※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダム 第12話 『ジオンの脅威』ザクとは違うのだよザクとは!新型のグフでランバ・ラルが登場する話

ハロ「アムロ、ゲンキ、ナイナ、アムロ」「アムロ、ノウハ、レベル、オチテル、レベル」

ハロは鋭いですね。近くにいる人間の体調までわかってしまうなんて、すばらしいロボットです。

リュウ「実は、アムロが新米の兵隊のよくかかる病気になっているんだ」

アムロは前回のイセリナのことでずっと落ち込んでいましたね。白目を向いているのが印象的でした。

ジオン兵「た、大尉、連邦軍の新兵器です」
ラル 「うろたえるな。これが地球の雷というものだ」

この掛け合いが好きですね。コロニーにある人工の天気で育った人の感覚ってこうなんだろうなーっと知りました。

ラル「ザクとは違うのだよザクとは!」

初めて新型のモビルスーツが出てきたって感じでワクワクするセリフですね。