読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第46話 『シロッコ立つ』シロッコがジャミトフを暗殺する話

人物相関図 機動戦士Zガンダム

レコア「ジャミトフは動くのでしょうか?」
シロッコ「動くよ。私がハマーンと会うと、ジャミトフには言ってあるからな」
サラ「パプティマス様、なぜ私を連れて行ってくださらないのですか?」
シロッコ「お前には、ジュピトリスの護衛を任せたはずだ」
サラ「いえ、ハマーンとの談判など、私にお任せくだされば」
シロッコハマーンは、お前の手に負える相手ではない」
サラ「そのようなおっしゃりを」
シロッコ「サラ。着いて来るだけならば許す」
サラ「ありがとうございます」
レコア「サラ…。サラ!あの方はあなたに無理をさせたくないのよ」
サラ「嘘よ。あなたが、あたしとパプティマス様の間に入って…」
レコア「サラ」
サラ「あたしもエゥーゴにいたのなら、パプティマス様の相談役になれたわ」
レコア「あの方は、あなたも私も同じように扱ってくださっているのよ」
サラ「嘘よ!」
レコア「(あたしをただの女として扱ってくれたのは、シロッコ一人だった。)」
 
シロッコ「どうした?」
ティターンズ兵「ジャミトフ准将からの返答がありました。准将もグワダンに行く、それまで事を起こさぬようにと」
シロッコ「わかった。ふふふ、はっはっは、堪えられずに動くか、ジャミトフ・ハイマンジ・O、出るぞ!」
レコア「パラスアテネ、出ます!」
サラ「ボリノーク・サマーン、出ます!」

シロッコはわざとジャミトフをグワダンに誘い込みました。
何か起こりそうな予感!?
シロッコの乗るモビルスーツジ・O。ファンネルやビットを持たない機体としては最強ではないでしょうか。
ジュピトリスにはビットを搭載した機体ってないですね。木星帰りとしてはあってもいいような気はしますが。

トーレス「緊急発進?Gディフェンサーのカツが?いや、待機の指示は出したが」
ブライト「とめさせろ!子供のやることか!」
カミーユ「どうしたんです?アストナージさん」
トーレス「カツ、止まれ!」
カツ「カツ、出ます!」
カミーユトーレスZガンダムで出る。カツを追いかける」
トーレス「カツはどうしたって言うんだ」
カミーユ「グワダンに連絡して、カツを撃たないように言ってくれ」

またカツの暴走。いったいこれで何度目だろう。

クワトロ「どちらへいらっしゃるのです?」
ミネバ「他の船へ移るのだそうだ」
侍女「ミネバ様」
ミネバ 「私も早くジオンを再興し、一つの場所に落ち着きたい。サイド3はシャングリラのようなところだと聞いているが」
クワトロ「はい」
ミネバ「その時には、シャアにも傍にいて欲しいものだ。お前は私を一番良くわかってくれるような気がする」
クワトロ「ミネバ様…。(ミネバが動く?)ハマーンめ」

シャングリラといえば、次のZZの最初に出てくるコロニーの名前と同じですが、おそらくこのことではないようです。
治安が悪いので、ミネバが行くようなところとも思えないですし・・・。

ZZのシャングリ・ラ
史上初のシリンダー型スペースコロニーとして建造されたが、宇宙世紀0088の時点では経済・行政とも悪化の一途をたどっており、自転速度が遅れていたり、気象コントロールも何ヶ月も放置されている。そのためか治安は悪く、皮肉にもシャングリ・ラ(理想郷)という名前と正反対の環境となっている。

 

アクシズ兵「ハマーン様アーガマからも通信兵の着艦許可の連絡が届いていますが」
ハマーンアーガマから?」
アクシズ兵「はい」
ハマーン「ジャミトフが動くのはわかるが…」
アクシズ兵「拒否いたしますか?」
ハマーン「いや、構わない。が、Zだったら入れるな。あれはいけない。ミネバ様はどうなっている?」
アクシズ兵「ランチで移動中であります」
ハマーン「よし」
アクシズ兵「アーガマからの機種、確認できました。Gディフェンサーです」
ハマーン「よし、着艦許可出せ」

Zガンダムはグワダンに入れたくないというハマーン
カミーユを危険視しているということでしょうか。
結局、Zガンダムも入ることになるのですが。

カミーユ「サラ!サラ、とめてくれ、カツを」
サラ「なぜ来たの?」
カミーユ「サラ!」
サラ「私はこの船のクルーじゃないのよ。止めには行けないわ」
カミーユ「放っておいたら、カツはシロッコハマーンを殺すかもしれないんだぞ!」
アクシズ兵「何だと?」
サラ「嘘よ。カツに殺せる訳がないでしょう?」
アクシズ兵「本当なのか、それ!」
カミーユ「カツが君に何をした?君をただの女の子として扱っただけだろう!」
アクシズ兵「本当なのかと聞いているんだよ!」
サラ「…カツ」

シロッコハマーンを殺しに行こうとしているカツのことを話ているカミーユとサラの会話。
アクシズ兵が何か言っていますが、完全に無視されています。

ハマーン「地球の連邦軍も、そろそろティターンズと手を切りたがっているという話ではないか」
ジャミトフ「冗談ではない。状況はそう簡単に変わるものではない」
ハマーン「まあそれはどうでもいい。私は宇宙の力を手にした。引力に魂を引かれたティターンズなど、恐れるに足らん」
 
ジャミトフ「大した鼻息だな。私に組する最後の機会を、与えてやろうと思ったのだが」
ハマーン「そちらこそ、私に付けば良いものを。お前はどうなのだ、シロッコ?」
シロッコ「地球の引力に魂を引かれた人間が、宇宙の民を率いていけないという君の意見は正しい。しかし私は、ジャミトフ閣下に忠誠を誓っている。この自分の血でな」
 
カミーユ「…ん?殺意だ」

この時、シロッコは胸の懐から銃を取り出し、ハマーンを殺そうとしました。

クワトロ「カツは戻れ。ハマーンシロッコも私が倒す」

カツがアクシズ兵に襲われていたのを助けたクワトロ。
この後、シロッコの肩のを銃で撃つ。
その危険を察知したサラがポリノークサマーンでビームを撃つ。
ハマーンシロッコ、ジャミトフたちが会談していた部屋が粉々になる。 シロッコとジャミトフが二人きりになる。

クワトロの目の前をビームが横切っていきましたがよく生きていましたね。

ジャミトフ「あ、あぁ…。シャアは。シャアはどうした?ハマーンは?」
シロッコ「ここには我々しかいませんよ、ジャミトフ閣下」
ジャミトフ「シロッコ、貴様!」
シロッコ「そういうことだ。すまないな、ジャミトフ」

シロッコはジャミトフを暗殺しました。グワダンに来た時からこの機会を狙っていたのでしょうか。

サラ「はっ!パプティマス様!」
シロッコ「サラか」
サラ「お怪我を?」
シロッコ「かすり傷だ」
サラ「でも」
シロッコ「ジャミトフ閣下がやられた」
サラ「え?」
シロッコ「ゆくぞ!」

シロッコはグワダンの格納庫の底にビームライフルを撃ち穴を開けて出て行きました。
そこからはノーマルスーツを来たジオン兵たちが外へ流される場面も・・・、シロッコは容赦ないですね。

シロッコ「聞こえるか、全ティターンズ艦隊。これはジャミトフ・ハイマン閣下の遺言である。ジャミトフ閣下は、ハマーン・カーンの手によって暗殺された。直ちにグワダンを叩け。これは閣下の弔い合戦である!」

シロッコは、自らが行った暗殺の罪をハマーンになすりつけて、さらに、ジャミトフの代わりにティターンズを掌握しようとするという策略家。

シロッコ「出て来たか、ハマーン。サラ、レコア、来い。狙いはキュベレイ1機だ!」
ハマーンシロッコめ、来るか!」
シロッコ「散開してハマーンを囲め」
サラ、レコア「はっ!」
シロッコ「逃げられはせん!」
ハマーン「このキュベレイ、見くびっては困る」
シロッコ「何だ?」
レコア「もらった、ハマーン!何だ?どこから撃った?」
サラ「うぁ!どこ?」
ハマーン「さすがだな、シロッコ。しかしいつまで避けられる?」
シロッコ「うっ、いい気になるな、ハマーン!…見えた!」
ハマーンシロッコ…。奴がこれほどの男とは…。しかし!」
シロッコ「うぁぁぁ!ぐっ、なんていうプレッシャーだ。だが、あれごときのモビルスーツに!」
カミーユ「何だ?あっちだ。あの方向から、ものすごいプレッシャーが発している」
レコア「どうしたというの?ジ・Oキュベレイも動かない」
サラ「感じないの?パプティマス様は、私達の届かないところで戦っているわ。今のうちにハマーンを、キュベレイを叩くのよ」

キュベレイのビット攻撃を交わすどころか、ビットをビームライフルで撃ち落とすシロッコのジ・O。彼は完全にニュータイプです。
ビットを落とすなんて、初代ガンダムアムロエルメスのビットを落とした時以来ですね。

カツ「死ね、シロッコ!」
サラ「カツ、だめ!」
カツ「サラ…そんな…」
シロッコ「サラ!」
ハマーン「なに?」
サラ「カツ、逃げて…早く!ここは…!うわぁぁぁ!」
カツ「あ…」
シロッコ「貴様か、サラを惑わせたのは!…サラ!?」
サラ「(カツは、私に優しくしてくれた。だから、逃げて。早く。)」
シロッコ「サラが許しても私は許さん!レコア!?」
カミーユ「レコアさん、なぜカツを助けた!」
レコア「違う、私は!」
カミーユ「レコアさんは勝手だよ!」
エマ「カミーユ、カツ、大丈夫なの?」
シロッコ「なに!?百式?シャアめ生きていたか。レコア、帰艦するぞ。その右腕では戦えまい」
レコア「しかし」
シロッコ「お前まで失う訳にはいかんのだ」
レコア「は、はい!」

ハマーンと対峙しているシロッコを倒そうとGディフェンサーのビームライフルで撃ったカツ。
そのビームがシロッコをかばったサラのポリノークサマーンのコクピットに直撃して、サラが死にました。

それでも魂になってまでサラはカツを守ろうとするし、レコアもカツを攻撃しようと見せかけてシロッコに攻撃をさせないようにするし、 シロッコは土壇場で、連れていた2人の女性に裏切られたような形です。 カツはみんなに助けられて幸せものですね。

何より驚いたのはクワトロが生きて百式で脱出してきたこと。彼はいったい何度死にかけていることか。