読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士Zガンダム 第3話 『カプセルの中』ティターンズは地球の引力に魂を引かれた人々の私兵という話

人物相関図 機動戦士Zガンダム

ライラ「聞こえるか、貴艦の所属を明らかにしろ。当方の命令にこれ以上従わない場合は撃沈をする」
ヘンケン「我が方はエゥーゴだ。命令は聞けない」
ライラ「了解をした。撃沈をする」
クワトロ「好きなことを」
ライラ「こいつ」
クワトロ「やる。そこだ。何だと。えぇい」

アーガマを撃沈しようとしたライラにビームライフルで攻撃を仕掛けたクワトロ。
クワトロの不意打ちと言ってもいい攻撃をかわすということはライラはかなりの使い手です。

ライラ「迂闊だったか。赤いモビルスーツ赤い彗星、まさか、あの赤い彗星が、気を付けろ」

赤いモビルスーツを見ただけで、すぐに赤い彗星と結びつくとは、よほど一年戦争で活躍したということですね。

エマ「バスク・オム大佐からの親書のお返事は、即答でお願いいたします」
ブレックス「厳しいな。なんと破廉恥な。中尉はこの手紙の内容を知っているのかね」
エマ「いいえ」
ヘンケン「だからそんな涼しい顔をしていられる」
エマ「カミーユ・ビダンとともにガンダムMk-Ⅱを返さない場合は、」
クワトロ「カミーユの両親を殺すということだ」
ブレックスティターンズのやり方だよ」
エマ「そ、そんな」
ブレックス「まるでヤクザだ。一軍の指揮官が思いつくことではない」
エマ「ま、まさか、バスク大佐がそのようなことを」
ヘンケン「これはバスクの直筆だ。中尉も読んだ通りなのだよ」
エマ「そうですが、これは軍隊のやることではありません」
ブレックス「そうだ、ティターンズは軍隊ではない。私兵だよ。私の軍隊なのだ」
エマ「しかし、地球連邦軍であることには変わりがありません。あたしは、いえ、自分はバスクの私兵になった覚えはないのです」
ブレックスバスクのではないよ、中尉。もっと大きなもの、地球の引力に魂を引かれた人々の私兵なのだよ」
ヘンケン「ジオンだって思いつかんような手口だ」
クワトロ「しかし、単なる脅しかもしれません」
ブレックスバスクならやるよ、ヤツの事はこの私が一番良く知っている」

「地球の引力に魂を引かれた人々」Zガンダム以降使われるフレーズです。
初代ガンダムではジオンというザビ家の私兵でしたが、「Z」では地球に寄生する「己のことだけを考える人間」の私兵の象徴としてティターンズが出てきています。

ジェリド「カプセルを敵が奪う気配を見せたら、カプセルを撃破しろ。戦艦を沈めるほどの爆弾なのか。了解だ、ジャマイカンさん」
エマ「はっ、カプセルの中に」
ヘンケン「人間がいるのか」
ブレックス「わかったろう、エマ中尉。しかしあの中には一人だ。もう一人の人質が」
エマ「嘘です。あれはホロスコープです。ただの映像です」
ブレックスバスクはそんなことをしない男だ」

アーガマからはカプセルの中のヒルダが見えていたが、ジェリドからは見えなかったのだろうか。

カミーユ「いつもそうだ、いつもそうだ、いつもそうやって。あなたは何やってんです、そんなところで」

ヒルダが中に入っているカプセルがジェリドに撃たれる時のセリフ。
夫のフランクリンからは叩かれて、息子のカミーユにはこんなことを言われて、ヒルダが一番の犠牲者かもしれない。

ジェリド「爆弾もろとも消えて無くなれよ、3号機」
「何だ、何でもなかったのか、どういうんだ、Mk-Ⅱの装甲、何でもないのか、ん、何だ、一体何だというのだ、この不愉快さは 」

ジェリドも何か感じ取ったということは、彼もニュータイプなのでしょうか。