※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第17話 『ホンコン・シティ』街の中でサイコ・ガンダムが暴れまわる話

ベルトーチカ「随分ご熱心ね」
カミーユ「何か用ですか?」
ベルトーチカ「用事がなければ話し掛けちゃ駄目?」
カミーユ「忙しいんですよ」
ベルトーチカ「もう慣れた?ガンダムmkⅡ」
カミーユ「ええ」
ベルトーチカ「どれだけ実践を経験したかが物を言うのよね、モビルスーツ戦は」
カミーユ「何が言いたいんです?」
ベルトーチカ「率直に言うわ。アムロさんにmkⅡを譲らない?」
カミーユ「えぇっ?」
ベルトーチカ「あの人の方が有効にmkⅡを扱えるわ」
カミーユアムロさんがそう言えって?」
ベルトーチカ「まさか!でもガンダムに乗らないアムロ・レイなんて、おかしいと思わない?」
カミーユ「どいてください!」
ベルトーチカアムロさんは一年戦争の英雄なのよ?!英雄には、英雄に相応しいマシンがあるはずよ?」
カミーユ「僕には相応しくありませんか、mkⅡは?」
ベルトーチカ「あなたのことを問題にしてるんじゃないの。あなた、アムロが嫌い?」
カミーユ「まだ好きにはなれませんね」
ベルトーチカ「これはアムロの為になることなのよ。もっと自信を付けてもらう為には。カミーユカミーユ「それはあなたの同情ですね!そんな哀れみは、いつかアムロさんを殺すんじゃないんですか?」

この時からカミーユベルトーチカは犬猿の仲ですね。
結局、「Z」の劇中で、アムロガンダムに一度も乗ることはありませんでした。

ウッダー「ぐっぉぉぁぁ!スードリーの格納庫にも入り切らんとはな!ふふふふっ」

サイコ・ガンダムが来た時のセリフ。
地上で大型のモビルスーツ、しかもガンダムが出てきましたね。

ナミカー「ナミカー・コーネルです。ムラサメ研の主任インストラクターです」
フォウ「同じく、フォウ・ムラサメ少尉」
ウッダー「女か」
フォウ「大尉、お願いがあります」
ウッダー「何か?」
フォウ「モビルスーツの出撃後は、私の自由にやらせてもらいたいのです」
ウッダー「どういうことだ?」
フォウ「人の指図では動けないのです、私」
ウッダー「自信も結構だが、ここは軍隊だぞ!」
フォウ「許可が頂けないのなら・・・日本に帰ります」
ナミカー「フォウ!?」
ウッダー「ふん、ふふふふっ。良いだろう。好きにやってみろ」
フォウ「ありがとうございます」

ロザミアの時といい、フォウといい強化人間は自由人が多いです。

アムロ「ミライさん!」
ミライ「アムロアムロなの?」
アムロ「ええ!アムロ・レイです!」
ミライ「アムロ・・・」
アムロ「ミライさん、どうしてここに?」
ミライ「あなたこそ、シャイアンの仕事はどうしたの?あっ、アタシの子供よ。ハサウェイとチェーミン」
アムロ「やあ!」
ベルトーチカアムロ?」
アムロ「ああ、ミライさん、紹介します。ベルトーチカ・イルマです・・・エゥーゴの」
ミライ「はっ!・・・ああ・・・」
アムロ「じゃあ、ホンコンでのお住まいは?」
ミライ「コーラルオリエンタル号って船なのよ」
アムロ「あぁ、港に停泊している、あの大きな? ミライ「ええ。そこがホテル代わり」
ベルトーチカ「失礼ですが、ここには何の目的で?」
ミライ「コロニー行きの切符の順番待ちなの。・・・勿論闇のチケットだけど」
アムロ「でも、宇宙に行ってもブライトさんに会えるって保証は・・・?」
ミライ「それでも構わない!アタシはこの子たちを宇宙で育てたいのよ。それがブライトの希望でもあるわ」
アムロ「うん」
ミライ「アムロはどうするの?このまま地球にいるの?」
アムロ「僕は・・・」
チェーミン「はいっ!(ミライがチェーミンの鼻をかむ音)」
アムロ「母親なんだね、ミライさん」
ミライ「もう7年よ。良くも悪くも人間は変わるわ。あなたはどうかしら?」

アムロとミライの久しぶりの再会。
ブライトとミライの子供たちの登場です。
目が小さいところがどちらにも似てる。

アムロカミーユっ!そんな戦い方で!あのマシンは倒せない!」
アムロ「うっ!何てマシンなんだ!あんな巨大なものが歩けるのか?」

サイコガンダムがホンコン・シティでガンダムマークツーと戦っている時のセリフ。 拡散ビーム砲撃ったり、ビルを壊したり、街がめちゃくちゃです。

アムロ「ネモも来たのに、何をやっているんだ?」
ステファニー「いつまでもこんな所をウロウロしているの?」
アムロ「街の外に出て戦ってる暇は無いんだよ!カミーユの戦い方は間違っている!」
ステファニー「あなたもただの軍人ね!こんなところで戦術論?」
アムロ「あっ、ステファニー!戦いを見れば、言いたくもなる!」
ステファニー「けれどあなたは変よ。戦いに吸い寄せられて行く。それでは全体的な物の見方はできないわ!」
アムロパイロット上がりだ!何故いけない?」

ステファニーの「全体的な物の見方はできない」というセリフ、経営者のらしいです。
彼女の方がいい上官になれそう。

カミーユ「戦うのならどこでやっても戦える。何だってこんな所でっ!」
フォウ「これは戦争だ!はっはっはっは!何がモビルスーツか!何がmkⅡだ!所詮人形じゃないか」

圧倒的な戦力のサイコ・ガンダムガンダムマークツーがとても小さく見えます。

アムロ「君は感じたのか?あの感覚を」
カミーユ「はい!」
アムロ「ならば、ニューギニアティターンズ基地には宇宙に行けるシャトルかロケットが必ずある。それを奪って宇宙へ戻るんだ!」
カミーユアムロさん、どうしたんです?」
アムロ「あんな戦い、見てられないからな!ふっ、冗談さ。君が敵と感じ合うあのセンスを持っているのならば、君こそエゥーゴの為の良いパイロットになれるだろう。何よりも宇宙にいれば地球のことがより良く見えるようになる」
カミーユ「はい」
アムロ「僕の二の舞だけは踏むんじゃない。重力というやつは、本当に人間の心を地の底に引き込む力があるようだ」
カミーユ「そうでしょうか?」
アムロ「・・・そうさ」
カミーユ「でも、魂を生んでくれたのも、地球ではないんですか?」
アムロ「あぁ・・・そうも考えられるな」

新旧主人公のニュータイプ同士の会話。
他の人にはわからない内容です。

シャトルを自分たちで調達するのではなく、敵(ティターンズ)から奪うという考えがすごいですね。
ルオ商会で、たくさんの人が切符のキャンセル待ちをしていたことからも、宇宙へ上がる機会が少なかったことがわかります。
地球へ降下して、大気圏突入する方が簡単なのかも?!