※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第50話 『宇宙を駆ける』クワトロがいなくなって、カミーユが精神崩壊する話

エマ「カミーユ、静かね」
カミーユ「しゃべったら、疲れますよ。落ち着いたら、アーガマに戻ります。しばらく辛抱してください」
エマ「もういいのよ、カミーユ
カミーユ「中尉」
エマ「カミーユ、私の命を吸って」
カミーユ「え?」
エマ「私の命を吸って。そして勝つのよ」
カミーユ「中尉」
エマ「あたしは見たわ。Zガンダムは人の意思を吸い込んで、自分の力にできるのよ。だから…」
カミーユ「そんなこと…」
エマ「うっ…できるわ!そして、戦いを終わらせる。それをあなたがやるのよ、カミーユ・ビダン!」
カミーユ「わかりました、エマ中尉」
エマ「たくさんの人が、あなたを見守っているわ。あなたは一人じゃない」
カミーユ「はい…。エマさん」
エマ「寂しがることはなくてよ」
カミーユ「エマさん!うぅぅ…。エマ中尉ー!」

グリプス戦争の後半をエマが乗るガンダムマークツーで戦い抜くのはスペック的に見ても厳しかったかもしれないですね。

シロッコティターンズの艦隊をやらせるわけにはいかん!中心部は…あれか!」
クワトロ「シロッコの奴…ん!?」
ハマーンシロッコめ、レーザー砲を潰そうとは…面白い」
クワトロ「えぇい、これ以上破壊されると発射できなくなる!んぁ!」
シロッコ「死にに来たか、シャア!」
クワトロ「えぇい!ん? ハマーン!」
ハマーン「ちっ!」
クワトロ「えぇい、あ!」
シロッコ「ぬかったな、シャア!」
ハマーン「こんなところで朽ち果てる己の身を呪うがいい!」
クワトロ「そうかな?」
ハマーン「もしも、私の元へ戻る意志があるのならば…」
クワトロ「何を言う!」
シロッコ「道を誤ったのだよ。貴様のようなニュータイプのなり損ないは、粛清される運命なのだ、わかるか!」
クワトロ「まだだ、まだ終わらんよ!」

キュベレイ百式の右腕を切られて、ジ・Oに右足部分を撃ちぬかれて、その2機を同時に相手をする状況で、なお終わらないとあきらめていないシャアは素敵です。

クワトロ「劇場の跡か。ん?」
ハマーン「シャア!拳銃を捨てろ!」
クワトロ「あっ…ハマーン!」
ハマーン「大した役者だったよ、シャア。 話し合いの余地がないとするならば、ここがお前の死に場所になるな」
クワトロ「いや、もう一人役者がいるな」
ハマーン「ん?」
シロッコ「ふっふっふ」
ハマーン「そうだな、こんな芝居じみた事はシロッコの領分だったな?」
シロッコ「私は歴史の立会人に過ぎんから、そうも見えるか。が、シャアよりは冷静だ」
クワトロ「私が冷静でないだと?」
シロッコ「そうだよ、貴様はその手に世界を欲しがっている」
ハマーンシロッコの言う通りだろう、シャア?ならばザビ家再興に手を貸せばいい。その上で世界の事を共に考えよう」
シロッコ「うっ!」
ハマーン「この小うるさい見物人を倒してな」
クワトロ「ハマーン、私はただ、世界を誤った方向にもってゆきたくないだけだ」
ハマーン「では聞くが、ザビ家を倒し、ティターンズを排除した世界で、お前は一体何をしようというのだ」
クワトロ「私が手を下さなくとも、ニュータイプへの覚醒で人類は変わる。その時を待つ。うっ!」
ハマーン「私に同調してくれなければ排除するだけだ。その上でザビ家を再興させる。それがわかりやすく、人に道を示すことになる。」
クワトロ「また同じ過ちを繰り返すと気付かんのか!」
シロッコ「世界の都合というものを洞察できない男は、排除すべきだ!」
カミーユ「それは違う!」
クワトロ「カミーユ!」
ハマーン「うっ!」
クワトロ「カミーユか!?」
ハマーン「うっ!」
カミーユ「本当に排除しなければならないのは、地球の重力に魂を引かれた人間達だろう?けど、そのために大勢の人間が死ぬなんて、間違ってる!」
ハマーン「愚劣な事を言う!」
シロッコ「生の感情を出すようでは俗人を動かす事はできても、我々には通じんな!」
カミーユ「人の心を大事にしない世界を作って、何になるんだ!」
シロッコ「天才の足を引っ張ることしかできなかった俗人共に何ができた!常に世の中を動かしてきたのは、一握りの天才だ!」
カミーユ「違う!」
クワトロ「カミーユ、退け!」
カミーユ「嫌だ!」
シロッコ「ちっぽけな感傷は世界を破滅に導くだけだ、少年!」
クワトロ「カミーユ!」
カミーユ「うっ…」
ハマーン「お前達は…」
シロッコ「うっ!」
ファ「カミーユ、早く外へ!」
ハマーン「うっ!」
クワトロ「行くんだ、カミーユ!」

シャアを仲間に戻してシロッコを倒したいというハマーンの思惑
ハマーンを味方につけてシャアを倒したいというシロッコの思惑
シロッコハマーンの二人を倒したいというシャアの思惑
それぞれの思惑が三つ巴の均衡を保っていますね。そこへカミーユが現れて均衡が破られたように思えます。あとファも。

トーレス「来ました、グリプス2発射準備良しです!」
ブライト「よし!ん?待て!」
トーレス「艦長!?どうしたんですか!?」
ブライト「発射体制のまま待機!」
サエグサ「待てませんよ!ターゲットは動いてんです!」
ブライト「待機しろ!」
(省略)
トーレスグリプス2、エネルギー臨界!」
サエグサ「今撃たないとターゲットが逃げます!」
トーレス「艦長!」
ブライト「わかっている。レーザー砲の中にはカミーユ達 がいるんだよ。みんなが逃げ出すまで、それまでは待つんだ!

グリプスコロニーレーザー発射の号令をかけようとしたブライトが、アーガマのモニターに映る光を見て発射体制を途中で待機させました。 この光が発射口付近にいたZガンダム百式の光だったのですが、よくカミーユ達がいるとブライトは気づきましたね。

カミーユ「大尉!」
クワトロ「一緒にここを脱出する、カミーユ!」
カミーユ「あなたはまだやることがあるでしょう!この戦争で、戦争で死んでいった人達は、世界が救われると思ったから死んでいったんです。僕もあなたを信じますから!」
クワトロ「君のような若者が命を落として、それで世界が救えると思っているのか!」
ファ「カミーユ?」
カミーユ「大尉!」
クワトロ「新しい時代を創るのは老人ではない!」

ブライト「出てきたのか…?よし、コロニーレーザー発射だ!」
サエグサ「了解!」

カミーユ達がコロニー発射口から脱出したのを確認したブライトがコロニーレーザーを発射させました。
これでティターンズの敗北、エゥーゴの勝利が確定しました。アクシズも戦力の温存をすることになりました。

クワトロ「ん?エネルギー切れ!?」
ハマーン「迂闊だな」
クワトロ「えぇい!来た!」
ハマーン「ん!?」
クワトロ「これであの武器は使えまい、ハマーン!」
ハマーン「甘いな、シャア」
クワトロ「何ぃ!」
ハマーン「これで終わりにするか、続けるか、シャア!」
クワトロ「そんな決定権がお前にあるのか!はっ!」
ハマーン「口の利き方に気を付けてもらおう!何!」
 
ハマーン「シャア、私と来てくれれば…。うっ…」

キュベレイの背中を抑えることによって、ファンネルを使えなくしたと思ったシャア。
既に射出していたファンネルで、残りの左腕、左足も潰されてしまいました。
残されていたバルカンで、戦っていた戦艦の配線がむき出しになっているとこを撃ち、誘爆を起こさせました。 キュベレイにトドメを刺されそうになったところをしのぎました。

しかし、百式が戦艦が爆発し壁面の下敷きに・・・。 これだけを見るとあきらかにシャアは死んだと思っていました。

ハマーンは最期まで、シャアに戻ってきて欲しかったようですね。

カミーユ「お前だ!いつもいつも、脇から見ているだけで、人を弄んで!」
シロッコ「勝てると思うな、小僧!」
カミーユ「許せないんだ、オレの命に代えても、身体に代えても、こいつだけは!」
シロッコ「こいつ…何だ?」
カミーユ「わかるはずだ、こういう奴は生かしておいちゃいけないって!わかるはずだ、みんな!みんなにはわかるはずだ!う!?」
エマ「(あせり過ぎよ、だからいけないの。)」
ライラ「(パワーがダンチなんだよ。そん時はどうすればいい?)」
カミーユ「オレの身体を、みんなに貸すぞ!」
エマ「(それでいい、カミーユ!)」
カツ「(現実の世界では、生き死ににこだわるから、ひとつの事にこだわるんだ。)」
サラ「(だめよ!)」
カミーユ「まだそんなことを言う!」
レコア「(サラ、おどき!)」
ロザミア「(そう、子供にはわからないんだから!)」
フォウ「(今はカミーユに任せるの!)」
サラ「(嫌です、パプティマス様は!)」
カミーユ「今日という時には、いてはならない男だ!わかってくれ、サラ!」
サラ「(だめです!パプティマス様は、私の!)」
カツ「(何でそう、頭だけで考えて。そんなんじゃ、疲れるばかりじゃないか、サラ。)」
サラ「(だって、そうしないと、あたし…。)」
カツ「(カミーユが見ているものを、見てご覧よ。あの中にいる人だって、すぐこうして溶け合えるんだ。)」
サラ「(ほんと?)」
カツ「(ああ。)」
シロッコ「ゼ、Zが…。どうしたんだ!?私の知らない武器が内蔵されているのか?」
カミーユ「わかるまい、戦争を遊びにしているシロッコには。この、オレの身体を通して出る力が」
シロッコ「身体を通して出る力…そんなものが、モビルスーツを倒せるものか!」
カミーユ「何!?」
フォウ「(カミーユはその力を表現してくれるマシーンに乗っている。)」
ロザミア「(Zガンダムにね。) シロッコ「女の声!?」
カミーユ「まだ、抵抗するのなら!うぉぉぉぉぉ!」
シロッコジ・O、動け!ジ・O、なぜ動かん!うっ!うぉ!うぉぉ!」
カミーユ「ここからいなくなれ!」
シロッコ「私だけが、死ぬ訳がない。貴様の心も一緒に連れて行く、カミーユ・ビダン…」
カミーユシロッコ…。やったのか?う、あ、光が…広がっていく!?」

カミーユが過去に出会ったたくさんの人達が魂となって出てきました。
ライラまで出てきたのは意外でしたね。カミーユを認めていたのでしょうか。 サラは魂になってまでシロッコに付きそうになっていたのをカツに説得されました。 レコアはシロッコが好きだったのに、結局カミーユ側についたのでしょうか。 この魂が力になるというなら、圧倒的にシロッコが不利ですね。
ウェーブライダーの先でジ・オと押しながら、コクピットを貫きジュピトリスに突き刺しました。

ファ「カミーユ!?カミーユ、生きてるんでしょ?カミーユ、返事をして!カミーユ!」
 
カミーユ「あ?大きな星が点いたり消えたりしている…。あはははは…大きい!彗星かなぁ?いや、違う、違うな。彗星はもっとバァーって動くもんな!」
カミーユ「あ…。あぁ…」
カミーユ「暑苦しいな、ここ。ふぅ。出られないのかな?おーい、出してくださいよ、ねぇ!」
ファ「あぁ…。艦長、ブライト艦長カミーユ・ビダンが…。聞こえますか、アーガマ?そう、お前もアーガマに帰りたいのね?」

シロッコから精神攻撃で、精神崩壊を起こしてしまった、カミーユ。こういう状態になってしまったのもニュータイプならではというところでしょうか。
結局、エゥーゴの主要メンバーで心身ともに無事にアーガマに帰ってきたのは、ファだけということになりました。
想像以上の戦死者が出た激戦でした。