このザク、まだ使えますよ!」
ブライト「先にラビアンローズへ行って補給物資を整えておく予定だろ!ガラクタを拾ってる場合か!」
ジュドー「これだって、補給物資になるさ!びっくりするほど高く売れるんですよ?」
トーレス「お前ら!」
リィナ「お兄ちゃん!いいかげんにしなさいよ!」
ジュドー「子供は黙ってろ!」
リィナ「お兄ちゃんだって子供じゃない!ちゃんと言われたようにやりなさい!」
ジュドー「何だって?ミノフスキー粒子が濃くて聞こえないよー」
ジュドー「ビーチャ、そっちはどうだ?」
ビーチャ「オーケーだ!行けるぜ!」
トーレス「聞こえないフリしてー」
リィナ「あたしが責任取ります!」
ブライト「責任取る?」

補給物資を後回しにして、目先のザクを拾ってくるとは、やりたい放題です。

ルー「あなたには無理よ!」
リィナ「お兄ちゃんの責任はあたしが取らなくちゃ!」
イーノ「リィナ」
リィナ「お願いですー、行かせてください!ルーさん」
ルー「しょうがないなー、それじゃあ、私がついて行くわね!」
リィナ「あぁっー!ありがとう!ルー!」
イーノ「リィナが行くことないだろ?」
ルー「狭いからね」
リィナ「はい!」
イーノ「僕が代わりに行くよ!」
リィナ「あたしが行かなけりゃお兄ちゃんは懲りないのよー」
 
トーレス「艦長!ルーが発進許可を求めてます」
ブライト「リィナも一緒なのか?」
トーレス「はい」
ブライト「全くどいつもこいつも勝手ばかり言って!好きにさせろ!」
トーレス「聞こえたか?ルー、あまりお父さんを困らせるなよ?」
ルー「了解!感謝します!」
ルー「舌噛まないよう気をつけて!」
リィナ「はい!」
ルー「コアベース、ルー」
リィナ「リィナ」
ルー、リィナ「出ます!」
ルー「リィナも苦労するね」
リィナ「ブライト艦長ほどじゃないですから」
ルー「あはははっ、そりゃそうだ!」
 
ブライト「最近の子供はどうしてこうワガママなんだ!うちの子はもっと素直だった、ハサウェイ、チェーミン、元気にしてるんだろうか?」
ブライト「悪いお父さんだな・・・私は・・・」

単身赴任をしているお父さんは寂しいものです。

キャラ「グレミー・トト、お前か!」
グレミー「ははっ!ガザ部隊!ドック艦制圧にでます!」
 
ルー「なんでエンドラが先に来てるの?!」
リィナ「アーガマに知らせなきゃ!」
ルー「そうそう」
グレミー「あの光は、アーガマモビルスーツか!やはり、ルー・ルカさんが乗ってんじゃないのかな?!」
ルー「わぁー、見つかったみたいだ」
グレミー「その戦闘機、パイロットは誰だ!?ルー・ルカさんじゃないのか?」
ルー「えっ?敵がなんで私のこと知ってるの?!」
グレミー「あはははっ、よかった!僕はグレミーです、お前に裏切られた、グレミー・トトだ!」
ルー「あの時の!なっなんなの?なんかよう?」
グレミー「あの時のお礼をさせてもらう!ママからけじめはちゃんとつけろと言われているんでね」
ルー「ママ?!おぉ、嫌だ!あんたマザコンなの?!」
グレミー「そう、通り一遍の解釈をすると、痛い目にあうぞ?!」

ザコンのグレミーは、ルーが一番嫌いなタイプでしょうね。

トーレス「艦長!ラビアンローズの方向に、突発的なエネルギー反応が見られます!」
ブライト「エンドラに先を越されたのか!?」
ジュドー「ブライトさん、すごいだろ!こんな掘り出し物、ちょっと見つからないぜ!?」
トーレス「お前ら何のんきなこと言ってるんだ!?ラビアンローズが攻撃されてるんだぞ!?」
ビーチャ「だったらなおさら行かなくてよかったじゃないか?」
ビーチャ、エル「ねぇー」
イーノ「ちっともよくない!ビーチャ達がサボったおかげで、リィナが代わりに行ったんだぞ!?」
ジュドー「どういうことだ?イーノ」
イーノ「ジュドーの責任を取るって、ルーと二人で行ったんだよ!」
イーノ「トーレスさんリィナは無事なんですか?」
トーレス「わからん、ミノフスキー粒子が濃くて、まだラビアンローズと連絡が取れてないんだ」
ジュドー「リィナ!うわっ、リィナ!」
ビーチャ「こっ、こら!ジュドー!」
エル「ビーチャ!どこ触ってんの!?」
ビーチャ、エル「だぁー!」
エル「ふぅー」
ビーチャ「あぁー!ザクは?!」
エル「私たちも行くよ?」
ビーチャ「ザクはどうするんだよ?」
エル「友達とどっちが大切さ?!」
ビーチャ「俺はザクも大切なの!あぁー!」

リィナが危ないと知って、コアファイターを急に反転させるジュドー
一緒にザクを引っ張っていた、ビーチャとエルが乗っているコアトップと真逆の方向になってしまい、全く進まない状況が少し続きます。 ザクを引っ張っていたロープがとうとう切れて、コアファイターは飛びたてましたが、空回りした分、かなりのエネルギーのロスですね。

ルー「しつっこいなー、いいかげんにしてよ!」
グレミー「逃がすか!」
リィナ「お兄ちゃん!?」
ルー「どうしたの?リィナ」
ルー、リィナ「あぁー!」
グレミー「ふふっ、とうとう捕まえたぞ!」
グレミー「なんだ?この胸の高鳴りは!ママ!これが恋というものですか?!」
ルー「放せ!放せったら、マザコン!!」
リィナ「お兄ちゃん!!」
ジュドー「リィナ!待ってろよ!今助けに行くからな!」
ルー「グレミー・トト
リィナ「ルーさんやめてください!」
ルー「あなたが捕まえたいのは私だけでしょ?この子はまだ子供だし、この子を助けるって約束してくれるなら私がそっちへ行きます」
リィナ「ルーさん」
グレミー「もちろん、約束する!ルーさん!さっ、ルーさんこちらへ」
リィナ「行っちゃだめ!」
ルー「大丈夫よ、リィナ」
ルー「わぁー、ハンサム!美形!」
グレミー「ふっ!ははっ、あぁーお上手で!」
ルー「あぁ、グレミーさん!」
グレミー「はい!」
ルー「ごめーん!」
グレミー「あぁぁぁー!」
リィナ「あぁー!」
グレミー「何の!」
ルー「よっと、なんて旧式のコクピット、これかな?」
リィナ「ちょっと、やり過ぎじゃないんですか?」
ルー「じゃあ、あんな連中の捕虜になってもいいの?」
リィナ「えぇ」
 
グレミー「ううっー、あの女め、いちいち私の弱点をつく」
グレミー「もう絶対に許してやるもんか!あの女め!」

褒めちぎり作戦で、グレミーを油断させ、ガザDのコクピット付近から宇宙へ突き飛ばすルー。 その隙をついて、コクピットを操作し、コアベースを掴んでいたガザDのアームを外して逃げました。
この時、2度とガザDが動けないようにしてしまえばよかったのに。

リィナ「来たわ!」
ジュドー「リィナ!どこだ!?」
リィナ「お兄ちゃん!こっちよ!早く!追いかけられてるの!」
ジュドー「リィナ!今行く!その後ろのやつが悪いやつだな!」
グレミー「何か悪口を言ったな?アーガマの援軍、キャラ様!アーガマの戦闘機です!聞こえますか?ガンダムにドッキングするファイターですよ!きっと!」
キャラ「こっちはドック艦を盾にしてるんだ、迂闊に手は出してこない!ドック制圧は後だ!ガザ部隊を応戦に回せ!」
 
ジュドー「リィナ、大丈夫か?」
リィナ「お兄ちゃん!間に合ってエライ!」
ジュドー、リィナ「あっ」
ジュドー「ビーチャ達なにやってんだ?!これじゃあZZになれないじゃないか!うわっ!」
 
ビーチャ「やっぱり、行くのよそうぜ、エルー」
エル「今さら何言ってんの!?」
ビーチャ「見ろよ―、あんなおっかないとこへ行くのかよー」
エル「ここで降ろしてあげようか?メット貸してやるから」
ビーチャ「えっ、エル!それが、今までかわいがってあげた俺に言うことなのか?」
エル「覚えてない!」
 
エル「お待たせ!ジュドー!」
ジュドー「エルか!」
ジュドー「うろうろ、ちょろちょろ蚊トンボみたいに!ZZでまとめて片付けてやる!エル!ルー!行くぞ!」
エル、ルー「了解!」
グレミー「ガザC隊!3機を放せ!ドッキングさせると危険だ!」
グレミー「そっちはルー・ルカだな?!」
ルー「えぃ、しつこい!」
リィナ「気に入られたみたいね」
ルー「何言ってんの!?」

ジュドー以外の、エルとルーの女の子パイロットが頼もしいですね。 ビーチャだけコアトップに乗っていたら真っ先に逃げて、ドッキングできなかったでしょうね。

ブライト「ジュドーアーガマが行くまでなんとかもたせろ!」
イーノ「Zガンダム発進できます!」
トーレス「えっ!?もう修理できたのか?」
イーノ「応急処置ですが、なんとか行けます!」
ブライト「よし!頼むぞ!イーノ、無理はするな!」
イーノ「了解!」
トーレス「艦長!あれ!!」
ブライト「なっ、なんだ!?あれは!」
イーノ「Z、カタパルトデッキにでました!発進!」
ブライト「なんで、それがZなんだ!?イーノ!間違って味方に撃たれるのがオチだぞ?」
イーノ「エンドラのモビルスーツの中にはザクはいません!ジュドー達に僕がZザクで出たって言って!」
ブライト、トーレスジュドー!ザクの顔のZが出た!人相で敵だと思うな!」

ジュドー達が最初に拾ったザクがこんな形で役に立つとは。 ハンマ・ハンマのシールドビームで失ったZの頭部を、イーノの機転でザクの頭部で補ったので、結果、Zザクとなってしまいました!

それをジュドーに伝える時に、ブライトとトーレスのセリフが、完全にシンクロしましたね。

イーノ「うわっ!なんだこのフレーム!360度スクリーンてわけにはいかないのかー、フレームの外に敵が来たら見えないぞ!」
 
ジュドー「えぇい!振りきれない!」
イーノ「ジュドー!」
ジュドー「イーノ!ジオンのザク!」
イーノ「胴体はZでしょ?機体はZでしょ?!ジュドー!」
ジュドー「それで、Z?よりによって、なんて頭つけて・・・」
イーノ「じゃあ、来なくていいってーのー?あっ、あいつ、コアベースを!」
グレミー「えぇい!次々と数が出てくる!」
イーノ「リィナ!よかった!無事だったんだね?!」
ルー「私がついてるんだよ?心配なわけないでしょ?」
リィナ「それにそのZの頭、なんとかならなかったの?」
グレミー「ようく見ればいいかげんなモビルスーツ、一挙に潰す!」
イーノ「うわっ!きたっ!ジュドー!ZZに!」
ジュドー「行くぞ!みんな!聞こえてんの?!」
エル、ルー「聞こえてる!」
ジュドー「ルー!、エル!」
ルー「コアベーススタンバイOK!」
エル「コアトップOK!」
ジュドー「ようし!」

みんなに不人気なZザクのおかげで、ZZに合体することができました。

グレミー「パパ、ママ、家の名前をもってグレミーをお守りください!でやぁー!」
グレミー「うわっ!パワーが違いすぎる!」
エル、ビーチャ「うっうっうー」
ビーチャ「ジュ、ジュドー!俺たちを殺す気かー!」
ジュドー「えっ?!ビーチャ、エルなんでそんなとこに乗ってんだ?」
エル「そんなこと、こっちが聞きたいわよ!」
ジュドー「降りなさいよ!」
エル「そんなー!」
ジュドー「はははっ!次はどいつだ!」
ビーチャ「俺もうダメ〜!」
エル「気持ちがわりぃ〜」

コアトップには、コクピットが2つあって、一つはコアファイター部分、もう一つがダブルビームライフルの柄の辺り、 このダブルビームライフルの所に今回ビーチャとエルが乗っていて、グレミーのガザDをつついた時に激しく揺れたということですね。
でも、だとすると、外れたコアファイターにはいったい誰が乗っているのだろう?無人?自動操縦?

ジュドー「ZZのパワーなら戦艦だって一発でやっちゃうぞー!」
ゴットン「ZZ来ます!」
キャラ「わかってる!」
キャラ「図体がでかいからって、上等とは限らないんだ!」
キャラ「くー!あははは!敵だ―!敵だ―!もう胸が張り裂けそう!快感!」
ジュドー「なんだ?!あのモビルスーツ、誘いのために隙を作ってるのか?手強い!」
キャラ「あっはは!もっともっと踊れ!」
ジュドー「うぅ、できるな!」
キャラ「お前も感じるだろ?魂が宇宙を駆ける感じをさ!」
ジュドー「放せ!何言ってんだ!?こいつ!」
キャラ「宇宙が飛んでくる!トリップは楽しいよ!?」
ジュドー「えっ?!なんだよ、今の景色・・・」
ビーチャ「どうしたんだよ?ジュドー!」
エル「金縛りになってんじゃない?」
ルー「変形が複雑過ぎて、動かないのかい?ジュドー!」
リィナ「お兄ちゃん!どうしたの?!」
リィナ「お兄ちゃん!どうしたの?!しっかりしてよ!」
キャラ「あっははははは!」
ジュドー「まだ見えてる・・・」
ルー「ダメだ・・・気絶してるのかなー?ようし!」
キャラ「えぇい、チビめ!うるさいな!」
リィナ「(あぁー!)」
ジュドー「あっ!リィナ!」
キャラ「何?!化物か!?あのモビルスーツ!」
ジュドー「こいつでトドメだ!動いてくれ!」
キャラ「うわぁぁぁっ!」
ジュドー「あれっ!?あっという間にパワーダウン、ビームも出ない?おい!ZZ!どうしたの?!」

初めて、ZZガンダムの頭部から繰り出された「ハイメガキャノン砲」すごい威力です。
アーガマの主砲を同じかそれ以上の威力があるんじゃないでしょうか。
でも、かなりのエネルギーを消費するようですね。ビームサーベルすら使えなくなってしまいました。

ルー「リィナー!リィナ!コアファイター!動け!」
グレミー「ルー・ルカ2度も裏切った君を私はまた助けてしまうなんて」
ルー「グレミー!その子は違うんだ!動け!ファイター!こいつー!このっ!リィナ!」

キャラによって殴られた、リィナとルーの乗るコアファイター
リィナはコクピットから投げ出されてしまいました。
そのリィナが着ているエゥーゴのノーマルスーツを見て、ルー・ルカだと勘違いしたグレミーはリィナをエンドラへお持ち帰りしてしまいしました。

ジュドー「ルー!リィナいないじゃないか!?」
ルー「ごっ、ごめん、ジュドー、リィナは・・・」
ジュドー「どうしたんだよ?!」
ルー「エンドラのモビルスーツがさらって行ったわ」
ジュドー「何だって!」
ルー「ジュドー!」
ジュドー「エンドラめー!どこへ行った?どこだ?どこへ行ったんだ!」
ルー「このダミー隕石とミノフスキー粒子じゃ、一度見失ったらもう無理よ・・・」
 
グレミー「ルー・ルカさんじゃなかったのか?困ったなー、こんな小さい子」
リィナ「おにいちゃん・・・」
グレミー「なんとそそっかしいんだ」
ジュドー「えぇい!!どこへ行った?リィナ!」

リィナがグレミーに拾われたのはむしろよかったかもしれないですね。
宇宙の中に放り出されたままになるよりは。

(次回予告)
モンドとビーチャが何を企んでいようが、俺はリィナを奪い返すのに必死だ! ブライト艦長!慎重だけで俺を閉じ込めちゃうなんて、話が逆でしょ! だから結局、敵に先を越されて損するんだ! コアトップが外れたなら、後は俺の活躍に期待して!んなろー!
次回、ガンダムZZ 「妹よ!」。 俺の涙は人には見せない。