読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 他のサイト・ブログ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

→何ゴト?  →気になる動画  →父ロボの日記  →マンガのススメ  →数の研究所 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【人物相関図】機動戦士ガンダム 第4話 『ルナツー脱出作戦』マゼラン艦がルナツーの入り口で引っかかってしまった話

機動戦士ガンダム

マチュウ」と「フィックス」というザクに乗ったキャラが登場していたんですね。登場した回ですぐに撃墜されました。

マチュウは・・・

全シーンを通して、マチュウは顔が一回だけしか出てこなかったと思います。そして、シャアザクと戦っているガンダムに片手間で、後ろ手に持ったビームサーベルで刺されてマチュウは戦死しました。
二刀流ができるなんて、アムロは既に達人レベルになっていたんじゃないでしょうか。

フィックスは・・・

ホワイトベースの撃った粒子砲が港の入り口を塞いでいたマゼラン級を破壊。その爆風でフィックスはやられてしまい戦死しました。
戦艦の爆風ってすごい威力なんですね。ザクが跡形もなく消し飛んでしまうなんて・・・。

シャアの爆破作戦で、マゼラン艦がルナツーの港付近にひっかかってしまいました。シャアのドックでの作戦はガンダムシリーズ中に何度か出てきますね。

この第4話で戦死したパオロ艦長がワッケインを説得して、ブライト達が無事なわけですが、もっと早くにパオロ艦長が亡くなっていたらそれはそれで歴史が変わっていたかもしれません。