読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダムZZ 第5話 『ジュドーの決意』ゲゼのコクピットがくるくる回る話

人物相関図 機動戦士ガンダムZZ

マシュマー「お前か?このうっとおしいモビルスーツを持ち込んだのは!」
ゲモン「悪かったな?」
マシュマー「何だ?何の用だ?」
ゲモン「このゲモン・バジャック様があんたの手助けをしてやるってんだよ」
マシュマー「あぁ?」
ゲモン「このゲゼでZガンダムをやってつける、そうすりゃアーガマなんてお前らでなんとでもできよう?」
ゲモン「俺はこのコロニーでジャンク屋をやってる。このゲゼも俺が作った。腕は確かだ」
マシュマー「このコロニーのジャンク屋だと?」
ゲモン「アクシズをゼダンの門にぶつけたって話を聞いてから、あんたたちのファンになっちまってねー、でかいことをやるのが俺は好きだぜ」

(マシュマーの回想)
ハマーン「よいか、マシュマー。コロニーに住む人々の協力を得ることは大事なことだ。我々の仕事がやりやすくなる。よく心に止めておけよ」

マシュマー「(そうなのだ。この男はコロニーの住民なのだ。)わかった、お前の申し出を受けよう」
ゲモン「へっへへっ、これでおもしろくなるぜ!おっとと」
ゴットン「よろしいのですか?あんな男を信用して」
ゲモン「おっと」
マシュマー「いいな?我々はコロニーの住民とお友達になる必要がある。それがハマーン様のお考えなんだ」
ゴットン「またハマーン様ですか・・・」
マシュマー「そういう言い方は、よせ!」
 
マシュマー「ゲモンとやら、打ち合わせをしたい!ブリッジまでご同道願おう!」
ゲモン「その前に俺の方の条件を聞いてくれ!」
マシュマー「なんだ?」
ゲモン「出撃する時、あんたたちのモビルスーツを護衛として付けてくれ!」
マシュマー「護衛?いいだろう」

ジャンク屋がゲゼを作ったというのはすごいですね。宇宙には出れなさそうに見える。

ところどころ、マシュマーがハマーンの言葉を思い出しますが、極端な捉え方をしていることがありますね。

ジュドー「やだよー、俺ー、パイロット候補生なんてさー」
ファ「ブライト艦長もあなたの腕を買ってるのよ?」
シンタ「見込みあるんだよ。俺いろんなパイロット見てきたけどお前筋いいぜ?」
ジュドー「あのなー、あっ!アーガマを俺たちの基地にできるんなら行ってもいい」
ビーチャ「はっはっはー、それなら俺も行くぜ?」
モンド「賛成!」
イーノ「僕もちょっと興味あるね、ジュドー
ファ「アーガマは遊園地じゃないのよ?」
ジュドー「じゃ、この話は無しだ!」
リィナ「お兄ちゃん!ジャンク屋よりパイロット候補生になれば、生活は規則正しくなるし、勉強だってアーガマの人たちがちゃんと・・・」
ジュドー「うるさいなー!勉強だったら学校でやるよ!行くぞ!」
ビーチャ「あっ、待てよ!ジュドー!」
モンド「俺も行く!」
リィナ「お兄ちゃんどこ行くの?」
ジュドー「学校だ!学校!勉強してくるー!」
リィナ「へそ曲がり!」
シンタ「クム来い!」
クム「うん!」
ファ「シンタ!クム!二人とも迷子になるわよ?!」
リィナ「ファさん?私、絶対にお兄ちゃんを説得します!だからアーガマの人たちにも諦めないように言ってください!」

とうとうブライトはジュドーパイロットに推薦するようになりました。
まだ14歳の少年に、パイロット候補生になれというのはやや厳しい気がする。
今まで若いパイロットをたくさん見てきただけに、感覚が麻痺しているのかもしれません。

パイロットってそんなに生活は規則正しくないですよね?食える時に食っとけ、寝れる時に寝とけ、休める時に休んどけみたいに。

マシュマー「(護衛といってもガザCを2機も出せばシャングリラの住民は何と思うだろう?)」
マシュマー「(アクシズの印象が悪くなるのではなかろうか?)」
マシュマー「(それではハマーン様のお名前に傷がつく)」  
マシュマー「我が愛しのハマーン様、私はあなたの救いを求める哀れな子羊です、どうかこの子羊に知恵と勇気をお与えください、お願いいたしますハマーン様、あぁー、ハマーン様!、ハマーン様!、ハマーン様!」
 
ゴットン「ゴットン!入ります!」
マシュマー「うっ!うっ、うぅぅうん、貴様!何も見てないな?」
ゴットン「くっ、苦しい!見ていません!聞いていません!子羊のことなど何も知りません!」
マシュマー「何?!」
ゴットン「あっ、あぁー、何も言っておりません!マシュマー様の空耳です!」
マシュマー「よーし、お前はよく物事がわかっている、この作戦が終了したら、一週間の有給休暇を与えよう!」
ゴットン「はっ!ありがとうございます」
マシュマー「ところで何しに来たのだ?」
ゴットン「はい!出撃の準備が整いましたので」
マシュマー「うっ、それだけのことか・・・」
ゴットン「はっ!」
マシュマー「そうか」

アクシズの印象がって、既にコロニー内で戦闘を何度もしているのに、今更気にすることか。

前作で、ティターンズのジャマイカンも一週間の有給休暇を与える、みたいなことを言っていました。
軍人にとっては、一週間の休みを取るのが大変だったことが伺えますね。

ゲモン「なんだ?!ありゃー、Z、G?Zガンダムか?!やろー!」
ゴットン「ゲモン(さまっ)、何をする?!」
ゲモン「あの文字が見えないのか!?Zの挑戦状だぞ!」
ゴットン「挑戦状?」

ジュドーたちが珍しく学校に行きました。そして、クムとシンタまで一緒についてきて、やることがないので、学校のグラウンドで、白いライン引きを押して遊んでいました。その時の文字がZGという形になってしまいました。おそらくシンタもZガンダムの意味で書いたと思いますが。 それがゲモンに見つかりました。学校の人たちはとんだとばっちりを受けましたね。

この時、なぜかヤザンがやってきて、マンホールに落ちて、さらにゲゼが暴れたせいで、その穴に瓦礫が落ちてきて塞がれました。 セリフが全くない状態でコミカルになっていますね。ゲゼを奪おうとしていたのでしょうか。

クム「Zガンダムー!」
シンタ「Zガンダムー!」
リィナ「Zガンダムー!」
ジュドー「そんな都合よく来るわけないだろう?」
モンド「気持ちはわかるけど、叫んだって無理だよな?」
リィナ「来たー!」
ジュドー、モンド「えっ?!」
クム「Zガンダムが来たー!」
ゲモン「かはははっ、ようやく来たか、Zガンダム、もったいぶりやがってー」
ゴットン「ここはやつにまかせろ!ガザCで戦って見せるのは住民によくない」
 
ゲモン「Zガンダムどこへ行く?俺は人質を取ってるんだぞ?!」
ファ「本当にZを倒したいんなら、戦える場所にいらっしゃいって!」
ゲモン「お尻を見せて俺を誘おうっていうのか?」
ゲモン「子供たちを巻き添えにしないっていうのは心優しいなー、えっ」
ファ「あなただってここに住んでる人なんでしょ?子供を巻き添えにして何が・・・」
ゲモン「まっ、待て!おい!こんな場所でランチャーを使ったら迷惑どころじゃないぞ?」
ファ「えっ?!あっ!ここはコロニーなんだ」
ファ「あっ、ゲモン卑怯じゃない!ハッチがしまらない?」
ゲモン「Z、噂ほどじゃないな」
ファ「この程度で壊れるわけないでしょ?」
ゲモン「やるじゃないか!えぇっ」
ファ「コクピットが動くの?!」
ゲモン「パイロットが女だと?」
ジュドー「あぁ!思い切りの悪いパイロットだな。ガスタンク?」
ビーチャ「ジュドー!」
ジュドー「ビーチャ!あのガスタンクを落とすんだ!手伝えー!」
ビーチャ「えぇーっ!」
ゲモン「いい加減観念しな!女!」
ファ「まだ!あぁー!」

ガスタンクを使うとか、子供たちはいろいろ機転を効かせますね。

ジュドー「ファさん!降りるなら今だ!早く!」
ファ「私だってまだ!」
ジュドー「それじゃ、ずっと俺の椅子代わりしてる?」
ファ「いやよ!」
ファ「ジュドーZガンダムを思いっきり動かしたら、コロニーが潰れる!」
ジュドー「わかってる」
ファ「きゃぁ!」
ジュドー「しまった!ごめん!」
ファ「もっとちゃんと降ろしてよ!」
ジュドー「文句言わないで、早く離れて!」

ゲゼとZが鍔迫り合いをしている時にZガンダムパイロット交代をする時の会話。

ゲモン「移動式コクピットの威力見たか!」
ゲモン「今度はこっちからだ!」
ゲモン「はははは!あーはははは!」
ゲモン「あは、どうだ!参ったか?」
ゲモン「ん?なんだ?おぉー!俺の目が回ってる・・・」
ジュドー「そっこだ―!」
ゲモン「止まらない・・・うぁー」
ジュドー「自業自得だな、しばらくそうやって反省するんだ!」
ゲモン「頼む止めてくれ!俺はただ頼まれただけなんだー!」
ジュドー「いい加減なことを言うな!」
ゲモン「本当だ!港に止まっているエンドラっていう船の大将に頼まれたんだー」
ジュドー「エンドラ?」
ゲモン「助かったー」
ジュドー「その大将っていうのは、胸に赤いバラをつけたキザな男か?」
ゲモン「そうです!坊っちゃん、よくご存知で!アクシズマシュマー・セロって・・・、俺はそいつに脅かされてイヤイヤ戦っただけで・・・どうか勘弁してくださいよー」
ジュドー「そうかー、またあいつかー、許せないなー、マシュマー・セロ!」

ゲゼとZガンダムが拳で殴り合いをしている時の会話。
ゲゼのコクピットが移動式だったことに何か意味があったのだでしょうか?ただ目が回るだけでした。
その後、Zガンダムビームサーベルで腕を切られて、コクピットが止まらず、はいおしまい!

ゲモンは全部マシュマーに責任転嫁していました。負けた後はすごい低い腰、最初の強気はどこへやら。

マシュマー「やはり、あんなジャンク屋に任せていたのが間違いだったな!」
マシュマー「こうなったら、直接エンドラでアーガマを叩く!」
ゴットン「しかし、それでは住民が怯えます。私が今回の戦闘に参加しなかった意味が失われます」
マシュマー「そうだった・・・、そんな大切なことも忘れるとは・・・私は疲れているのだ」

(マシュマーの回想)
ハマーン「そうだ、疲れは判断を間違わせる。急ぐと敵にしなくてもよい人民まで敵に回す。くれぐれも気をつけよ、マシュマー」

マシュマー「おっしゃられる通りだ」

ジュドー「いつ敵が来るかわからないし、俺がZガンダムを預かっとくよ」
ファ「だったら、みんなでアーガマに来ればいいのに」
ジュドー「その話だったら、断っただろ?」
シンタ「でもさー、ジュドー兄ちゃん、Zガンダムどこに置くの?」
ジュドー「そうかー、モビルスーツの置き場所なんてないし・・・」
リィナ「こんな大きければ隠すなんて無理だしねー」
ビーチャ「整備する時のクレーンて、レンタル料すげー高いんだぜー!」
イーノ「そりゃーそうだ、アーガマならタダで借りられるぜ?」
ジュドー「しっかたない!アーガマに返すとするか!」
ファ「じゃっ、周りを壊さないように、運んでくださる?」
ジュドー「あぁー、そのつもりさ!」

結局、Zガンダムはまた返却することになりました。
一度言い出したことを取り消すことができないジュドーが、みんなに言いくるめられてるってそんな感じに見えます。

(次回予告)
エンドラの新型モビルスーツズサは新型。つまりね強いのよ。 俺たちの予定めちゃめちゃ。 商売はあがったりで、なんかこう、アーガマのクルーではないのかって十分錯覚してる。 でもね、お金の亡者ダマールさんちが迷惑だったての、いいんじゃない。
次回、ガンダムZZ 「ズサの脅威」。 ニュータイプの修羅場が見れるぞ!