読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダムZZ 第11話 『始動!ダブル・ゼータ』変形だドッキングだと一気にやる話

ジュドーのナレーション)
しつっこいマシュマーの攻撃をかわせたのも、ルーが持ってきたコアベースが働いてくれたからだ。 が、なーに、俺のZガンダムがいなけりゃ、ルーだってどうなっていたかわかったもんじゃない! しかしだ、まっ、全員無事でよかったね! ファはカミーユの所へ帰ったらしいけど。

ファは正式にエゥーゴを除隊したという感じではなかったですね。

マシュマー「あのシールドがあればZなど・・・うん?うっ?!」
マシュマー「えぇい、何かようか?」
キャラ「あれがハンマ・ハンマの新しい武器のようね」
マシュマー「そうだ、今度こそあれでZガンダムを粉砕してくれる!」
キャラ「マシュマーはそう語った!以上レポーターはキャラ・スーンでした」
マシュマー「なんだそれは?!」
キャラ「ハマーン様への報告書です、破壊されたモビルスーツの数もすべて報告する」
マシュマー「そっ、それは困る!おぉっ!」
キャラ「今の言葉、もう一度!」
マシュマー「だっ、だめだ!おわっ!」
キャラ「というわけで、マシュマーは逃げました」
マシュマー「全く!あんな女に大きな胸をされ・・・、いや、違った大きな顔をされるとは!ゴットンはいったい何をしていたのだ!おわっ!なんだ?!」
マシュマー「これは誰の?誰のモビルスーツだ!おわっ!」
エンドラメカニック「申し訳ありません!キャラ・スーン様のご命令で」
マシュマー「何?!」
エンドラメカニック「うわっ」
マシュマー「あの女モビルスーツに乗るのか?!えぇい、キャラ・スーン!君は単なるレポーターではなく」
キャラ「いやできれば、モビルスーツには乗りたくない!」
マシュマー「だったら、こんな大きなモビルスーツを持ち込むな!組み立てる方も大変だろうが!」
キャラ「あたし、モビルスーツに乗ると興奮して疲れちゃって好きじゃないんですよ」
マシュマー「それなのにパイロットをやっている、おかしいじゃないか!」
キャラ「女って複雑だから・・・」
マシュマー「お前が複雑なんだ!まぁーいい!Zガンダムごとき、このマシュマー1人で十分だ!はっはっはっはー!今の言葉しっかりと記録してハマーン様にお見せしろよ!」
キャラ「マイク、切れてます」
マシュマー「かわいくないな、お前は・・・」

お馴染みになってきた、マシュマーとキャラの漫談。
キャラは普通に喋っていると、強気なのにモビルスーツに乗る話になると急に大人しくなっていましたね。

イーノ「待て!この!」
(ニワトリ)「コケコッコ」
イーノ「捕まえてくれっ!」
ジュドー「えっ?!うぅ、へへへ、うん?、おぉ!?うわっ」
イーノ「静かにしろ!サンキュジュドー!」
ジュドー「なんでほんとのこと言わなかった?」
イーノ「何がさ?」
ジュドー「ビーチャとモンドだろ?敵が言ってた内通者って!」
イーノ「違うよ」
ジュドー「嘘つけ!イーノ!そんな仕事リィナ達に任せておけばいいだろ!?」
イーノ「お父さんがね・・・」
ジュドー「えぇっ?」
イーノ「友達は大事にしろって言ったんだ、決して裏切ってはいけないって」
ジュドー「だから、あいつらをかばうのか!?」
イーノ「だって友達だから・・・」
リィナ「お肉まだなの?もう!何してんの?!二人で!」
ジュドー「ほら!肉だよ!」
リィナ「あぁー、待ちなさーい!」
ジュドー「ビーチャとモンドの気まぐれでしんじゃってもいいのか!?お前はさ!」

友達がコードで縛って放置するだろうか。

ハロ「ファ!ファ!ファどこ?」
シンタ「うるさいなー!ファ姉ちゃんはもうここにはいないんだよ!」
エル「何やってんだ?おチビちゃん」
シンタ「休んじゃ悪いかよ」
エル「ここがファの部屋かー、あら!わっ!こんな鏡欲しかったんだー!あたしがもらっちゃおうっと!」
シンタ「ダメだよ―!」
クム「それ、ファ姉ちゃんのだぞ!」
シンタ「ファが帰って来た時、鏡が無かったら困るだろ?!」
クム「返してよー!」
エル「帰ってなんか・・・」
ルー「エル!」
エル「ルー?」
(シンタとクムに鏡を取り返される)
エル「あーっ!」
ルー「デリカシーの無い人ねー、まるで子供」
エル「今は非常時なのよ?おセンチになる暇ないの!だからクムとシンタに気合を入れようとしたんじゃないかー」
ルー「一応神経はあるかー、でもエルの言うことも本当なのよ?わかって?」
シンタ「落ち込んじゃいないよ」
クム「そうだよー」
ルー「ファか・・・優しかった人みたいね」

シンたとクムは普通に子供だけど、エルとルーもそんなに歳は変わらないんですよね。それなのにこの年下への気の使いよう、二人は大人ですね。

クム「えー!アーガマを抜け出すの?!」
シンタ「聞こえちゃうじゃないか!シャングリラに行ってファ姉ちゃんを連れてくるんだ!カミーユもさ!」
クム「どっ、どうやって行くのさ?」
シンタ「一番下のデッキにランチがあるんだ、あれでさ」
クム「誰が操縦するのさ?」
シンタ「そっかー」
ハロ「ハハハハ」
シンタ「うんー」
クム「うんー」
シンタ「あーあー」
ゴットン「お坊ちゃん!お嬢ちゃん!」
シンタ「えぇ?」
ゴットン「シャングリラに行くなら私も連れてってくださいな」
シンタ「敵のおじさんを」
クム「なんで連れてかなくちゃいけないの?!」
ゴットン「私だって、何も好きで敵やってたわけじゃないんですよ、上役に悪いのがいてね、マシュマー・セロって言うんだけど、こいつがどうしようもない悪党なんだなー」
マシュマー「ん?ハー、ハー、ハー、ハックシュン!」
クム「いやいや戦ってたの?」
ゴットン「そうそう、もうこんな生活やめて、シャングリラにでも行って静かに暮らそうと思ってんです」
クム「へぇー」
ゴットン「お願いしますよ、私、ランチでもモビルスーツでも何でも操縦しますから」
シンタ「そうか、お前操縦できるのか」
ゴットン「そりゃ、もう」
クム「シンタ!」
シンタ「うん!待ってて、今鍵持ってくるから!」
ゴットン「はい!坊っちゃん、お嬢ちゃん、いっひひ、やった、やったぞー!」
(ハロがゴットンを見る) ゴットン「あっ!だぁー」
 
シンタ「この先のエレベーターで、下まで降りられるよ」
ゴットン「なっ、ランチなんてやめて、モビルスーツデッキの方を使った方がいいんじゃない?」
クム「コアファイター使うの?」
シンタ「ダメだよ!あれがなくなるとアーガマが弱くなっちゃう!」
ゴットン「それはモビルスーツデッキにあるんだな?」
シンタ「なんだよ!痛いよー!」
ルー「あなたたち!」
ゴットン「うわっ!」
シンタ「うわっ!あーっ!うわあぁー」
ルー「脱走よ!」
シンタ「違うよ!俺たちシャングリラに行くんだ!脱走じゃない!」
ルー「何言ってんの!」

子供が捕虜の部屋を開けられるようにしていること自体が問題な気がする。

ゴットン「あっ!?」
ルー「こっちよー!早く!」
ゴットン「えぃ」
イーノ「うわー!」
ゴットン「静かにしろ!」
ルー「やめなさい!」
イーノ「うっ」
ゴットン「寄るなって!」
ジュドー「何やってんだ!お前・・・」
ゴットン「くるな!近寄るんじゃないぞー」
ジュドー「イーノ!」
ゴットン「そこどけー!来るなよー」
イーノ「あぁ・・・」
ゴットン「どけっ!」
アストナージ「えっ?!」
ゴットン「出ろ!」
アストナージ「なっ、なんだ?!」
ゴットン「見ればわかるだろう?!」
(アストナージがコアファイターから蹴り落とされる) アストナージ「うぉっ!」
ゴットン「やりずらいな」←???
ゴットン「ちっとでも手を動かすと顔怪我するぞ?」
イーノ「アーガマのハッチが開くわけないでしょ?」
ゴットン「そういう時のためにお前がいるんだよ」
ジュドーコアファイターで逃げる気か!」
ジュドー「どいてくれ!」
アーガマメカニック「なっ、なんだよー、ジュドー
ブライト「やめろ!ジュドー!これ以上やつを刺激するな!」
ジュドー「それじゃあ、どうすりゃいいんだ?艦長!」
アストナージ「艦長!コアファイターは武器を収納していません!」
ブライト「しばらく様子を見る!」
 
モンド「ビーチャ!」
ビーチャ「ん?」
モンド「下でなんか騒いでるぜ?!」
ビーチャ「えっ?」
 
ゴットン「俺はチキンは嫌いだからな!わかってるな?」
リィナ「ハンバーガーの中身は白身の魚よ」
ゴットン「魚?まぁーいいか」
ルー「それより、ノーマルスーツが先でしょ?」
ゴットン「へっへ、ずいぶんと素直だな?」
ビーチャ「どうしたんだ?ジュドー
ジュドー「黙って見てろ!」
リィナ「はい!お食事!」
ゴットン「中に入れろ!」
リィナ「あなたの好きな、チキンよ!」
リィナ「イーノ!早く!はぁっ!早く、イーノ!」
ルー「引っ張るのよ!リィナ!」
ジュドー「ドジ!」
ブライト「私がやればよかった、たくっ」
ゴットン「あー、アーガマの中にいる我が同士よ!私は今危機に瀕している!我が同士よ!出てきてこのゴットンに協力して欲しい!」
ブライト「同士だと?!」
ゴットン「あっ、いて!やめろ!このやろ!」
ジュドー「あいつら、どこ行ったんだ?」
 
ビーチャ「ハッチの開閉装置はわかるか?」
モンド「あぁ」
ビーチャ「あんなやつ、早く出さなきゃ、何喋り出すかわかったもんじゃない!」
モンド「うん」
アーガマクルー「了解!」
トーレス「絶対ハッチを開けるなよ?」
アーガマクルー「わかってるって!おわっ!」
モンド「大丈夫かな?」
ビーチャ「死にはしないって!早くしろ!」
モンド「わかってるよ!」
ブライト「誰がハッチを開けろと言った?!総員!エアロックに退避しろ!」
ジュドー「ビーチャとモンドだな」
 
ゴットン「邪魔するな!離せ!」
イーノ「おわっ!」
ジュドー「絶対捕まえてやる!イーノ!待ってろよ!」
ルー「ルー・ルカ出ます!」
ゴットン「へっへへへへ、こんなにうまくいくとはな」
イーノ「おじさん!僕にもノーマルスーツ着せてよ!」
ゴットン「ほらよ!」
イーノ「これじゃ、着れないよー、ほどいてよ!」
ゴットン「ダメだ!お前は油断できない!着せてやる!」
イーノ「そんな!無理だよ!あぁ」
ゴットン「ほらっ、ちゃんと着れたろ?」
イーノ「あぁー!」
ゴットン「おっ!あぁー!」
イーノ「あぁぁぁぁー!」

ゴットンのアーガマ脱出劇!
イーノにノーマルスーツを着せている間に、隕石にコアファイターをぶつけてしまったゴットン。
前作のZガンダムのカツを思い出します。
隕石に直撃してよく生きていましたね。

マシュマー「これは!エゥーゴのノーマルスーツでは?何?!あれはひょっとすると、ゴットン?ゴットンか!」
ゴットン「マシュマー様ー!私ごときのために、うぅぅー、自ら、自らー、マシュマー様ー!」
マシュマー「おわっ!気持ち悪い!ゴットン!アーガマの方位はわかるか?」
ガザCパイロット「収容終わりました!」
マシュマー「ようし!行くぞ!」

コアファイターがぶつかった隕石のそばにマシュマーのハンマ・ハンマがいました。
宇宙でこんな偶然があるって奇跡ですね。

ジュドー「あれっ?誰もいない!どうしちゃったんだ?」
ルー「岩にぶつかって投げ出されたのよ!」
ジュドー「そんな、どこいっちまったんだ?イーノ―!」

ゴットンは見つかったのに、コアファイターにたどり着いたジュドーはイーノを見つけられない。

マシュマー「ゴットンの情報通りだとすれば、敵はZただ一機だ!見ていてください、ハマーン様、今度こそ・・・」
マシュマー「それにしてもあの女!戦いを見届けると言ったくせに!何をしてるんだ!」
キャラ「うぉぉぉぉ、まだ敵はいない!しかし!あぁー!モビルスーツはあたしをあたしを・・・あぁー!もうだめだ!あぁーだめー!」
キャラ「胸が苦しい!もう死ぬー!死んじゃうぞー!」
マシュマー「勝手に死ね!行くぞ!」

マシュマーのハンマ・ハンマと一緒に、キャラのR・ジャジャも来ていました。
キャラはモビルスーツに乗ると興奮してトランス状態になるようです。

イーノ「うぅっ、あぁ!」
エマリー「気がついたようだな?」
イーノ「うぅぅ」
エマリー「心配はいらない、ここはラビアンローズだ」
イーノ「ラビアンローズ?」
エマリー「宇宙で拾われるなんて大した運だな」
イーノ「そう思います」
 
イーノ「これはコアベースですか?」
エマリー「いや、新型モビルスーツの最後のパーツ、コアトップだ!」
イーノ「新型モビルスーツ?」
エマリー「ルー・ルカから聞いていないのか?ガンダムZZのこと」
イーノ「ガンダムZZ?」
エマリー「アナハイム・エレクトロニクスが総力をあげて作ったエゥーゴの新兵器さ!」
イーノ「へぇー」
ラビアンローズクルー「艦長代理!アーガマが戦闘状態に入ったらしいです!」
イーノ「アーガマが?!」

コアベースとコアトップが合体すればGフォートレスになったと思うけど、なんでルーはこの状態でアーガマに持って来なかったんでしょうね。
コアトップの整備に時間がかかったのかな?

ジュドー「イーノの仇だ!覚悟しろ!」
マシュマー「Zか!?勝負だ!」
ジュドー「落ちろー!」
マシュマー「かかったな!小僧!」
ジュドー「なんだ?!あの武器は!うわぁぁー!」
マシュマー「やった!新兵器見事に成功だ!」
ルー「ジュドー!捕まって!」
マシュマー「逃げる気か?!Zガンダム!」
ルー「ジュドー、あなたまで死ぬことないでしょ?」
ジュドー「誰が死ぬって言いました!?」
ルー「ジュドー!このままではアーガマまでやられちゃう!新型を持ってくるまで持ちこたえて、ジュドー!」

イーノの仇って、もうイーノは死んだことになってますね。

ハンマ・ハンマのシールドから出る拡散ビーム砲はZを追い詰めるほど強力なのか。

ビーチャ「このままじゃアーガマはおしまいだ!今のうちにエンドラに寝返るんだ!」
モンド「操縦できるのか?」
ビーチャ「プチモビルスーツみたいなもんさ!」
 
トーレス「こらっ!誰が出撃しろと言った!?」
ブライト「どうした?」
トーレス「一番最後に補給したコアファイターに乗ってるやつがいるんです」
ブライト「武器はあるのか?」

ZZ用のコアファイターって、いつの間にか、3機もアーガマにあったんですね。 ゴットンとイーノが乗っていたやつ、ルーがコアベースで使ってるやつ、ビーチャとモンドが乗ってるやつ。

ビーチャ「もっとそっちに寄れよ!」
モンド「無理だよ!これ以上!」
ビーチャ「えぇい、行くぞ!」
モンド「あぁー!飛んじゃった!?」
ビーチャ「そのつもりでやってんだ!驚くことないでしょ!?」
モンド「うー、うわっ!?ビーチャ!」
ビーチャ「何ー!?」
キャラ「あぁー、体が熱い!燃えるー!熱いんだよー!」
ビーチャ「し、死ぬー!」
モンド「怖いよー!」

ビーチャとモンドのコアファイターがキャラに捕まってしまいました。

ジュドー「やらせるもんか!」
キャラ「だからモビルスーツなんて嫌いだ!」
ジュドー「何?!やっ、やる!」
キャラ「お前なんかいるから!モビルスーツなんかあるから!嫌いだー!」
ジュドー「うん?行った―、うわっ!」
マシュマー「死ねー!Z!」
ジュドー「うぅっ!うわぁっ!」
キャラ「体が・・・、体が熱いのよ!」
ジュドー「離せ!このー!」
マシュマー「いいぞ!キャラ!そのまま押さえていろ!Z、今楽にしてくれる!」
ジュドー「うわぁぁー!」
マシュマー「やった!やったぞ!ハマーン様、ついにやりました!あはははははっ」

ハンマ・ハンマのシールドビームで、Zの頭が吹っ飛びました。

ジュドー「補助カメラまでが動かない!えぇい、何で動かないんだ!」
ジュドーコアファイターだ!うっ」
マシュマー「ん?何をする気だ?」
ジュドー「モンドとビーチャ、来てくれたの?狭いなー」
マシュマー「あんなおもちゃで逃げるのか!?」
 
ルー「あれっ?ルー・ルカです。ラビアンローズ、応答してください!」
ラビアンローズクルー「ルーなのか?」
ルー「そうです!」
ラビアンローズクルー「イーノってのが、今のコアトップに乗って行った!支援しろ!」
ルー「イーノが?」
 
ビーチャ「何とかしろよ!ジュドー!」
ジュドー「頭下げろ!前が見えないだろ!」
マシュマー「アレさえ落とせば残るはアーガマのみ!一気に行くぞ!うっ!?なんだ?!」
キャラ「魂よ!魂の躍動なのよ!あたしの魂は宇宙を駆ける魂!宇宙を駆ける魂!」
マシュマー「それがどうした!?放せ!馬鹿者が!」
 
ジュドー「えぃ!あっちからも敵か?!いや!コアベースと新型だ!」
モンド「新型って?!」
ルー「乗ってるのは誰?」
ジュドー「俺だ!ジュドーだ!Zがやられちゃった!」
イーノ「ジュドー!無事なの!?」
ジュドー「イーノ?!イーノなのか!」
イーノ「ジュドー!」
ビーチャ「来たぞジュドー!」
ジュドー「ルー!早くその新型に乗せてくれ!」
ルー「ジュドー、よく聞いて!あなたの乗っているコアファイターが新型のパーツの一つなの!」
ジュドー「えっ?この小さいのが?」
ルー「説明は後!ついて来て!」
ジュドー「わかった!」
ルー「ビーチャとモンドは降りて!」
ビーチャ「どうして?」
ルー「あなたたちは邪魔なの!」
モンド「どうやって降りろっていうの?!」
ジュドー「出りゃいいんだよ!」
ビーチャ「だって!来たよー!」
ジュドー「当たりゃ同じだろ?」
ビーチャ、モンド「あぁー!」
マシュマー「何をする気だ?」

邪魔という理由でコアファイターから宇宙へ投げ出されたビーチャとモンド、裏切り者とはいえ、扱いがひどすぎる。

ジュドー「どうすりゃいいんだ?」
ルー「右端の赤いレバーを引いて!」
ジュドー「赤いレバー?これか!?」
マシュマー「細いのが何をやっている?!」
マシュマー「何?ドッキングだと?」
マシュマー「ややこしいことをやったってー!」
マシュマー「驚くものかよ!モビルスーツに変形したのか?」
ルー「新型モビルスーツ
イーノ「ZZだ!」
ジュドー「これが・・・ZZ・・・、あっ敵は?」
マシュマー「うふふふふ、変形だ、ドッキングだと一気にやろうがそんなもので私がたじろぐと思うのか!」
マシュマー「はっ!速い!」
ジュドー「切るぞー!マシュマーさん!」
マシュマー「おわっー」
マシュマー「おわっー、なんというパワーだ!」

モビルスーツぐらいの大きさの隕石を真っ二つにしてしまうZZのビームサーベルの破壊力。
さらに、装甲にビームコーティングをしているためか、ハンマ・ハンマのシールドビームを跳ね返しています。
そして、とどめはダブルビームライフルハンマ・ハンマを撃墜しました。

ジュドー「ひゃーすごい!感動の嵐!ZZってなんてパワーなんでしょ!?」
イーノ「やったー!ジュドー!すごいや!」
ルー「ちょっとジュドー!いいんじゃない!?」
ビーチャ「すごいぜ!ジュドー!」
モンド「こりゃお金になりそうー!」
ジュドー「くくくっ!なんと、やっぱり私めの力があればこそで、これさえありゃ、もうマシュマーなんて火に焼いて食べちゃいますよ!」
エル「あれが、ラビアンローズからの新型?!ジュドーが乗ってんの?!」
シンタ「大したもんだよ!ジュドー!」
クム「ほんと!あたし達が見込んだ通りね!」
ブライト「そうだな、しかし、複雑すぎるマシーンのようだ、どう使いこなしていいか・・・」
リィナ「問題ですね・・・お調子もんだからー」
ブライト「それだけじゃないけどな」

ゴットンを脱出させてしまったシンタとクムは平然とアーガマのブリッジにいますね。
ZZがすごすぎて、みんな忘れているのでしょうか。
普通なら、自習室入りなところ。

(次回予告)
やっとラビアンローズに接触できる時になっても、エンドラの女指揮官が楽をさせてくれない。 ZZまでがRジャジャに捕まってしまった! が、なんだ?!この感触! その感触に迷っている間に、リィナが、えぇ!?
次回、ガンダムZZ 「リィナが消えた」。 ルーの奴、かっこつけるだけで!