読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダム 第37話 『テキサスの攻防』マ・クベが罠を仕掛けるもガンダムにやられる話

人物相関図 機動戦士ガンダム

フラウ「アムロが来ました」
サンマロ「血圧測っといてくれ」
フラウ「はい」
サンマロ「オスカ、マーカー、アムロ、みんなよく持つな。あー」
 
アムロフラウ・ボゥもいろんな事やらされて大変だね」
フラウ「アムロに比べたら楽なものよ」
アムロ「いつからだっけ?」
フラウ「何が?」
アムロ「僕ら、話しなくなって」
フラウ「そうね、無我夢中だったからね」
アムロ「うん」
フラウ「コンピュータの内診は異常なしよ」
アムロって恐いくらいたくましくなったのね」
アムロ「え?」
フラウ「あたしなんかには届かなくなっちゃったのね」
「でもいいのよ。弱虫のアムロなんて見たくもないし、みんなこうして大人になっていくんでしょ?」
アムロ「ご、ごめん。フラウ・ボゥ、なにも僕」
フラウ「いいんだってば。でも、サイド6で何かあったの?アムロ、変わったみたい」
アムロ「そ、そうかい?べ、別に。いつか話せるようになったら話すよ。いろんなことがあったんだ」
フラウ「そう」

アムロとフラウの久しぶりの会話。
アムロの成長具合がわかります。

ララァ「なにかしら?来るわ」
シャア「来る?何がだ?」
ララァ「なにかしら、なにかしら、これ?何かが来るわ」
シャア「フラナガン、なんだ?」
フラナガン「テストターゲットではありません。今までこんな脳波の共振を示したことはありません」
ララァ「あたしと同じ人がいるのかしら?」
シャア「ララァ、今なんと言った?」
ララァ「フフフ、大佐があたしの心を触った感じなんです」
シャア「私が?ララァ、冗談はやめにしてくれないか」
ララァ「はい」
(なんだったんだろう?今の、あの痺れるような感覚は?)

テキサスコロニーでの会話。
アムロが近くにいたことをララァが感知したのかもしれません。

アムロ「もう剣を引け」
「汚い手しか使えないお前はもうパワー負けしている」

アムロの乗るガンダムと、マ・クベが乗るギャンが戦っている時のセリフ。
マ・クベガンダムを倒す目的で、テキサスコロニーにかなりの罠を張っていたけど、ガンダムを倒せませんでした。

マ・クベ「おお、ウラガン、あの壺をキシリア様に届けてくれよ、あれはいい物だ」

自分がやられる時に壺のことを考えているなんて、マ・クベくらいでしょう。

アムロ「誰だ?誰かが僕を見ている」
「これは?シャアじゃない」
ララァ「こ、これは?ア、ム、ロ?」
アムロ「ラ、ラ?」

とうとうアムロララァが共感しました。