※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第23話 『ムーン・アタック』シロッコがドゴス・ギアでフォン・ブラウン市に入る話

ウォン「クワトロ大尉にはブレックス准将の護衛の任務が発生する」
クワトロ「しかし、今日の出撃の許可は、昨日の内にいただいております」
ウォン「状況が変わった。地球連邦政府の総会の前に、こちらが下手に動くわけにはいかん」
クワトロ「ティターンズの艦隊がフォン・ブラウン市へ向かって動いているのは確かな事です」
ウォン「まだ攻撃を受けたわけではない」
クワトロ「攻撃されてからでは遅過ぎます。戦争などは、所詮はその前後の戦術の優劣によって決します。我々の判断の正しさに自信を持ちましょう」
ウォン「了解した」

初代ガンダムでもシャアは「戦いとは、常に二手三手先を読んで行うものだ」と言っていました。

カミーユトーレスに渡すもの、あるんです。あっ!」
エマ「あたしが届けます」

地球のホンコンから持ってきたフォロテープをトーレスに渡そうと思ったら、エマさんに持って行かれました。この後、それを受け取ったトーレスもびっくりしていました。

シロッコ「アポロ作戦とは何だ、サラ・ザビアロフ?」
サラ「はい。フォン・ブラウン市は、地球と月の裏側を制圧できる拠点として、軍事基地化するポイントと考えられております。そのためにそこを制圧し…」
シロッコ「よくできた、曹長。君はいい素質を持っているようだ」

アナハイム・エレクトロニクス社のフォン・ブラウン工場もあったので、それも狙いにあったのでしょうか。

シロッコフォン・ブラウン市の制空圏へ入った。ドゴス・ギアモビルスーツ隊、発進させぃ!」
ジェリド「シロッコめ、エゥーゴはジャマイカンに任せて、自分だけいい子ちゃんになろうってのかい?サラ曹長、ホリー曹長、一気にフォン・ブラウン市へ降下するぞ」
サラ「はい、中尉」
カミーユ「何?モビルスーツ隊が…」
クワトロ「艦隊行動を取らずにフォン・ブラウン市へ入ろうというのか?」

ジェリド隊とクワトロ達が戦っている間に、シロッコが漁夫の利を得ました。
エゥーゴ側がフォン・ブラウン市を攻撃できないということをわかっていたんでしょうね。

シロッコ「これはジャマイカン少佐…。うっ!」
ジャマイカン「いい気になるな、シロッコ!作戦は成功した。それは認めよう。しかしエゥーゴがおとなしく引かなかったらどうする気だったのだ?何か申し開きがあるか?」
シロッコ「いえ、少佐のおっしゃる通りです。私も少し乱暴過ぎたようです。今後、この市の管理は少佐にお願いします。私には少し荷が重過ぎるようだ」
ジャマイカン「あぁ、わかればいい」
シロッコ「決められた役割を演ずるというのは、難しいものだな」

シロッコは場の収め方をよくわかっていますね。特にジャマイカンのような無能な上官に対しての。