※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダム 第23話 『マチルダ救出作戦』ガンダムのパワーアップパーツが届く話

ハヤト「カイさん、また誰かさんに軟弱者って言われますよ」

誰かさんとはセイラさんのことですね。ハヤトはこのことを第2話の現場で聞いていたのか、それとも後からカイから聞いたのか。

レビル「たとえ戦艦一隻の攻撃といえども、後ろから掛かられればマ・クベとて慌てはしよう」
エルラン「しかし、既にマ・クベ隊の攻撃を受けて大破していると」
レビル「いや、そう思われていてこの作戦もうまく行くのではないのかな?エルラン中将」
「なあ、マチルダ君。あとは君の隊がホワイトベースのエンジンを直せるかどうかにかかっている訳だ」
マチルダ「はい、レビル将軍。たとえどれほどの傷であろうと」
レビル「うむ。それともうひとつホワイトベースに届けて欲しい物がある。連中はまたモルモットにされるのかと怒るだろうがな」
ガンダムのパワーアップのメカのテストを連中にやらせる」
マチルダ「ガンダムの?」
レビル「これがその目録だ」
マチルダ「はい」
エルラン「レビル大将、部隊編成の決まっていない部隊になぜそんなにまで肩入れをなさるんです?」
レビル「正規軍をテスト台に使えるかね?それにこれは参謀本部の決定でもある」

ホワイトベースは本当にモルモットだったのでしょうか。レビル将軍にかなり期待されていたようにも見えますね。

オスカ「ミデア輸送隊からのSOSをキャッチしました」
ミライ「ミデアから?距離は?」
オスカ「北西180キロ」
ミライ(どうするか?補給が受けられないとホワイトベースは動けない。ミデアが来てくれなければ)
「セイラ、ミデア輸送隊を助けましょう」
セイラ「了解」「アムロ、カイ、ハヤト、発進してください。マチルダ隊の救出に向かいます」
(省略) 
ミライ「ね、セイラ、待って、発進は取りやめてちょうだい」
セイラ「なぜです?」
ミライ「ほら、コアファイターもなくなったら動けないホワイトベースは裸同然よ。その隙に敵に襲われたら」
セイラ「アムロコアファイターへ。ジョブ・ジョン、ハヤトはガンペリーへ。ガンダムパーツを搭載してください。ガンキャノンはカイ」
「腹が立つのなら罰してくださっても結構よ」
ミライ「セイラ、あたしはブライトから引継ぎを。いいでしょう」

ミライがブライトから任されたが早速セイラの意見に流されるままに。

アムロ「ドップはいい。グフはどこに?グフは?あっ」
「しまった」
「ここでやられるかっ」
「落ちろ、落ちろ落ちろ」
「グフ、一つ。次は?」

コアファイターでグフを撃墜させるアムロってすごい。

ハヤト「アムロ、こんな所でガンダムに換装するのか?」
アムロ「やるしかないな。コアファイターでグフは叩けない」

さっき叩きましたけど、弾切れってことかな?

マチルダ 「Gファイターのエンジンのパワーを上げておけ。ガンダムに使わせる」
連邦兵A「し、しかし、いきなり使いこなせますか?」
マチルダ「アムロなら大丈夫です」

マチルダさんはかなりアムロのことをかっているようです。