※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第35話 『キリマンジャロの嵐』カミーユが地球に落ちてフォウに再会する話

ブライト「補給は済んだが、これでキリマンジャロとはな」
クワトロ「カラバとの共同作戦だ。地球の作戦に時間を合わせる以外にはない」
ブライト「やるしかない、か。ま、しかし、ウォン・リーさんがいないだけ…」
クワトロ「楽かな?」
ブライト「そう」

ブライトとクワトロは、ウォンさんがいた時は相当やりにくかったようです。
ラビアンローズの中にウォンさんの姿があったので、いつの間にかアーガマを降りているようです。

クワトロ「これがアーガマの進入コースだ。カラバのキリマンジャロ攻撃に、アーガマは周回コース上から援護をする。場合によってはモビルスーツ隊は、いつでも飛び出せるようにしておくが…」
カミーユ「また地球か。フォウ・ムラサメのいた…」
クワトロ「モビルスーツ隊は出動しない予定だ」
カミーユ「降りないんですか?」
クワトロ「聞いていなかったのか?」
カミーユ「聞いていました。カラバのメンバーを見殺しにするのかと聞いているのです」
クワトロ「主旨は説明をした」
カミーユ「大尉は、怖気づいたんじゃないんですか?」
アポリー「カミーユ、やめろ!」
カミーユ「そんな事だから、レコア少尉が死んで…」
ファ「あなたは何も聞いてなかったのよ!キリマンジャロティターンズの基地よ。簡単に制圧できるだけのモビルスーツアーガマにはないわ」
カミーユ「あぁ…」
クワトロ「君が腹を立てているのもわかるが、カラバもモビルスーツ隊を出す。アーガマキリマンジャロの目を宇宙に向けさせる…カミーユ君!」
カミーユ「わかりました。作戦には従います!」
クワトロ「済まない。各員、モビルスーツデッキで待機だ」
カミーユ「(オレは、地球に降りたがっている…。クワトロ大尉の事なんか、責められる身分じゃないんだ。)」

アーガマモビルスーツ隊は地球に降下する予定はなかったんですね。
周回軌道からの援護攻撃って地上に届くんですね。

トーレス「よう、カミーユ。もし地球に降りたら土産頼む」
カミーユ「降りるつもりはない。今回は周回軌道上の援護だけだ」

Zガンダムが大気圏を突入する能力を知っていてのトーレスの発言ですね。
それを見越して、またホンコン土産のようなものを期待しています。

トーレス百式が落ちて行きます!カミーユが追っています!」
ブライト「聞こえるか、カミーユ?」
カミーユ百式が、コントロール不能です。引力に引かれています!」
ブライト「カラバと合流しろ。聞こえているな?対空砲火、敵モビルスーツを防御しろ!」
クワトロ「えぇい、打ち所が悪いとこんなものか!えぇい!意外と早いものだな」
カミーユ「あれか!」
クワトロ「おぉ!」
カミーユショックウェーブの外に、はずれないように」
クワトロ「了解」
カミーユ「このまま、キリマンジャロに向かいます」
クワトロ「カミーユ、よくやる!」
カミーユ「来た、キリマンジャロだ」

クワトロは百式で大気圏に突入したら燃え尽きてしまうということを知っていたのでしょう。
本気で最期だと思っていたのでしょうね。
この時、モビルスーツ単機で大気圏突入ができたのは、Zガンダムくらいだったのではないでしょうか。

クワトロ「何だ?こ、これは!」
カミーユ「え?…サイコガンダム!」
クワトロ「サイコガンダム?」
カミーユ(「フォウが生きていたのか…。フォウが…。いや、フォウはあそこじゃない。何だ、このサイコガンダムは?以前のサイコガンダムとは違う。あそこにはいない。全く別部隊か。)

フォウがコクピットにいなくて、サイコ・ガンダムを遠隔操作していることをカミーユはなんとなくわかっているようです。

クワトロ「ジャミトフめ!ジャミトフ!」
カミーユ「(ジャミトフ…、こいつがブレックス准将を殺した…。)」
ジャミトフ「君が来ているとは思いも寄らなかったよ、シャア。いや、クワトロ大尉」
クワトロ「不運だったな」
ジャミトフ「そうかな?」
カミーユ「は?あぁっ!うぅ!ロックしたな?」
ジャミトフ「赤い彗星も地に堕ちたな!こんな所で死ぬとは…。私は君を買いかぶっていたようだ」

まさか、こんなところでクワトロとジャミトフ、エゥーゴティターンズのトップ同士が鉢合わせするなんて思ってもみなかったでしょうね。 おかげで、この後、カミーユはフォウと再会することができました。

カミーユ「フォウ…フォウじゃないか!フォウ!」
フォウ「わかっている」
カミーユ「え?」
フォウコ「クピットでのテストは楽だ」
カミーユ「フォウ、僕だ、カミーユ・ビダンだ」
クワトロ「カミーユ!」
カミーユ「フォウ!」
 
カミーユ「フォウ、聞こえないのか!僕だよ、フォウ!」
フォウ「わかっている、戦いに出なければならないのだろう?」
クワトロ「やめろ、聞こえていない!」
カミーユ「思い出させますよ!」
クワトロ「カミーユ、どけ!」
カミーユ「大尉」
クワトロ「えぇい、彼女に近付いてはならんのだ。強化人間だというのはわかっているだろう!」
カミーユ「だからって、何だってんです?」
クワトロ「その女に取り憑かれるぞ!」
カミーユ「戦う前に話し合おう、フォウ!大尉!」
クワトロ「ぬあぁ」
カミーユ「フォウは、今は何もわかってないんです。わからせてやればいいんですよ。強化人間なら外的な条件付けで戦闘を強要されているだけなんだ。治してあげれば済むんです!性急に殺すことなんてないでしょう?」
クワトロ「お前…」
カミーユ「フォウ!」

クワトロは過去に強化人間に取り憑かれるような経験があったのでしょうか?
もしかして初代ガンダムララァのことを言っているのか。

アムロ「宇宙から降りてきたモビルスーツから、連絡は?」
アウドムラ・オペレーター「まだ、ありません」
アムロ「やはり撃墜されたのか…?ん?あれは、サイコガンダム!させるか!あれは、カミーユとシャア!」
カミーユ「フォウ、サイコガンダムを降りるんだ!」
フォウ「ほら見ろ、やっぱり敵のモビルスーツが来たじゃないか。はあぁぁっ!」
カミーユ「止まれ、フォウ!わかるか、僕だ!」
フォウ「うぅぅっ!やっぱりお前か!お前のせいであたしは苦しむんじゃないか!」
クワトロ「下がれ、カミーユ!」
フォウ「殺してやる!」
アムロ「離れるんだ、サイコガンダムは危険だ!」
クワトロ「アムロ?」
アムロ「退くぞ!」
カミーユ「フォウ!」
アムロ「あなたまで来るとはな」
クワトロ「カミーユならいいのか?」
アムロ「なぜすぐにあの二人を止めなかった?」
クワトロ「あの、フォウという娘のことか?」
アムロ「あなたにはわかっているはずだ…。もう一度同じ事を繰り返させるつもりなのか…?」

アムロがクワトロに対して、わかっているはずだと言っているので、やはりはこれはララァの時と同じ状況だと言いたいのか。