※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第7話 『サイド1の脱出』カミーユは只者じゃない話

カミーユ「僕を正式なパイロットに?」
ブレックス「君の働きを見れば当然だろう」
カミーユ「勝手に出撃したんで、独房入りかと思ってました」
ヘンケン「嘘を言え。はっはっはっはっは!」
ブレックス「現在のアーガマは、モンブランGMパイロットもいるので、すぐ君が必要ではない。私は君の素質がどこまで伸びるのか見てみたいのだ」
カミーユ「実験台ですか、ニュータイプの?」
ブレックス「そんなものは他の研究所に任せりゃいい。私は君の、この船での立場を心配しているのだ。これでもアーガマは軍隊だからな」
カミーユ「軍人ですか、この歳で?」
ブレックス「前大戦のホワイトベースのクルーには、君と同年齢の者が大勢いた。それに地球圏は中老年齢者が極度に少なくもなっている」
カミーユ「知ってます。少し考えさせてください」

きっと、GMパイロットよりはカミーユの方がモビルスーツの操縦はうまいと思う。

地球圏に中老年齢者が極度に少なくなっているのは何でだろう?
木星圏に行く人はなかなかいないし、月に行く人が多いということだろうか。

クワトロ「ブレックス准将と同じように、私も君には興味があるな」
カミーユ「興味だけで、一人の少年を戦争に駆り立てるのですか?」
クワトロ「手厳しいな。軍の人事広報を見ても、アムロ・レイの跡は追跡できないんだ」
カミーユ「前のガンダムパイロットだった、ニュータイプがですか?」
クワトロ「そうだ。今の地球連邦軍というのはそういうところだ。地球に住む人々は、魂を重力に引かれて飛ぶことができない」
カミーユ「だからって、僕がパイロットになって何になるんです?」
クワトロ「地球の人々の魂を…」
カミーユ「関係ないでしょ、僕には!」
クワトロ「そうかい」
カミーユアーガマは、僕を中尉待遇で扱ってくれますか?」
クワトロ「はっはっはっは、あり得るな」
カミーユ「大尉はなぜ軍人なんです?」
クワトロ「なぜ軍人?」
カミーユ「聞きたいものです」
クワトロ「他に食べる方法を知らんからさ。だから今だに嫁さんももらえん」

カミーユが中尉待遇の話をしたけど、民間人がエゥーゴに入る時の階級の基準ってなんだろう?例えばエマ中尉はティターンズでも中尉だったから同じ待遇で迎えるというのはあると思うけど。

クワトロは軍人でしか食べていけないと言うけれど、職業がなんであれ全て卒なくこなせそう。

ジェリド「え?ライラ、今度会ったらゆっくり酒でも飲まないか?」
ライラ「考えてもいい」
ジェリド「ありがとう」
ライラ「いい男になってくれればもたれかかって酒が飲める。それはいいものさ」
ライラ「いい男になれる素質はあるんだよ、アンタには」

「今度会ったら・・・」ここでライラの死亡フラグが既に立ってたんですね。

クワトロ「死を考えてる暇もなかったのか。中尉は、ここで反地球連邦のデモを起こしたエゥーゴが悪かったと言うかもしれん」
エマ「え?」
クワトロ「しかし、地球の人々は、地球を復興させることしか考えずに、宇宙に住むスペースノイドのことを一切考えてくれなければ、デモの一つも起こる。人間は、地球の回復力を助ける手助け以外はしてはいけない、そして人はすべてコロニーで生活すべきだというアピールをしただけなのだ」
エマ「それなのに、バスクはこんなことをやった…」
クワトロ「なぜだと思う?」
エマ「わかりません」
(・・・省略・・・)
エマ「でも、納得できません。なぜ、ここまでしたんです?」
クワトロ「地球連邦の人々は、宇宙という新しい環境を手に入れて、そこに適応していこうとする人間を恐れたのだ」
エマ「ニュータイプになるから?」
クワトロ「そうだ」
クワトロ「ニュータイプをエスパーのように考えているから、いつかそのニュータイプに主権を侵害されるのを恐れているのさ」
エマ「それだけのために人を殺せるのですか?」
クワトロ「殺せるさ。ちょっとした借金のために人を殺すより、よっぽど理性的な行為と言える」
ライラ「嘘だ!」
クワトロ「お前は」
エマ「ライラ大尉!」
ライラ「嘘を言うな。それだけのために、バスクはこれほどの人を殺したりはしない」
クワトロ「見てもわからんのか」
ライラ「かつてジオンを好きにしたザビ家の理屈に騙されているんだ」
クワトロ「地球連邦が第二のザビ家になろうとしているのが、わからないのか」
ライラ「なんだと?」
クワトロ「地球を私のものにしようと…」

ティターンズによる毒ガス攻撃があった30バンチコロニーにクワトロたちが入った時の会話。
コロニーの中は、その時の遺体などがたくさんありました。
こういう状況を目の当たりにしないとティターンズの悪行を認識できないという点では、人はまだまだオールドタイプなのかもしれない。

ライラ「私がジャマイカンに言った通りだ。ジェリド、油断するな。ヤツは只者じゃない。そうか、私が今あの子のことを只者じゃないと言った。このわかり方が無意識のうちに反感になる。これが、オールドタイプということなのか!?」

ジェリドに宇宙への対応方法を教えていたライラも実はニュータイプではなかったのですね。 1対1のモビルスーツ同士の戦いで、歴戦のパイロットであるライラに勝ったカミーユは確かに只者じゃないです。