※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダム 第35話 『ソロモン攻略戦』ソーラ・システムでソロモンが焼かれる話

ワッケイン「ご苦労だったな、ブライト君」
ブライト「ご無沙汰であります、ワッケイン司令」
ワッケイン「司令はやめてもらおう、お偉方が集まれば私などあっという間に下っ端だ。んん?」
ブライト「は?」
ワッケイン「貴様もいっぱしの指揮官面になってきたかな?結構なことだ」
「見たまえ」
ブライト「は」
ワッケイン「これが現在我々の通っているコースだ、主力は大きく迂回して進んでいる」
ブライト「これは。やはり作戦目標はソロモンですか?」
ワッケイン「そうだ。ホワイトベースは我々と共にソロモン攻略の先鋒となる」
ブライト「そうですか、大変な任務ですね。我々にできますか?」
ワッケイン「君自身、そんなことを考えられるようになったのもだいぶ余裕が出てきた証拠だな。大丈夫だ」
ブライト「しかし、ホワイトベースパイロットは完全にオーバーワークです。ことにアムロは」
ワッケイン「ああ、あのガンダムの坊やか。素晴らしい才能の持ち主だ。彼は我々とは違う」
ブライト「違う?どう?」
ワッケイン「そう思えるんだ」

ワッケインは第4話以来の久しぶりの登場です。
彼はアムロが特別だということに気付いていたみたいです。

ブライト「フラウ・ボゥ、カツ、レツ、キッカは?」
フラウ「重力コアのEブロックにいます」
ブライト「ハロもか?」
フラウ「はい」

ブライトがハロの心配もしているところが優しい。

アムロ「これが、戦場か」

アムロホワイトベースから出撃した時のセリフ。
初めての戦いとういわけでもないのに、この言葉が出てきたということは、
戦場一帯を認識、把握できていたのかもしれません。

ティアンム 「ソーラ・システム、目標、ソロモン右翼スペースゲート」  
アムロ「ソ、ソロモンが焼かれている。あれが」  
ブライト「連邦軍の新兵器の威力なのか」

ソーラ・システムが使われた時のセリフ。
地球で核は使用禁止されていますが、レーザーはありなんでしょうか。

ハヤト「うわーっ。うっ、こ、このっ。ま、まずいな、弾装ロックが切れたか。ひ、引き返すしかないのか」
マーカー 「ガンタンク着艦しました。損傷度B、パイロット負傷しています。戦力はガンタンクが後退したことにより11パーセント低下しました」

ハヤトのガンタンクが抜けたことで、戦力が11パーセントも低下ですと?ハヤトはそんなに戦力になっていたのか。

ドズル「ラコック、すまん、コーヒーを頼む」
ラコック「は」

ドズルは戦闘中、ラコックに何度かコーヒーを入れてもらってますね。