※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第44話 『ゼダンの門』サラが再びカツを誘惑する話

ブライト「ハマーンから連絡はないのか?」
クワトロ「もうゼダンの門に着く頃だ」
カツ「ハマーンからの連絡って?どういう事なんです?」
ブライト「あ…。カツには関係ない」
カツ「こないだ、ハマーンに頭を下げたのは、大尉と艦長でしょ?あんな屈辱を重ねて、今のハマーンを認め、許すんですか!」
カミーユ「よせよ、カツ」
カツ「えぇっ!だから僕は嫌だったんだ、ザビ家なんかと手を結ぶのは!」
クワトロ「まだハマーンが裏切った訳ではない」
カツ「今度は、こっちがやられるかもしれないんでしょ?」
ブライト「そうかもしれん。しかし今はハマーンを信じるしかないな」
カツ「いつもそうだ!」
クワトロ「カツ」
カツ「あなた達大人の詭弁は、聞き飽きました」

前回、自習室に入れられたのに、まだ懲りていないカツ。
ここでカツが怒ったところで何も変わらないというのに。
エゥーゴでは、ティターンズと違って、上官に物申すシーンが多いですね。

シロッコ「よく来た、サラ」
サラ「あれは…グワダン!」
シロッコ「そうだ。グワダンがゼダンの門の空域へ入る。ティターンズに変わらぬ有効を示すためにな。ふっふっふっふっふ」
サラ「しかし!」
シロッコ「無論、私はハマーン・カーンなど信じてはいない。レコアもそう思っている。サラをここへ呼んだのはそのためだ」
サラ「ゼダンの門へいらっしゃるのですか?」
シロッコ「あぁ。私とレコアとでな」
サラ「えっ?私も、私もお供致します!」
シロッコ「いや、ゼダンの門は、私達だけで十分だ。アーガマも近付いている。サラには後方の索敵を頼みたい。いいな?」
サラ「はい」
シロッコ「信頼している人間にしか、別行動は取らせん。わかってくれ」
サラ「ご命令ならば…従います」
 
サラ「サラ・ザビアロフ、出ます!」
サラ「パプティマス様は、あてつけておられる…。私をもっと必死にさせるために」

サラはシロッコと行動を共にできず、レコアにその立場をとられて不満のようです。
わざとそうさせているようですが、これがシロッコの女性の扱い方ですね。

ブライト「カツを実戦に投入しろと言うのか?」
カミーユ「はい、大きな仕事を与えてやれば、少しは違ってくるんじゃないかと」
ブライト「わかった。考えておこう」

実践に投入されれば、イライラしているカツが変わるのではないかというカミーユの期待。
裏目に出なければいいのですが・・・。

カミーユ「おびき寄せようと言うのか…。奥に逃げたのか。エアロックになっている…。空気があるっていうのか」
サラ「(早く来い、カミーユ。)はっ!逃げる気か?はっ!」
カミーユ「えぇい!」
サラ「放せ、カミーユ!」
カミーユど「うしてそんなにムキになる?」
サラ「パプティマス様のためよ!」
カミーユ「えぇい!えぇ!サラは、もういくらだってヤツのために働いてるじゃないか!」
サラ「ぐっ!」
カミーユ「サラを大事にしてるんなら、こんな危険な事させる訳がないだろう!」
サラ「違う!あたしはレコアよりも期待を掛けられているのよ!」
カミーユ「レコア?」
サラ「そうよ!レコアなんてあたしにとってはただのあてつけなんだから!」
カミーユ「やめろ!サラ、目を覚ませ!ヤツに正義なんかないんだ。サラはそれに気が付いてないんだ」
サラ「ふっ、わかってないのはカミーユよ」
カミーユ「うっ…」
サラ「パプティマス様は、人類の新しい世界を切り開く方だわ」
カミーユ「利用され、殺されてもか!」
サラ「あの方の理想のためだったら死んでもいい」
カミーユ「バカ!死んだら…死んだらお終いじゃないか!死んだら…」
サラ「カミーユ…」

Zガンダムとポリノークサマーンを降りたカミーユとサラは、漂流している隕石の基地に入る。 エアロックが有り空気があると知ったカミーユは、通路でノーマルスーツだけをバーニアを吹かせて進ませる。
それに騙されて追っていたサラを後ろからカミーユが捕まえる。
こんな作戦を思い付くとはカミーユは賢いです。

サラは強化されているというよりは、シロッコにいいように扱われているだけのように見えます。

ハマーン「先日は不手際があり、大変遺憾に思っております。グリプス2の件は、私の部下…」
ジャミトフ「前置きはいらん。そちらは何を望んでいるのだ?理由によってはグワダンを破壊するかもしれん」
ハマーン「さてどうですか。そうなればアクシズがゼダンの門を沈めましょう」
ジャミト「フ、アクシズが?」
ハマーン「はい」
ジャミトフ「要求は何だ?」
ハマーン「ザビ家の復興を」
ジャミトフ「ザビ家の復興は既に約束しているはず。血判でも欲しいのか?」
ハマーン「血判?ふふ、ふふはは…。紙の上に血を置いたものなど、何の証明になりましょう」
ジャミトフ「うん?」
ジェリド「ん?」
ハマーン「私の欲しいのはあなたの命だ」
ジェリド「ぐっ!殺すな、捕まえろ!」
ハマーン「これには青酸ガスが詰まっている。少し強く押せば噴き出す。この部屋にいる人間を殺すには十分過ぎる量だ」
ジェリド「えぇい、貴様…」
ハマーン「これで決まったな。ゼダンの門にはアクシズをぶつける!」
ジェリド「そうそう好きにはさせん!うっ!」
ハマーン「残念だが手筈通りに進んでいるようなのでな」

ハマーンにはジャミトフと交渉する余地があったのでしょうか?
最初からジャミトフを殺すつもりだったのように見えますね。
イヤリング型の入れ物に青酸ガスを仕込んでいるというハマーン、駆け引きが上手いですね。
青酸ガスはハッタリかと思っていたら、その後イヤリングを爆発させていました。
ジャミトフとジェリドはなんとか逃げ切っていましたが。

サマーン「カツ、いいな、次だぞ」
カツ「できない…出撃できない!」
サマーン「何言ってるんだよ?待機してたろ!」
カツ「ジオンのためなんかに出撃できない!」
ブライト「どうした?」
サマーン「カツの様子がおかしいんです」
ブライト「何ぃ?」

待機しておいて、直前で出撃できないと駄々をこねるカツ。
もうカツは放っておいていいと思う。

トーレス「キャプテン、カミーユから応答がありました」
ブライト「何?」
トーレス「無事だったのか?」
カミーユ「当たり前だ!今から帰艦する」
トーレス「待て、直接グワダンの援護に回れ」
カミーユ「グワダン?」
サラ「ハマーンめ、パプティマス様の睨んだ通りだ」
カツ「はっ!今の声は…」
カミーユ「ラジャー」
サラ「ハマーンを助けたというのは本当なのか?いつかはエゥーゴもあの女に裏切られるぞ」
カミーユ「毒を制するには、毒をもってと言うだろ」
カツ「サラ…!間違いない!どうして…?」
トーレス「誰だ、今の声は!」
カツ「トーレスさん、出ます!」
トーレス「えぇ?大丈夫なのか、カツ?」
カツ「大丈夫です」
トーレス「わかった、頼むぞ」
カツ「何でカミーユが…。メタス、出ます!」

出撃できないと言っていたカツが、Zガンダムカミーユとサラが一緒にいることを知った途端に出撃すると言い出す。
もう勝手が過ぎるカツを誰にも止められない。

グワダン・オペレーター「ダミーを爆破しながらモビルスーツが来ます」
ハマーンガザCで応戦しろ」
グワダン・オペレーター「前方からビームです」
ハマーン「構わん。そうそう当たるものではない」

ジェリドのバイアランがグワダンを追撃する時の会話。
ハマーンの口調がシャアに似ています。「そうそう当たるものではない!」

サラ「うっ!」
カミーユ「何をする!」
サラ「パプティマス様の邪魔はさせない!」
カミーユ「えっ、あっ!」
ジェリド「死ね、カミーユ!」
カミーユ「うあぁぁ!」
カミーユ「一緒に死にたいのか!」
サラ「パプティマス様のためならば構わない!」
カツ「サラ!どこにいるんだ、サラ!カミーユ、答えて!」
サラ「カツ!」
カミーユ「来た!」
ジェリド「なぜ逃げる、カミーユ?」
カミーユ「まだわからないのか、離せサラ!」
サラ「カツ、カツ!」
カツ「サラ、いるのか?」
カミーユ「カツ、やめろ!戦闘中だぞ!」
サラ「カツ、お願いカツ、こんな戦いはやめて。ハマーンのために戦うなんて」
カミーユ「よせ、サラ!これ以上カツを利用するな!」
サラ「グワダンを沈めるのよ、カツ。聞いてる?」
カミーユ「そんなにシロッコに抱かれたいのか!ぐっ!ん?うっ…」
ジェリド「もらった!…何?」
カツ「うおぉぉぉ!」
ジェリド「ちっ、バーニヤをやられた。えぇい、これまでか」
カミーユ「敵が引いて行く…。諦めたのか?もういい、カツ、終わったんだ」
カツ「あ…。はぁ…はぁ…。カミーユ、サラは?サラは無事なんですか?」
カミーユ「あぁ、気を失ってるだけだ。

サラがZガンダムコクピットの中からカツを誘惑したりして邪魔をしたので、
カミーユはヘルメットごとサラの頭をコクピットの壁に叩きつけて気絶させました。
いったいどれだけの衝撃を与えたのか・・・。

ジオンが嫌いなカツもさすがに、サラの言うとおりにグワダンを沈めることはしませんでした。
カミーユZガンダムと戦っていた、ジェリドのバイアランのバーニアを破壊し、カミーユを助けました。

サラ「カツ、強くなったのね。前とは人が変わったみたい」
カツ「君のおかげだよ、サラ」
サラ「え?」
カツ「人間不信に陥れば、用心深くなるさ」
サラ「強くなるのはいい事よ。それが好きな人のためなら」
カツ「そうだな。君もそうやって強くなったんだね、シロッコのために」
カミーユ「カツ…」
ファ「放っておいてやってよ。何であの人を連れて来たの?こうなるのわかっていたでしょ?」
カミーユ「僕には、まだ人殺しはできそうにない。それに、人殺しが一番いい方法とも思えないだろう」

アーガマで再び捕虜になったサラと再会したカツ。会話では、サラのことを好きだったと本人に言っているようにも聞こえる。

「人殺しはできそうにない」と言っているカミーユアーガマの中で一番人を殺しているのはカミーユだと思う。