読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第45話 『天から来るもの』ゼダンの門にアクシズをぶつける話

ブライト「作戦のツボは、ゼダンの門にアクシズが衝突するまでティターンズ艦隊をゼダンに釘付けにすればいい」
アポリー「モグラ叩きの要領ですね」
ブライト「ふん、いい事を言うな」

ハマーンは、ゼダンの門(旧ア・バオア・クー)にアクシズをぶつけるようですね。 それまでティターンズが逃げないように、エゥーゴが食い止めておくと言ったところでしょうか。

カミーユ「やっぱりここか。ミーティングにも出ないで、サラを見ていたのか?」
ファ「エマ中尉、カンカンよ」
カミーユ「カツ、来い、出撃だ」
カツ「離せよ!うっ…!カミーユ
カミーユ「周りの状況をもっとよく見つめるんだ。それができないとは言わせないぞ」
カツ「こんな気持ちのままで、戦えって言うんですか?カミーユだって僕の気持ちはわかるでしょ?」
カミーユ「サラのことは考えるな!戦いに集中できなければ、死ぬのはお前なんだぞ!」
カツ「わかってますよ、そのぐらい!」
ファ「カツ?」
カツ「戦いますよ、僕はパイロットなんだ!」

監視室で、ずっとサラの部屋を見ていたカツ。
カツはまだサラのことが好きなようですね。

レコア「こうも簡単に後ろを取らせるなんて。ここなら直撃しても…」
カミーユ「は…。何?何をする、やめろ!」
レコア「え?」
サラ「はぁ!直撃を受けた?」
レコア「今の声…カミーユ?」

レコアの言うとおり簡単にアーガマは後ろを取られてしまいました。
これがレコアでなければ、容赦なくアーガマは落とされていましたね。

ファ「なんて速さ!えっ?後ろ?」
レコア「強くなったわね、ファ」
ファ「え?レコアさん…」
カミーユ「ファ、深追いするな!」
ファ「レコア少尉、なぜですか?」
レコア「ファ、離しなさい!はぁっ!」
ファ「はぁっ!レ…コア…さん?」
レコア「元気そうね、ファ」
 
ファ「なぜ裏切ったんですか、レコアさん?」
レコア「やはり、そういう風にしか見えなくて?」
ファ「当たり前でしょう!」
レコア「私は元々主義者ではないわ。私は戦争で無くしてしまった私の感情の行き所を探して、生きていたの」
ファ「そんな人があたしを哀れんで撃墜しなかったんですか?感情的にもならず」
レコア「今のあたしは女として、とても充足しているの。安定しているのよ。でも時々昔の事も思い出すから」
ファ「それは勝手です!あたしにもカミーユにもショックでした。カミーユは苦しんでいます」
レコア「そうね。カミーユは男だもんね」
ファ「関係ないでしょう!」
レコア「世の中には、男と女しかいないのよ。それは思想とか信念とか別のものよ。アーガマの男達は自分の事しか考えていなかったわ」
ファ「クワトロ大尉の事なんですか?」

最期までレコアのことを心配していたファをレコアは射てませんでした。 まだどこかで昔の事を思い出すのでしょうか。

サラ「うっ、敵?」
カツ「サラ、なんでまた僕の前へ出てきたんだ」
サラ「カツなの?」
カツ「そんなにシロッコのところに戻りたいのか?」
サラ「そうよ!だから邪魔しないで!あたしはあなたよりも先にシロッコに出会ったのよ」
カツ「そんなことが理由になるものか!」
サラ「そう、そうなの、わかったわ。さあ、早く撃ちなさい!今なら撃たせてあげるわ」
カツ「う、やめてくれサラ。会いたいんだ、会って話がしたいんだよ」
サラ「そんな…。たとえそう思っていても、それをいうのは男じゃないわ!だからあなたのこと全部好きになれないの!」
カツ「サラ…」
エマ「カツ!撃ちなさい!」
カツ「中尉が出てくることないでしょ!」
エマ「カツ!」
カツ「悪いのはシロッコです。サラじゃないんだ」
サラ「カツ、あなたの好意は涙が出るぐらい嬉しいわ。でも遅いのよ」
カツ「サラ!」
エマ「逃がすか!」
カツ「サラ!僕には撃てない…撃てないよ」

レコアによるアーガマへの攻撃に乗じて、サラはポリノークサマーンに乗り、またアーガマを抜け出すことに成功しました。

サラがシロッコよりもさきにカツと出会っていたとしても、結局シロッコに惹かれていったでしょうね。

ジェリド「邪魔するな!」
アポリー「よせー!だぁぁぁぁ!」
カミーユ「うぁぁぁぁぁ!アポリー中尉!貴様、貴様、貴様!」

アポリーのリックディアスがジェリドのバイアランのビームによって撃破されてしまいました。
古株のパイロットの死に周りのパイロットがみんな驚いていました。
アポリーはロベルトやバッチの元へ行けたのでしょうか。

バスク「ゼダンの門の破片に当たって沈む馬鹿がいるか!」

アクシズがゼダンの門にぶつかった衝撃で大きい破片が飛び散り、たくさんのティターンズの艦隊が沈みました。 そしてティターンズはゼダンの門を失ってしまいました。

アクシズの中には核パルスエンジンもあるでしょうし、ハマーンアクシズを捨てたわけではなさそうですね。