読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第32話 『謎のモビルスーツ』ハマーンが登場する話

クワトロ「おっしゃる事はわかるが…」
ウォン「なら、このまま直進したまえ」
クワトロ「アーガマが傷ついたままで?」
ウォン「クワトロ大尉もアーガマを月に戻すというのか?」
クワトロ「そうだ」
ウォン「ならば話し合う必要はない」
ブライト「ウォンさん!」
ウォン「私の意見は、メラニ・ヒュー・カーバイン会長の意見だ。それを聞けんというのなら、私にも考えがある」
ブライト「ふっ」
クワトロ「ここで月へ戻ると、ティターンズアクシズが接触をする」
ブライト「わかっている」
クワトロ「ウォンさんの言う通り、行くしかないだろう」
ブライト「アクシズは、ジオンの残党が作った宇宙要塞だと言ったな?」
クワトロ「あぁ。それがティターンズにつくのか、エゥーゴにつくのか、私にもわからん。私がアクシズから離れて、だいぶ経つ」
ブライト「アクシズってどの程度の規模なんだ…」

クワトロは地球圏への偵察を名目にアクシズから離れる事になったようです。

ウォン「この二人か、クワトロ大尉が地球から連れて来た子供は?」
ファ「はい」
ウォン「ふっ、物好きな。お、欲しいのか?」
シンタ「いらない」
ウォン「子供はもっと素直でなければいかん。ほら、受け取らんか」
ファう「ふふ、いただきなさい」
シンタ、クム「わーい、ありがとう、おじさん!」
クム「ふふふ!あはははは!」
ファ「すみません、ウォンさん」

自販機でウォンさんが飲み物を買っている時に、シンタとクムにも飲み物をあげた時の会話。
ボタンを押しただけで飲み物が出てきているがどういう仕組みになっているのだろう?

意外とウォンさんは子供に優しいようです。

カミーユ「何かおかしいですね、レコアさん。僕、いつも傍にいるからわからないんですけど、大尉は何か気が付きませんか?」
クワトロ「カミーユ
カミーユ「はい?」
クワトロ「人の心の中に踏み込むには、それ相応の資格がいる」
カミーユ「わかってますよ、そんな事。大尉には、資格があります」
クワトロ「そうかな?いくつになっても、そういう事に気付かずに、人を傷付けるものさ」

カミーユのように人の心の中に入って行き過ぎるのもだめですが、クワトロのように入っていくのを躊躇しすぎるのもだめなんでしょうね。とくにレコアさんの心の中には。

クワトロ「第二戦闘配備中だぞ」
レコア「大尉。すみません。すぐ、ブリーフィングルームに行きます」
クワトロ「いや、君に話があって来た」
レコア「クワトロ大尉」
クワトロ「百式のメガバズーカランチャーの強化作業をやっている」
レコア「あぁ」
クワトロ「エネルギータンクと、百式と行動を共にする、モビルスーツが必要なんだが…」
レコア「そのパイロットを私にやれ、と」
クワトロ「危険な任務だが、やって欲しい」
レコア「いいですよ、私は」
クワトロ「なぜ植物を片付けるのだ?」
レコア「植物のモシャモシャした感じが、嫌になったんです。何ででしょうね?自分でも、理由はわからないんですよ?」
クワトロ「そんなものだろ」
レコア「でも、片付けたからってすっきりもしないしね」
クワトロ「何を苦しんでいるのだ?」
レコア「ふ…そうね」
クワトロ「それもわからない…?」
レコア「えぇ。自分の事、そんなに正確にわかる人って、いるのかしら」
クワトロ「いないだろう」
レコア「だから、わかる事は、何もかも捨てて、どこかへ行ってしまいたい、って事だけ」
クワトロ「それはできないな。人は誰も、引きずっているものは死ぬまで捨てられんよ」
レコア「わかってます。大尉って、泣くことあるんですか?」
クワトロ「あるさ」
レコア「嘘です」
クワトロ「本当さ」
クワトロ「出撃は15分後だ。遅れないように」

クワトロはずっとララァのことを引きずっているのでしょうか。
ちなみに、カミーユに殴られた時にクワトロは泣きましたね。

シロッコハンブラビはどうかな、ヤザン大尉?」
ヤザン「気に入らんな」
シロッコ「ほぅ。なぜだ?」
ヤザン「得体の知れない力を感じる。あの感じ、好きではない」
シロッコ「そう思うのは、ヤザン大尉が今まで楽をして来たからだ」
ヤザン「オレが楽を?」
シロッコ「戦いは力だけでは勝てんよ。その必要性を感じたからこそ、大尉はドゴス・ギアに来たのだろう?違うかな?」
ヤザン「ううむ…」
シロッコ「君がドゴス・ギアの空気に戸惑っているのは、ドゴス・ギアが私がいるおかげで、別の力を抱いているからだ。その大尉の感じ方は、素敵だ」
ヤザン「う、うぅ…」
シロッコ「君の可能性を感じさせるのだよ」
ヤザン「ふっふっふっふっふっふ、パプティマス・シロッコ、お前は面白いな。ふん?」
ドゴス・ギア・オペレーター「敵です。右弦40度より接近」
シロッコ「機数は?」
ドゴス・ギア・オペレーター「6機、いや7機かもしれません」
ヤザン「6、7機?」
シロッコ「待て、ヤザン。感じるか、サラ?」
サラ「知っているような気がします」
シロッコアーガマのものか?」
サラ「よくわかりませんが」
シロッコ「キャプテン、モビルスーツ順次発進、指揮は任せる」
ドゴス・ギア艦長「はっ」
ヤザン「オレも!」
シロッコ「待て。ヤザン大尉は、ここぞという時に出れば良い。私は大尉を、他のパイロットと同じには扱わん」
ヤザン「はっ、気持ちいいもんだ、シロッコ。デッキで待つ!」
シロッコ「あぁ」
サラ「パプティマス様とヤザン…。初めて会ったというのに、あのように馬が合うものなのか?」

シロッコは女性だけでなく、男性の、しかもヤザンのように野獣のような男まで手懐けられる器です。すごいカリスマ性ですね。
ヤザンがのせられやすい性格をしているということもあるのでしょうが。

シロッコ「どうだ、ヤザン?」
ヤザン「あぁ、行く」
シロッコ「感じ方も変えることだ。できるな?」
ヤザン「やってみる」
サラ「パプティマス様、私も」
シロッコ「ふっふっ、サラはいい。ヤザンと共同戦線を張る気持ちには、なるまい?」
サラ「はい…今はまだ」
シロッコ「それでは互いの気がそがれる。今回は、待機していろ」

シロッコは部下の性格や能力を十分把握しているので、それを活かせる管理職に向いているかもしれない。

クワトロ「レコア少尉、ご苦労だった。アーガマに戻ってくれ」
レコア「はい」
クワトロ「気を付けてな」
レコア「あそこに、シロッコがいると言っていた…。シロッコの…気配が…」
クワトロ「レコア少尉、どこへ行く!戻れ!」

レコアがシロッコに惹かれてドゴス・ギアの方へ向かって行き、ヤザンハンブラビにやられそうになっていたカミーユZガンダムを助けました。

シロッコ「ん?この感覚は?今までと、異質なプレッシャーを感じる。誰だ?」
サラ「パプティマス様は、強い。この空域に、あんなに様々な思念が渦巻いているというのに…。私も慣れなくては」

この時、シロッコが感じた異質なプレッシャーとはハマーンのことでしょうか。

カミーユ「あれは?何なんだ、あれは?」
クワトロ「あのモビルスーツは?」
 
シロッコ「ん?モビルスーツ隊を撤退させる。ドゴス・ギア、全速後退」
ドゴス・ギア艦長「はっ」
シロッコ「ふっはっはっはっはっはっはっはっは、時の運はまだ動いてはいないということか」
サラ「パプティマス様。なぜそんな風に簡単におっしゃるのです?」
シロッコ「偶然とは言え、あのようなものが出て来るのには、訳がある」
サラ「あ、はい」
シロッコ「それは、時代の流れを示すものかもしれんのだ。そんなものに逆らっては、勝てないよ」
サラ「それでは、パプティマス様らしくありません!」
シロッコ「最終的には勝つさ。艦長、速やかにモビルスーツ隊を後退させろ。状況を観察する」

Zガンダムカミーユヤザンと戦っていてかなりピンチでした。
そして結果的に、アクシズから来たハマーンの部隊に助けられました。
アクシズ側がティターンズを攻撃したということは、クワトロがエゥーゴ側にいることを知っていたのでしょうね。