読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第47話 『宇宙の渦』カミーユとハマーンがつながる話

トーレス「おい、Gディフェンサーが動いてるぞ」
シーサー「発進命令はZだけじゃないの?」
トーレス「Gディフェンサーのパイロット、誰だ!」
カツ「ゲート点いてます、出ます」
トーレス「カツか」
カツ「カミーユだけに行かせるものか。サラの仇は、僕が取らなければならないんだ。Gディフェンサー、出ます!」
ブライト「カツか」
トーレス「何だ、メタスも?」
ブライト「ファ!」
ファ「うっ!」
ブライト「…全く」
クワトロ「私が出ようか?」
ブライト「いや、いい。メール・シュトローム作戦の陽動には、ちょうどいい数だ」
エマ「艦長、なぜ3機も?」
ブライト「構うことはない、カミーユがうまくやる」
エマ「そうなんですか?」
クワトロ「そうだな」
ブライト「全艦、グリプス2に向けて全速前進!メールシュトローム作戦、発動だ!カツとファめ、戻って来たら修正してやる」

勝手に出撃するGディフェンサーのパイロットは確認するまでもなくカツですよね。
またまた身勝手な出動。もう定番になってしまいました。

カミーユ「カツ、どうした?」
カツ「ハマーンを殺しに行くんだ」
カミーユ「これは戦争だぞ、カツ」
カツ「あいつのせいでサラは死んだ」
カミーユ「戦いに私情を持ち込むと、お前が破滅するだけだ」
カツ「憎いから、戦えるんだろ」
カミーユ「カツ!」
カツ「カミーユ
カミーユ「言うことを聞かないと、本当に撃つぞ!」
カツ「カミーユ…本気なの?」
カミーユ「当たり前だ!戦場で好きにされて、邪魔されては困る!」
カツ「カミーユ…」
カミーユ「ファ」
ファ「カツを制止するように、カミーユは自分のことを制止できて?」
カミーユ「こんな戦い、ファだってもう嫌だろ?だから、早く終わらせるためには」
カツ「カミーユ1機だけで陽動に出ていいって言うのか?」
カミーユ「だめだ!メールシュトローム作戦の本隊と合流しろ!」
ファ「カツ!」
カツ「カミーユの邪魔はしない。僕がハマーンを陽動してやる。それならいいだろ?」

あまりにもカツが勝手すぎるので、カミーユはカツを撃つ真似までしました。 ファの言う通り、カミーユの場合でも同じように自分を抑えられず出撃するでしょうね。

ハマーン「戦力は圧倒的にこちらの方が上だ。最初の攻撃さえしのげば良い」
グワンバン艦長「はっ!」
ハマーン「隙だらけの布陣を敷いているからつけこまれるのだ。エゥーゴめ、艦隊行動も素早いようだな。ん?な、何だ?鳥肌が立っている。何だというのだ」

ハマーンが鳥肌を立てているのは珍しいですね。近づいてくるカミーユを感じたのでしょうか。

シンタ「わー、もう戦ってんの?」
ブライト「子供はこんなところへ」
シンタ「メールシュトロームって何してんの?」
ブライト「あのな、渦巻きだよ、メールシュトロームって。ほら、敵のコロニーを渦巻きのように取り囲んでいるだろう?これで敵のコロニーを奪うんだ」
クム「だからメールシュトローム作戦か」
ブライト「あぁ」
シンタ「ハサン先生に教えてやろー、飴玉くれるぞ」
ブライト「先生のところから動くなよ!…ったく!ここは託児所か。砲撃、緩めるな!」

戦闘で忙しい中、文句を言いながらも子供たちに作戦の概要を説明してあげるブライト、さすが2児のパパになってからは小さい子どもには優しいですね。

ハマーン「ミネバ様。このような場所に来られるとは。なぜこんなところにお連れした?」
ミネバ「ハマーン、どこに行くつもりだ?」
ハマーン「ミネバ様…」
ミネバ「気持ちが悪いのだ。ザラザラする。どこにも行かないで欲しい」
ハマーン「ミネバ様の察しの良さには驚かされます。確かに今、我が艦はエゥーゴと交戦状態に入っております」
ミネバ「そのことではない。以前グワダンで感じたあの不愉快さを感じるのだ。久しぶりにシャアと会った時に感じた・・・」
ハマーン「あぁ…。(鳥肌が立っている。やはりミネバ様も感じていらっしゃるのか。)心配要りません。アーガマを沈めさえすればエゥーゴは舵を失った船も同然。あとは我がアクシズの意のままです。いざとなればシャアが協力してくれましょう」
ミネバ「シャアか!頼りになる男だ!」
ハマーン「ここは危険です。どうぞお引取りください。いずれ戦果をご報告に参ります」
ミネバ「やはり出撃するのか、ハマーン?」
ハマーン「またお目にかかります」
(省略)
ハマーン「うっ・・・あ…!何だ、この感覚は?さっきと同じ…」
ハマーン「誰かが私を見ている」

ハマーンとミネバが感じているのはやはりカミーユでしょうか。

カミーユハマーン!」
ハマーン「ん?シャアか!?違う!誰だ?ん?」
カミーユハマーン・カーン、お前は戦いの意思を生む源だ!生かしてはおけない!」
ハマーンニュータイプか?」
カミーユ「はっ!ハマーン、お前は人を不幸にする!」
ハマーン「俗物が私に!」
カミーユ「うぅぅ!」
ハマーン「ふふふ。ここまでだろう、俗物?ちっ!」

ハマーンと戦うカミーユ
ジ・Oシロッコようにキュベレイのファンネルを蹴散らすことはできず、Zガンダムのシールドで防いでいました。

ハマーン「ここは…どこだ?」
カミーユ「はぁぁぁ…。誰だ?フォウとも違う。ロザミィでもない。レコアさんか?お袋?まさか。でもずっと以前に出会っていたような、そんな気がする」
ハマーン「シャア?シロッコだと?どういうことだ、これは?」
カミーユ「ん、お袋?オレじゃないか。どうして?どうしてなんだ?うっ!ううぅ!」

ハマーン「うっ!あたしだ。夢?しかし…。うっ!」
カミーユ「同じものを見た」
ハマーン「ただの記憶が」
カミーユ「人はわかり合えるんだ」
ハマーン「わかり合える?そういうことか」
カミーユ「そうだ」
ハマーン「気易いな。Z、私を迷わせたのは貴様か!」
カミーユ「はっ、夢だったのか、今のは。やめろ、ハマーン!」
ハマーン「よくもずけずけと人の中に入る!恥を知れ、俗物!」
カミーユ「やめろ!僕達はわかり合えるかもしれないだろ!ここに来るまで! ハマーン「黙れ!貴様もシャアと同じだ!貴様は確かに優れた資質を持っているらしいが、無礼を許す訳にはいかない!」

ハマーンがシャアの肩に寄りかかっている昔のシーンが出てきました。
若い時は可愛げのあるハマーンだったんですね。
そんなシャアと何かいざこざがあって今に至るのでしょう。
シャアもハマーンの心の中にずけずけと入っていったのでしょうか。

カミーユ「ファ!…ファ。ハマーン・カーン!わかった、お前は生きていてはいけない人間なんだ!」
ハマーン「なに!?」
カミーユ「暗黒の世界に戻れ、ハマーン・カーン!」
ハマーン「このキュベレイをなめてもらっては困る!」
カミーユ「今だ!」
ハマーン「うっ!ば、馬鹿な!」
カミーユ「落ちろ!」
ハマーン「(人はわかり合えるんでしょ?)」
カミーユ「ぐあぁぁぁ!」
ハマーン「Zめ!」

カミーユを助けに来た、カツとファをやられて怒ったカミーユ
さっきまで分かり合えると言っていたのがうそのようです。

シーサー「グリプス2に入った部隊から報告です。残留するアクシズ側の兵士は、全て降服、グリプス2は完全にエゥーゴが制圧した、以上!」
ブライト「あとはアクシズの進路を変えるだけだな」

カミーユハマーンを抑えたということもあってか、エゥーゴグリプス2を制圧しました。
ティターンズグリプス2を作り、ジオンに取られて、エゥーゴが取る。 コロニーレーザーの奪い合いですね。
そんなに簡単に奪えるものなのでしょうか。

カミーユ「僕は、チャンスがあったのにハマーンを殺せませんでした」
クワトロ「気にするな。それは私の役目だったのだろう」
カミーユ「いえ、僕の脆い心がハマーンの強烈な意思に負けたんです。それだけです」
クワトロ「危険だな、カミーユ。それではアムロ・レイの二の舞になる」
カミーユ「そうでしょうか」
クワトロ「アムロは自らの魂を解き放つのに7年もかかった。それは地獄の日々だった」
カミーユ「はい」

ハマーンを倒してしまった方がカミーユの魂が閉ざされそうな気もします。