読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダム 第27話 『女スパイ潜入!』ホワイトベースからカイが出て行ってすぐ戻ってくる話

人物相関図 機動戦士ガンダム

アムロ「カイさん」
「カイさん、どこ行くんです?」
カイ「しゃあねえな。軍人なんてお堅いのは性に合わねえんだから」
アムロ「カイさん、僕はあなたの全部が好きという訳じゃありません。でも、今日まで一緒にやってきた仲間じゃないですか」
カイ「そういう言い方好きだぜ、アムロ。ま、元気でやれや」
アムロ「カ、カイさん」
ブライト「好きなようにさせてやれ」
アムロ「でも」
カイ「ブライトさんよう、無理のし過ぎじゃ戦いは勝てないぜ。だから俺は降りるんだ」
ブライト「無理はジオンの連中だってしているんだがな」
カイ「俺は限界を越えたのよね。ヘヘッ」
 
アムロ「カイさん」
「これを持ってってください、売ればいくらかになります」
カイ「それはお前の工作用具だろ?」
アムロ「どこにいるにもお金はいるでしょ?」
カイ「ありがとうよ。俺だってお前の全部が好きって訳じゃねえけどよ、恩に着るぜ」
アムロ「そう思ってくれればうれしいです」
カイ「お世話になったね、ありがとう」
キッカ「行っちゃうの?」
カイ「おう、死ぬんじゃねえぞ」

カイがホワイトベースから出て行く時、アムロ、ブライト、セイラ、フラウもいましたが、全員止めなかったですね。
アムロが脱走した時はけっこう引き止めたのに。

シャア「マッドアングラーに援護の用意を急がせい」

この時のシャアの口調がキシリア殿に似ている

オスカー「どうだ?」
アムロ「多少電圧にばらつきはありますけど、いけます」
オスカー「よし」

待機しているガンダムコクピット前での会話、なんでここにオスカーがいるんだろう?

セイラ「ドックの囲いは大丈夫ですか?」
オムル「ぶち破ってください。こいつの装甲なら楽にやれます」
セイラ「気安く言うのね。」

ホワイトベースが格納されているドックからGファイターが発進する時のセイラのセリフ。
本当にドックの囲いをぶち破って出撃してしまいました。
どれだけ頑丈な装甲をしているのか。

カイ「とにかく連中ときたら手が遅くて見てられねえんだよ」

結局、カイはホワイトベースから出て行った当日にすぐ戻ってきました。