読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第48話 『ロザミアの中で』グリプスのコロニーレーザーでアクシズの軌道を変える話

サエグサ「核を大量にぶつければ、コースを変える事もできますが」
ブライト「それはできないな。もう月面に近づき過ぎている」
クワトロ「コロニーレーザーなら消滅できるだろう?」
サエグサ「そうなんですがねぇ、ミノフスキー粒子が濃いみたいで、連絡がつかんのです」
クワトロ「ラーディッシュと、か?」
サエグサ「えぇ。この船のレーザー、弱いですからねぇ。アクシズの通信施設を使ってグリプスに連絡を取れれば…」
ブライト「よし、トーレスにやらせよう」
サエグサ「その間にあれもやりましょう」
ブライト「手持ちの爆薬を使うのか。やらないよりはマシだろうな」
カミーユ「どうするんです?」
ブライト「休んでいろと言っただろ、カミーユ
カミーユ「もし、このままアクシズグラナダに落ちたら、僕の責任です。僕がハマーンを殺せなかったから」
クワトロ「ハマーンが死んでもアクシズは落ちていた。気にするな。キュベレイを動けないようにしただけでも、カミーユは十分やった」
カミーユ「でも、モビルスーツは直せます。ハマーンは、倒せば…直せないんだ。」
ブライト「カミーユ、いつからそんな苦労性になった?」
カミーユ「苦労してますからね」
ブライト「アクシズの方は任せておけ。カミーユは少し休んでいろ。いつモビルスーツ戦になるかもしれないんだからな」
カミーユ「はい」
クワトロ「カミーユ・ビダンか…。いい方向に変わっているようだが…」

ダンの門と衝突したアクシズが今度は月面に向かっているようです。
それをなんとかしようとエゥーゴが動こうとしています。
コロニーレーザーでなんとかしようというクワトロ。 アクシズは、核やレーザーでないとコースを変えられないくらい巨大な隕石ということですね。 グリプスにはラーディッシュがついているようです。

ゲーツ「ロザミア、聞こえてるか?」
ロザミア「えぇ、お兄ちゃん」
ゲーツ「よーし、いい子だ。息を2回吸って一度で吐く。そうだ、ゆっくりだ。落ち着いてるな、ロザミア」
ロザミア「えぇ、お兄ちゃん」
ローレン「よし、ロザミア、アクシズへ。キャパはどこまでロザミアを感じられるか、そのまま待機だ」
バスクヤザン大尉もモビルスーツデッキで待機だ。ロザミアはいいのだな?」
ローレン「はっ!ロザミアにはゲーツ・キャパを兄と思わせることで安定しました」
ゲーツ「アクシズへ行けば、そこにはアーガマがいる。Zもだ。Zはお前の倒すべき敵だ」
ロザミア「うん、わかった、お兄ちゃん」
ゲーツ「さあ、ゆけ!」

サイコガンダムマークツーで登場したロザミア。
最初にギャプランで登場した時と比べると、もうロザミア自身がロボットのようになっています。強化されすぎたのでしょうか。
こんな危険なモビルスーツになぜ、ティターンズは、不安定な強化人間を載せるのか、下手をすると自軍を攻撃しかねないのに。

トーレス「ここは居住区だ。ここにもエアーがあるぞ」
アンナ「空気は濁ってないわね。最後まで人がいたのね」
トーレス「電気も生きたままだし、地図とも符合する。通信施設があるのは、あれか、それか」
ファ「はぁ!なに?なに、これ!?」
アンナ「きっと、アーガマが爆薬を仕掛けたのよ」
トーレス「気休めだな」
アンナ「急がないと」
トーレス「あぁ。二手に分かれよう。なにかあったらすぐ連絡だ」
アンナ「はい。行きましょう、ファ」
ファ「はい」

グリプスと連絡を取るためにアクシズの中の通信施設を探す、トーレス、アンナ、ファとその他。

ロザミア「どうしたんだ…?Zのパイロットを追いかけて…。それから、うっ!うぅぅぅ。どこだ、どこへ行った!はっ!」
ファ「あ…ロザミィ!」
ロザミア「はっ、なぜ私の名を知ってる!」
ファ「あなた、ロザミィならどうしてここへ来たの?」
ロザミア「なぜ、私の名前を知っているのだ!」
ファ「あたし、ファなのよ、ロザミィ」
ロザミア「何で、お前がファなのだ?」
カミーユ「…マネキンか。ん?フォウ…」
ファ「は?」
カミーユ「フォウ!はっ…ロザミィ!」
ロザミア「うぅぅ」
ファ「覚えていないの?あなたとあたしは知り合いだったのよ。アーガマにもしばらく一緒にいた」
ロザミア「それを捨てろ!」
ファ「何を怖がってるの?これはただのヨーヨーよ。こんなオモチャも覚えていないの?ほら。かわいそうね、戦争の仕方しか教えてもらえない強化人間なんて。何になるの?ニュータイプだってそうよ。そんなの始めっからないのに、そのおかげで戦争が起こって、ここで暮らしていた人達も、また戦争へ出て行ってしまったわ。家族と暮らしたことのないあなたにはわからないでしょうけど」
ロザミア「家族はいた。父と母と、お兄ちゃんと…」
ファ「そのあなたの記憶は偽物なのよ」
ロザミア「違う、あたしにはお兄ちゃんがいる!」
カミーユ「ロザミィ、一緒にボートで遊んだこと、覚えていないのか?」
ロザミア「お前はお兄ちゃんとは違う。あたしはロザミアだ。ロザミィじゃない。あ、うぅぅ」
カミーユ「ロザミィ!」
ロザミア「いやぁ!」

カミーユとファとロザミアがアクシズの居住区で出会った時の会話。
カミーユはロザミアのことがずっとフォウに見えていました。
フォウの時のようにロザミアが助けを求めていると感じたのでしょうか。
ファが言っていることは正しい気もしますね。

ゲーツ「シロッコモビルスーツ隊なぞ、ドゴス・ギアには近づけさせんよ!」

バウンド・ドックのゲーツとパラス・アテネのレコアが戦っている時のセリフ。
完全にティターンズで内部分裂して、シロッコ派対バスク派になっています。

カミーユ「ロザミィ、か、かわいそうだが、ちょ、直撃させる!」

再びサイコガンダムマークツーに乗り、ビームを乱射させてアーガマを落とそうする。
それを見たカミーユが仕方なく、サイコガンダムマークツーを撃墜する。

ローレン「ゲーツ・キャパの様子がおかしい。ロザミアに何かあったのか…」
バスク「正面、シロッコモビルスーツ隊が!うわぁぁ!

ロザミアのサイコガンダムマークツーがカミーユZガンダムに撃破されて、苦しむゲーツ・キャパ。
その間に、レコアのパラス・アテネドゴス・ギアのブリッジを撃破し、バスクとローレンは散りました。
この時、ヤザンはちょうど出撃していたので、生き延びました。

シーサー「やった!グリプスのレーザーが、アクシズのコースを変えた!」
ブライト「よくやってくれたな、トーレス
トーレス「僕は通信装置を使ってグリプスに連絡をつけただけですよ」

アクシズのコースを変えるほどのグリプスコロニーレーザーの威力はすごいですね。

ファ「ロザミアさんには言い過ぎたのかしら。あの人には罪がないのにね」
カミーユ「ファは、何も間違ったことなんて言っちゃいないさ。ニュータイプも強化人間も、結局何もできないのさ。そう言ったのはファだろ?」
ファ「でも…」
カミーユ「できることと言ったら、人殺しだけみたいだな」
ファ「カミーユ…」
クワトロ「あまり気にするな」
カミーユ「気にしてなんていませんよ。気にしてたら、ニュータイプなんてやってられないでしょ?」

こうして、ニュータイプや強化人間は、戦争の道具にされていってしまうんですね。