読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダム 第32話 『強行突破作戦』ガンダムがムサイを落とす話

人物相関図 機動戦士ガンダム

マーカー「援軍ですかね?また一機接触するモビルスーツあります」
ブライト「シャワー室に行った連中はどうした?」
マーカー「各デッキでメカの整備中です」
ブライト「フラウ・ボゥ、一機か二機発進させろ」
フラウ「誰にします?」
ブライト「体の調子の一番いい者でいい」
フラウ「ハヤトですか?」

ブライトが珍しくアバウトな出撃命令。
フラウ・ボゥがすぐハヤトを指名しましたが、柔道をして体が丈夫だったからでしょうか。

シャア「デミトリーが出たのか、あれほど止めておいたのに」
「なぜやらせたか?私の許可もなく」
マリガン「お言葉ではありますが、シャア大佐はトクワン少尉の仇討ちを止められました。それに、デミトリーは以前からモビルアーマーザクレロのテストパイロットをやっておりましたので」
シャア「聞いてはおらん、そんなモビルアーマーは」
マリガン「実用テスト前に放棄された奴です。しかしデミトリーは、ザクレロの拡散ビーム砲は」
シャア「ここは我々の庭だと言った。ドレンのパトロール隊との接触も可能だという時に。わかった。お前達がトクワンを慕う気持ちはわかるが、気がすんだらデミトリーにはすぐ戻らせろ」
マリガン「は、ありがとうございます」
シャア「ただし、今後同じ事をしたら軍法会議ものだぞ、中尉」

シャアに無許可でザクレロに乗るデミトリーを出撃させた時の会話。
シャアの問いに対して、全く咬み合わないことをいうマリガン。
即、軍法会議にかけてもいいのに、シャアは甘いですね。

ハヤト「うわっ、ミ、ミサイルもあるのか」
デミトリー「こんなモビルアーマーのできそこないなんぞ、あと一撃で」

ザクレロに乗るデミトリーとガンタンクに乗るハヤトが戦っている時のセリフ。
ガンタンクに対してモビルアーマーのできそこないって、ザクレロに乗っていて言えることか!

デミトリー「別のモビルスーツか、それにしちゃ速すぎる、このスピードいったいなんだ?」

ガンダンクの支援にガンダムが来た時のセリフ。「ガンダムMAモード」で登場していました。
宇宙では足はいらないかもしれませんね。

ジオン兵A「ゼロ方向から接近する物あります」
ドレン「なんだ?」
ジオン兵A「モ、モビルスーツらしき物、高熱源体接近」
ドレン「ミサイルか?」
ジオン兵A「本艦にではありません」
ドレン「スワメルか」
「スワメル、よけるんだ」
「うっ、ガンダムだ。あの白い奴だ。うっ」

ガンダムがドレン達の頭上から攻撃した時の会話。
ムサイ2隻とリックドムを落とす勢いのガンダム
そろそろ手がつけられなくなってきました。

ブライト「このままザンジバルと戦ったとしても、勝つ見込みはほとんどないぞ」
スレッガー「そうだな。外から見てもホワイトベースのやられ方はひどいもんだ」

この時のガンダムだったらザンジバルを落とせそうな気がする。